カテゴリー別アーカイブ: 日常雑記

category-essay
中国で生活をしていると、日本では考えられないような出来事に遭遇することは、日常茶飯事です。ここでは、中国生活で、起こったちょっとした出来事を記しています。

日常雑記 目次(時系列順)
chinese-dog-53中国の犬2016年10月10日
中国人はブランドが好きだが、犬も例外ではない。街を歩いていると、チワワ、トイプードルといった小型犬から、シベリアンハスキーなど、大きな犬まで、結構な種類のブランド犬を目にすることができる。
suicide (2)飛び降り騒ぎ 深圳羅湖にて2015年7月16日
夕方6時ごろ、外に出てみると、至るところ人だかりができており、一斉に同じ方向を向いている。彼らが見ているのは、道の向かい側30階建て位のビルの屋上付近。どうも、そこに人がいるみたいだなのだ。
pig25豚ちゃん 再び (撮れたて)2015年3月8日
白昼の路上で、またしても例のブタと遭遇。ブタはどこへ行くあてもなく、路上を行ったり来たり。その傍らで、見物人が「売り物か?」「いくらだ?」とブタの飼い主と思しき親父と交渉中。例のブタ、第二弾。
little-plane18中国小型機の航空ショーと中国のドローン2015年1月22日
夜8時頃、街中で、男たちが、小型の飛行機を飛ばしている。飛行機は大空高く舞い上がったかと思うと、寸分も違わず、主人のもとに帰ってくる。その様は、まるで鷹匠のようだ。中国の夜空に舞い上がる小型飛行機とドローンについて。
wedding30中国人の結婚式に参加してきました2014年12月22日
先日、中国人の結婚式(婚礼)に行って来た。今回、招待してくれたのは、うちの元講師で広東人の女性。どうして自分のようなものに招待状が?(頭数あわせかな)と思わないわけではなかったが、折角なので参加してみることに。
school11中国の小学校 朝の登校風景2014年12月18日
たまたま、早起きしたときに、近所の小学校の登校ラッシュに出くわしたので、ちょっと紹介してみる。ちなみにこの日の朝は、8度くらい。南国、深センでは、めずらしく非常に寒い朝となった。
muffler101枚30元 車上バーゲン実施中!2014年12月11日
昨晩、路上販売ならぬ、車上に商品を並べただけという店?に遭遇。マフラー一枚30元の激安価格に、人民が争うようにして群がり、さながら即売会の様相を呈している。あらまし売れると、車は、そそくさと、その場を立ち去った。まさに何でもありだ。
pig3豚ちゃん ナイトウォーク2014年12月11日
先日、夜八時ごろ、人民南路を歩いていると、前方に見覚えのあるシルエットが。「あれは、もしや・・・」そう、例の豚である。しばらくぶりの対面。あの時から、大きさは全く変化していない様子。やはり、子ブタではなく、ミニブタだったのだ。
kame亀おとこ 農業銀行前2014年12月8日
最近、国貿周辺を、天秤棒に亀をぶら下げた男をよくみかけるようになった。道行く人は、忙しいのか、ほとんど気にかける様子もない。それでも、男は、寒空の中、めげずに座っている。
canjiren-karaoke1障碍者カラオケの夜2014年12月2日
中国で、障碍者(残疾人)がカラオケをして、小銭を稼ぐ姿を見かけるのは、特にめずらしいことではない。昨晩は、結構、大がかりな路上チャリティーコンサートっぽい催しに遭遇した。
ladingwu1踊る中国人 2014年11月30日
中国へ来て、驚くことはいろいろあるが、中でも、中国人のダンスにかける情熱には、圧倒されている。社交ダンス(交际舞)からラテン(拉丁舞)エアロビクスにヒップホップと・・・・彼らのダンスにかける情熱は、とどまるところを知らない。
guoqingjieアイフォーン6 やっぱり売られていた2014年10月1日
国慶節、お隣り香港ではデモで大変であるが、こちら深センは、いつもと変わらない、のんびりムード。華強北の電子街に行ってみると、案の定、本来、中国では売られていないはずのアイフォーン6が、店頭に並んでいたりする。
onenight-beijing卡拉OK(カラオケ)潜入記2008年1月27日
中国人たちは、カラオケで日本人といえば、すぐに「北国の春」だと思い込んでいる節があって、しばらく歌わないでいると、勝手にそういうものを入力してしまうので、要注意である。そういうのを薦められたときには、頑として断る勇気?!をもつことも必要であろう。
street-sales27中国のフリーマーケット観察日記2007年4月19日
華強北といえば、電子街として有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げている。まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧あれ。
fashion-shenzhen (1)中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え2007年4月8日
たまに、ローカルの服装売り場に入ると、中国のマネキンに対して、違和感を感じてしょうがないときがある。リアルに作ろうとして、かえって不気味になるという、所謂「不気味の谷」に落ち込んでしまっている感じがするのだ。
bookstore7座り読み天国 中国の本屋さん2007年3月31日
深センの書城(書店)は、休日ともなれば、とにかく活字に飢えた人間で、あふれかえる。特に目を引くのが、立ち読みならぬ座り読みをする人々。中国の書店の様子を写真におさめてみた。


日常雑記 投稿本文(時系列順)

中国のフリーマーケット観察日記

street-sales27
路上の実演販売

先週末、深センの華強北に行ってきた。

華強北といえば、一般的には電子街としてつとに有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げているのである。
まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧ください。

続きを読む

中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え

fashion-shenzhen (1)

深センのローカル度が高いエリアに行くと、地元の人間しか利用しそうもない、ファッションビル(服装市場)があって、我々外国人にとっては、ほとんど利用価値は無いが、見物している分は、なかなか面白い。

今回、訪れたのは、深セン福田にある、とあるファッションビル(服装市場)。ちょっとした街なら、どこにでもありそうな、ローカル市場である。全館、若い女性が喜びそうな、衣類、靴、ファンシー小物、化粧品などが所狭しと並べられている。

でも、何か変なのだ。

続きを読む

座り読み天国 中国の本屋さん

bookstore7
書店の階段で座り読み

日本にいるときは、本屋めぐりは好きだったが、中国に来て以来、すっかり、本屋へ行かなくなってしまった。まあ、日本語の本が、ないから、行っても面白くもなんともないのであるが、たまには、中国人の様子を観察してみるのも面白い。

続きを読む