月別アーカイブ: 2018年1月

深センの地下鉄に、女性優先車両が登場したが・・・


近頃、地下鉄に乗っていると、ピンク色で「女性優先車両」という標識を見かけるようになった。

八両編成のうち、先頭車両と最後尾の車両が女性優先車両となっているようだ。

「おお、中国の地下鉄も、ついに、そんな配慮をするような時代になってきたか・・」と、うかつにも、一瞬、思ってしまいそうになったが、見ていると、どうも様子が変だ。

続きを読む

中国でベトナム料理(越南料理)を食べる

中国でも、近年、手頃な価格でエスニック料理が食べられるようになってきた。インド料理、ベトナム料理、タイ料理あたりは、かなり本場に近いものが食べられる。

中でも、ベトナム料理(越南料理)は、中華料理と対照的に、味があっさりしており、日本人にとって馴染みやすいかもしれない。

以下で紹介する店は、以前、羅湖にあったときに、たまに利用していたが、その後、土地の再開発で店が消えてしまい、どうなったのだろうかと、ネットで検索したところ、福田のほうで、復活していると聞き、久しぶりに訪れてみることにした。

続きを読む

深セン側のイミグレで外国人の指紋採取が始まった模様


先日、香港からの帰り、深セン側のイミグレから入境するとき、外国人が、スキャンする装置に、手を載せているのを見かけた。

「ああ、なるほど、これが例の指紋採取か・・・」

他の人から聞いていたが、イミグレの外国人レーンの後ろ側に、専用の装置があって、指紋をまだ採っていない外国人は、係員の指導のもと、両手ともスキャンされているようだ。

この外国人に対する指紋採取、今年2018年1月より、中国入国側のイミグレで、すべての外国人を対象に始まったとのことだ。(すでにe道で指紋を取っている外国人は除く)

しかし、自分らみたいな居住者はともかく、旅行とか出張で中国に来て、いきなり、手のひらスキャンされるって、どんな気持ちなんだろうか。

話を聞くだけで、なんとも、暗澹たる気持ちになってしまう。

続きを読む

中国のダンキンドーナツは、その後どうなったのか?


中国でも、最近は、洋食から和食、エスニック、と、大抵のものは食べられるようになってきた。
ただ、それでも、日本にいるときと、全く同じというわけにはいかない。ドーナツ(甜甜圈、多拿滋)なんかもそのひとつだろう。

別にドーナツがないと困るというわけではないが、それでも、なんとなく、たまに食いたいなと思う時がある。学校や仕事の帰り道、ミスタードーナツで、買ったばかりの本を片手に、フレンチクルーラーをほうばりつつ、コーヒーを飲む至福のひととき。しかし、中国にはこういった楽しみがないが無い(というか、ドーナツ以前に、日本語の本屋も無いが)

ちなみに、以前、深センに、ダンキンドーナッツ(唐恩都乐)がオープンしたことがあった。確か、2009-10年頃、東門に店舗を発見し「おっ、こんなところに、ダンキンあるやん!」と思って立ち寄ったのだ。

ちょうど開店セールの真っ最中で、女子店員から「日本の群馬県のホテルで働いていたことがありまして・・・」などと日本語で声をかけられるサプライズもあったりした。

その後、ダンキンドーナツは、何回かは店に行ったものの、家が離れてしまったこともあり、疎遠になってしまった。最近、ふと「そういえば、ダンキン、どうなっているのかな?」と思い、調べてみた。

続きを読む

中国の社員食堂風めし屋「家楽縁」

最近、中国も物価が上がって、かつてのように、なんでもかんでも安くはなくなった。

とはいえ、何事もピンキリなのが中国で、10元で飯が食える場所も、探せばいくらでもある。

例えば、自選式快餐

並べてある惣菜の中から、自分で選んで、皿に盛り付けてもらい、最後にお金を払うという、日本でいえば、学生食堂や社員食堂みたいな感じの食堂である。とにかく、早くて安いのが特徴で、通常は、だいたい10数元で収まるし、場合によっては5元、理論上?は、2-3元(35-50円)も可能と思われる。(あまり見たことはないが)

道理で、中国では、餓えて死ぬ人がいないはずである。それを確かめられる?だけでも、入ってみる価値はありそうだ。

ちなみに、この社員食堂風めし屋は、別段、珍しい存在ではなく、中国の街角のどこにでもある。とはいえ、大抵の場合「安かろう、まずかろう」で、衛生上、疑問符がつくところも多い。

お薦めなのが「家楽縁(じゃーらーゆぇん)」という、台湾資本のチェーン店。味はソコソコであるが、とにかく、ガッツリ食って、腹がいっぱいになれば、それでいいという人は、いいかもしれない。

もう随分と行ってないが、以下、以前に立ち寄ったときの写真を元に、ざっくりと語ってみる。

続きを読む

「木桶飯」 中国のローカルめし屋 

中華レストランとかではなく、もっとカジュアルな、そのへんにあるローカルのめし屋に、ふらっと入って食べてみるのも、中国生活ならではの醍醐味といっていいだろう。

例えば「木桶飯(むーとんふぁん)」なんか、いかにも中国な感じでいいかもしれない。木桶飯とは、文字通り、木の桶に、ご飯とおかずが盛られているもので、見た目にもインパクトがあるし、中国のローカル飯の代表選手といってもいいだろう。

ただ、中国のローカル飯は、油が多すぎたり、味付けがコすぎたり、辛すぎたりと、なかなか、日本人に合うものがないが、以下のような店など、いいかもしれない。

続きを読む

旧正月中のLCCでの移動について(関空-香港)

週明けから、ここ広東省も冷え込みが厳しくなって、10度を切るようになった。温度的には大したことがないのであるが、広東省は、暖房が貧弱なので、10度を切ると、体感温度的には、日本本土で2-3度くらいに感じてしまう。

それはそうと、旧正月中の火車(ふぉーちぇー/要するに電車)のチケットの前売りが始まっているようだ。中国の火車のチケットは、一ヶ月前から予約が開始されるが、今年の旧正月は2月16日からなので、すでに、チケット争奪戦が始まっているというわけだ。

旧正月前の火車のチケットは、いわゆる「秒殺(みゃおしゃー)」で、発売開始と同時に、文字通り秒速で無くなると言われる。

中国も最近は、高鉄(新幹線)とか鉄道網がかなり発達してきたので、昔に比べると、まだ、マシにはなったが、それでも、旧正月は中華民族大移動の時期なので、チケットが取れないこともままある。また、地域によっては、高鉄が通じていないので、火車で7-8時間、立ちっぱなし(無座)とかで、帰省する人もいるようである。ウィーチャットなどでは、早くも「チケットの座席が取れなかった。」という嘆き節が聞こえてくる。

一方、空の方も、旧正月に移動が集中するので、当然、飛行機のチケットも半端なく上がる。

続きを読む

「老碗会」biangbiang面 ~進化する中国の麺屋


最近、深センの街並みも、随分ときれいになってきた。

小汚い裏道が、いつの間にか、レンガを敷き詰めた洒落た小径になっていたり、薄汚い食堂が、小奇麗な中華ファーストフードに変わっていたりする。

安い、美味い、汚いと三拍子揃っていた?中国の麺屋も例外ではなく、ここへ来て、随分とおしゃれになってきた。以下の店なんかも、そんな感じの店といえるかもしれない。

続きを読む

元旦快楽!

元旦快楽!

さて、年が明けて、元旦であるが、ここ中国は、ほとんど、お正月の雰囲気はないようだ。まあ、旧正月という本番があるのでしょうがないと言えば、しょうないが、これでは、テンションは上がりようがない。

というか、元旦そうそう、ちょっとしたトラブルに見舞われ、逆にテンションが下がってしまった。夕方に、ちょっと会社に立ち寄って、洗面所の蛇口をひねった途端、元栓付近から水が噴射したのだ。

続きを読む