予防報告登録フォーム(防疫报备登记表)への登録方法


深センのマンションでは、封鎖式管理が始まっています。

それぞれのビルの前に、簡易形式の受付が設置されていて、係員が24時間体制で、居住者、訪問者をチェックしています。

まず、ビルの中に入るときに、体温チェックをされます。

さらに今後は、以下の「予防報告登録フォーム(防疫报备登记表)」というアプリで、管理していくみたいです。

以下、アプリの登録の仕方について、簡単に紹介してみたいと思います。

(写真:オフィスで働く中国人。以下の画像は、微信のモーメンツで、他の方から頂いたものです。)

予防報告登録フォーム(防疫报备登记表) 登録方法について

QRコードをスキャン

まず、以下のQRコードを読み取ってください。

「入城登記」か「居家登記」を選択

すると、こういった、選択肢がでますので、「入城登記」(これから深センに入る予定の方)、「居家登記」(すでに深センに住んでいる方)のうちから、どちらかを選択します。

「入城登記」これから深センに入る予定の方

特に、問題のある項目はないかと思います。日本人は身分証がないので、パスポート(护照)を選択します。

「居家登記」すでに深センに住んでいる方

緊急連絡先など、わからない場合は、空欄にしても、登録はできるようです。

登録が完了すると、QRコードが出てきますが、個人情報が含まれますので、専門の職員から提示を求められたときだけ、見せるだけにして、ふだんは、第三者に見せないようにしてください。

もうひとつのアプリについて(補足)

以上は公安局のアプリでしたが、実はもうひとつアプリがあって、

どちらかというと、もう一方のアプリを、登録させられたり、提示させられたり、することが多いようです。

以下のような、真ん中に「深」という文字が入ったコードです。(以下)

最初の登録(注柵)が少々面倒ですが、上記の公安局のアプリ同様にやればいいでしょう。

一旦、登録がすめば、提示を求められたとき、コードをスキャンして、自分のアカウントの「私的」というところをクリックすれば、自分のコードを読み出すことができます。

 

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA