月別アーカイブ: 2008年1月

量販式卡拉OK(カラオケ)潜入記

onenight-beijing
北京一夜

先日、中国人の同僚と可拉OK (カラオケ)に行ってきた。
カラオケといっても駐在員御用達の親父カラオケではなく、いわゆる普通のカラオケ。(中国では、普通のカラオケのことを量販式可拉OKといって区別する)
カラオケは、もともとそんなに頻繁に行くほうではないが、特に嫌いというわけでもない。考えてみると、中国人同僚とご飯を一緒に食べることまではよくあるのであるが、カラオケ屋に行ったことがなかったので、せっかくの機会なのでお邪魔させてもらうことにした。

続きを読む

広州Ⅰ ~中国の高速鉄道「和谐号」で広州へ

gz0
オリンピックモード全開~武術種目(写真)

広州は北京、上海、広州の中国三大都市とも言われるわりに北京、上海に比べるとはっきり言って地味な存在である。
それでも北京オリンピック、上海万博に対抗して、アジア大会(2010年)という目標を設定し、それに向けて着実に街は発展している。今回は、そんな発展する広州に行ってきた。

深センと広州の移動についての記載は、内容がだいぶ古くなっています。最新の情報(2017年)については、以下のサイトをご参照ください。
深圳から広州への移動について(羅湖-広州東) | 広東省深圳@老板日記

続きを読む

「四足のものは机以外何でも」という広東省食文化

getemono0  
ミニ動物園?

四足のものは机以外何でも、空飛ぶものは飛行機以外何でも

中国、なかんずく広東人の食文化を表す諺であるが、深センももちろん例外ではない。夜の街を歩いていると、いやがうえにも、そういったものを提供する店に遭遇する。


続きを読む