月別アーカイブ: 2015年10月

バイリンガルは幻想にすぎないのか?

national-day2015 (11)
お揃いのアイスを食べる中国人民

さて、このところ、広東省の気候は少し変な感じである。
国慶節に、ミニ台風が通過して、ちょうど日本の梅雨のように、小雨がパラつくようなぐずついた天気が続いた後、昨日はいきなり気温が10度くらい下がった。クーラーがいらないのはいいのだが、これでは長袖を出す間もない。

まあ、それはいいとして、自分の中国語教室では、現地の駐在員などに中国語を教えることを主としているが、たまに「子供に日本語を教えて欲しい」という逆の依頼も舞い込んでくることもある。

続きを読む

もう一つの中国 中国人就学生について 

national-day2015 (3)

国慶節も終了

先日、うちの中国人講師の一人が、留学の為、日本へと旅立っていった。

うちに来る講師ほ、大抵日本語は問題なく話せるが、それでも、日本に留学する人間というのは、少数派であり、ほとんどは、年頃になったら中国で所帯をもつ人が多い。特に女性の場合は、留学してから中国に戻ってくると、場合によっては、婚期を逃すリスクもあるから、なおさらである。

こういった留学生というのは、まずは日本語学校で一定期間、日本語の習得をした後、日本語のレベルに応じて、行ける大学に編入されるのであるが、中国人が、旅行以外の目的で日本へ行くのは、実はかなり厳しく、財産証明等、とにかく提出しなければならない証書が多く、大変だったようである。

まあ、どこまで続くかわからないが、本人には、がんばっていただきたいものである。

続きを読む

割り勘しない中国人 

national-day2015 (4) 
1香港ドル=0.826人民元(羅湖イミグレにて)

さて、中国は、国慶節の一週間休みに入っている。

今日は、久しぶりに香港にでも出てみようと思って、イミグレまで行ってみたが、とんでもない人の数に圧倒されて、すごすごと自宅に戻ってきた。あれでは、イミグレを越えるだけで、1時間以上は確実にかかってしまうし、香港に入るだけで、体力を消耗してしまっては元も子もない。
今年は、中国人観光客が、海外に流れるので、香港へ行く中国人は少ないという風に聞いていたが、それは爆買いをするような中国人のことであって、一般の中国人にとっては、あまり関係ないようである。

実は、国慶節期間中に、中国国内を移動するのは、あまりお薦めではない、というか、出来れば、やめたほうがいい。どこへ行っても、人だらけで、もみくちゃにされてしまう危険性があるからである。人ごみが嫌いな人間にとっては、まさに悪夢のような一週間である。

おかげで、こちらは、イミグレまで行って帰ってきただけで、汗だくになって、おまけに風邪までひいてしまった。というわけで、国慶節は、何もしないでブログでも書くのが関の山となりそうである。

続きを読む