月別アーカイブ: 2011年12月

ラーメンライスに戸惑いを隠しきれない中国人

chinese-ramenrice

 おかずが無い!?

 さて、あっという間に、大晦日になってしまいました。何か、年々、時間が経つのが早くなっている気がするんですが、やはりそれだけ年を食った証拠なんでしょうかね。
 日本では、明日が元旦になるわけですが、中国では、そんなもの全くお構いなしで、師走の雰囲気のかけらもありません。しかも、国家規定で31日も出勤です。

1月1日は、単に一年の始めの日という意味であって、それ以上でもそれ以下でもない。」というのが、彼らの偽らざる感情のようです。講師も何の挨拶もなしに帰る人、多いですしね。「おいおい、君たち、何かを忘れてないかい?」と言ってみたところで「え、何を?」という感じなんでしょうね。

続きを読む