カテゴリー別アーカイブ: 中国生活情報

category-information (3)

慣れない中国での生活、日本とは異なるシステムに戸惑うことも多々あることと思います。ここでは、中国で生活するに当たっての、ちょっとしたコツのようなものを記してみました。

目次(時系列)

スーパー、コンビニ
近年、小綺麗なショッピングモールも増えて、中国での生活も随分と便利になりました。ここでは、スーパー(超市)やコンビニ(便利店)といった場所で、買い物をする時の、ちょっとしたコツなどについて触れています。
深センのイオン(永旺) 2017年7月14日
深センにも「イオン(永旺)」が進出している。スーパーを中心に、日用雑貨、衣料から、10元ショップ、外食チェーンにいたるまで、もはや一つの街といっていいほど。また中国人店員がお辞儀したり、妙に礼儀正しかったりするのが、いかにも日系という感じ。イオン、その他スーパーについて。
supermarket-curry中国スーパー(超級市場)ミニ知識 
中国のスーパーマーケット(超市、チャオシ)水族館さながらの魚介類売り場をはじめ、山のように盛られた巨大なキュウリやナス、丸ごとそのままの形で吊るされたブタや鶏を見ると、日本との文化の違いを感じざるをえません。中国スーパー(超市)での買い物の仕方について。
familymart (25)「おにぎり、暖めますか?」に日本的心意気を感じる中国のファミリーマート(全家)2015年9月26日
最近、深センにも、ようやく、ファミリーマート(全家)をポツポツ見かけるようになってきた。照明の明るさ、清潔感、内装、間取り、一見すると日本のコンビニと変わらないようには見えるが・・・。中国ファミリーマート(全家)入店体験記。


部屋探し、住環境
何かと生活習慣が違う中国では、部屋を借りて生活するだけでも、大変です。ここでは中国で部屋を借りて、住むときの注意点などをまとめてみました。
mansion (25)中国でのお部屋探しミニガイド2015年8月5日
中国で暮らすことになった時、何はともあれ、自分の住む場所を確保しなければなりません。不動産屋仲介業者の探し方、下見から入居に至るまでの手順、中国特有の習慣など、自分の体験を交えつつ、中国での部屋探しについて語ってみます。
shoes頭が痛い中国生活上のトラブルにいかに対処するか?2015年8月8日
ネットがつながらない。ものが壊れる・・・中国生活にトラブルはつきものである。こういったトラブルを、いかにやり過ごすかが、中国生活をスムーズに暮らすポイントといっていいかもしれません。


銀行口座を作る
中国の銀行、香港のHSBCの口座開設方法などについて。
日本人旅行者は、中国で銀行口座が作れない!?  : 2017年6月19日
先日、日本人の知り合いが、旅行に来たときに、中国で銀行口座を作れないか?というので、一緒に、銀行まで出かけたが、結構、大変だった。どの銀行も、判を押したように「できない。」というそっけない答え。しかも、態度はかたく、ほとんど即答という感じ。
bank-account中国で人民元口座をつくる 
中国で生活する時に、必要になるのが、銀行口座でしょう。また日本在住の方で、中国の銀行に人民元で預金口座を持ちたいと考える方もいるかもしれません。ここでは、中国での銀行口座開設と利用方法について、少し説明してみます。
hsbcHSBC香港で口座をつくってみる 2008年10月10日
私事になりますが、2008年暮れ、リーマンショックさめやらぬ中、香港へ出かけてHSBCへ行って口座を開きました。口座を作りに行ったのは、有名なセントラルの本店ではなく、中国から最も近い上水(シャンスイ)駅前の支店です。


病気と健康
中国での病気や健康診断の受診方法について。
mentholatum3中国かぜ・香港脚ほか ~中国の病気と薬について2015年6月27日
中国では、かぜを引いただけでも、非常に不安に感じるもの。病院へいったってろくに言葉も通じないし、歯の治療など日本の保険がきかないものもある。ここでは、中国での病気や薬について語ってみます。
medical-examination (16)出鱈目感にさらに磨きが? 超光速の中国健康診断を受診2015年9月19日
年々、加速する中国の健康診断。検査は超光速の10分で終了。全部あわせても30分もかかっていない。(その割に検査代は高い、480元)手間を抜けるところは、どんどん抜いていくという中国の悪しき習慣は、こういうところで遺憾なく発揮されているようである。
jiancha-biao4超テキトーな中国の健康診断を受診する  ~深圳口岸医院2008年5月3日
今年も就労ビザ取得のための健康診断(体検)を受けに行って来た。ローカルスタッフが付いてきてくれないので、ひとりで指定された病院に行く。昨年行った病院では、全部で所要時間30分という、ジェットコースター並みの速さで検査を終えて帰った覚えがあるが、果たして今年はどうなるか?


インターネット関連
ラインが使えない、ユーチューブが見れないなどネット環境が日本と大きく異なる中国。中国のインターネット事情と、中国で役に立ちそうなアプリの紹介など。
中国のネットトラブルにどう対処するか? 2017年2月20日
とかく、トラブルがつきものの中国生活。中でも、パソコン、ネットのトラブルがおこると、絶望的な気分になり、本当に、泣きたくなることがある。パソコン自体、素人で、わけがわからなんのに、それを中国語でやれとか、ほとんど不可能に思えてくるのだ。
line-mac (2)中国でのVPNへの接続について  2017年1月13日
フェイスブック、ツイッター、ユーチューブなど、中国では閲覧できないサイトが多い。そんなとき、重宝するのがVPNである。今や在中外国人はもちろん、中国人も利用しているというVPNの設定方法について少し説明してみる。
bilibili-trump中国 動画サイト「ビリビリ(bilibili)」2017年1月7日
最近、ビリビリ(bilibili)という動画サイトの名前を、よく耳にするようになった。しかし、その外観に加え、動画中に弾幕が流れたり、オタク、サブカルチャーに特化した内容など、どうみてもニコニコにしか見えない。そんな中国動画サイト「ビリビリ」について。
waimai-baidu3中国スマホ出前サイト 超簡単!活用ガイド2016年9月3日
最近、スマホで出前をとることをが増えた。昼飯時、外で中国人と一緒に行列に並ぶのは、正直、苦痛でしかないし、蒸し暑い広東省で、日中、うろうろすると汗だくになってしまう。そういう悩みを、一挙に解決してくれたのが、スマホ出前である。
E-city2ストリートビューでバーチャル中国旅行してみる2015年5月12日
以前「話を聞かない男、地図が読めない女」という本があったが、中国人の場合、道がわからない時、他人に聞く人が多かった。しかし最近、若い中国人を中心に、スマホの画面を見て、目的地を探す人が増えてきているようだ。以下、グーグルマップの中国版のような地図サイトを紹介してみる。
air-pollution-beijing1中国の空気汚染をリアルタイムで見れるアプリ2015年4月17日
中国の大気汚染状況をリアルタイムで、観測できるアプリケーション。お馴染みPM2.5をはじめとする汚染物質の濃度を数量化したデータを、北京、上海など中国各都市ごとに、ほぼリアルタイムで把握することが出来る。中国在住者はもちろんのこと、そうでない方にとっても、興味深いアプリ。


生活(その他)
中国生活をより快適に送るために、役に立ちそうなサイトの紹介など。  
sauna-47中国でサウナ(桑拿)に入る2016年10月25日
中国で、日本人が楽しめる娯楽というのは、はっきりいって少ないと思う。ただ、少ないながらも、わり良いと思うのがマッサージ、サウナの類だろうか。コストパフォーマンスが非常によく、多分、日本の半分か、3分の1くらいの値段で、楽しむことが出来る。まさに、人件費の安い中国ならではといえよう。
ikea11中国イケアと中国人のマナー2015年5月16日
中国でも、お馴染みのイケア(宜家)。深センにも一軒あり、休日ともなると、付近の中国人で大盛況のようだ。しかし、寝具の展示場で本当に寝てしまったり、年寄りのお見合いパーティの場所になったりと、中国ならではのマナーの問題が絶えない様子。そんな中国のイケアを紹介してみる。
中国で1元自転車を利用してみる 2017年6月15日
最近、街中で、黄色、赤、オレンジといった、カラフルな自転車を、中国人が乗り回しているのを、見かける機会がめっきり増えた。実は、これらはレンタサイクルで、携帯のアプリで一括管理するというシステムになっている。最近、試乗に成功したので、以下、その経験をもとに、手続きを簡単にまとめてみた。
中国で新聞配達を頼んでみる 2017年1月19日
中国に住んでいても、中国のローカル紙を、読んでいるという人はかなり少ないかもしれない。しかし、たまに街の売店で買って読むと、ウェブとは違った面白さがある。もちろん中国語だから、日本人にとってはハードルは高いが、漢字だから何となくはわかるし、見出しを拾い読みしていくだけでも、今、中国で起こっていることが感じられて面白い。


本文(時系列順)

広州日本国総領事館でパスポートを更新する


先日、広州までパスポート(护照/フージャオ)の更新に行ってきた。中国に来てから、パスポートの更新は、これで二回目。

まさか、中国で、二回もパスポートを更新するとは、思いもよらなかったが、10年なんてほんとあっという間だ。

羅湖から、動車(和解号)に揺られて一時間余り。「広州東」駅に到着。久しぶりの広州で色々、回ってみたい場所もあるのだが、とりあえず、地下鉄に乗って、広州の日本国総領事館のある「淘金(タオジン)」駅を目指す。

続きを読む

深センのイオン(永旺)


深センには、日本のスーパー、イオンが進出している。以前は、ジャスコ(吉之島)という名称も使っていたが、最近は、イオン(永旺/ヨンワン)で統一しているようだ。

店内は、明るく広々としており、ひたすら快適。生鮮食料品スーパーを中心として、日用雑貨全般さらには
衣料など幅広く取り揃えている。また、中国人店員がお辞儀したり、妙に礼儀正しかったりするのが、いかにも日系という感じだ。

中国在住の日本人にとって、やはり日系スーパーがあるのは、やはり心強い。以下、深センのイオンについて、紹介してみる。

ちなみに、COCOPARK店は、先日(2017年夏)に閉店したようだ。深センの中心に近いイオンだっただけに、現地の日本人としては、少し残念なところではある。

続きを読む

日本人旅行者は、中国で銀行口座が作れない!?

先日、日本人の知り合いが、中国に旅行に来たときに、中国で銀行口座を作れないか?というので、一緒に、銀行まで出かけたのであるが、これが結構、大変だった。

最初のうちは、断られても、中国のことだから、何軒か回っていれば、そのうち、できるところもでてくるだろうと、タカをくくっていた。以前、日本人の旅行者から、似たような依頼を受けたときも、最終的には、平安銀行というローカル銀行の支店で口座を作れたし、実際、中国は、支店とか、担当者によっては、どうとでもなるところがあるからだ。

続きを読む

中国で1元自転車を利用してみる

前から気になってはいたが、なかなか利用する機会がなかったものの一つに、レンタサイクルがある。街中を歩いていると、黄色、赤、オレンジといった、カラフルな自転車を、中国人が乗り回しているのを、見かける機会が、最近めっきり増えたが、これが全部、レンタサイクルだというのである。

レンタサイクルと聞いて、誰でも思うのが「盗まれないのか?」ということではないだろうか。中国で、自転車に鍵をかけて街中に放置しておいたら、かなりの確率で鍵を切って持っていかれるというのが通説であるし、自転車を盗まれたという話も、たまに聞いたりするからである。
鍵にしても、日本とは比べ物にならないくらい、大きく頑丈で、少々、ペンチを使った程度では、切れないようにできている。にもかかわらず、丸ごと持って行かれないよう、自転車をとめる時は、必ず、木や鉄柵など固定物に、くくりつけてから、どこかへ行く。とにかく、日本とは状況が違いすぎるのである。

そんな状況にもかかわらず、実際、利用している中国人の様子を見ていると、結構、適当に乗り捨てているような感じだし、街中の放置自転車の数は、増えていく一方である。

「これは、ひとつ、自分が試してみないと話が始まらないな。」と思い、試乗してみた。以下、その利用経験をもとに、手続きを簡単にまとめてみる。

続きを読む

中国のネットトラブルにどう対処するか?

クマの足が、大変なことに・・(中国電信にて)

とかく、トラブルがつきものの中国生活。

中でも、パソコン、ネットのトラブルがおこると、絶望的な気分になり、本当に、泣きたくなることがある。パソコン自体、素人で、わけがわからなんのに、それを中国語でやれとか、ほとんど不可能に思えてくるのだ。

まあ、それでも会社のパソコンであれば、同僚の中国人とかが修理屋をよんでくれたりするが、自宅のパソコンとなると、さすがに、いちいち、中国人を頼りにするわけにもいかないので、ある程度は、自分で解決する術を持たなければならない。

しかし、ネットで解決方法を調べようとしても、当然ながら日本語で掲載されているだけなので、全部、自分の頭のなかで中国語環境に翻訳しなければならない。
それでも、まだネットにつながっているのであればいいが、この間なんか、ネットが全くつながらなくなり、中国電信に訴えても、「お前のパソコンに問題があるんじゃないか」と言われ埒が明かず、といっても、そもそもネットにつなげないのだから、調べることもできず、悲嘆の日々を過ごしていたが、中国人にパソコンを借りて、自力で調べて、やっと、ことなきをえたが、その間の、不安なことといったらなかった。

結論としては、どうも、ウィルスが入ったと認識して、ウィンドウズのシステムが勝手に、ネットに接続できなくしてしまったとのこと。全く「余計なお世話!!」であるが、その怒りを誰に向けることもできない。

まあ、このようなレアケースはともかく、中国では、ネット回線に支障が生じるのは、よくあることで、しかも言葉の壁の問題もあり、同じトラブルでも、不安感が倍増することは、間違いないところである。

以下、中国でネットに不具合が起こったときの対処方法について、自分の体験をふまえて、中国固有の現象を中心に、まとめてみた。

続きを読む

中国で新聞配達を頼んでみる

newspaper (2)

中国に住んでいても、中国のローカル紙を、読んでいるという人はかなり少ないかもしれない。

かくいう自分も、最近は、ウェブサイトで少し中文サイトを参照する程度で、紙の新聞は、ごくたまに、街の売店で買うくらいであるが、ウェブとは違った面白さがある。もちろん中国語だから、日本人にとってはハードルは高いが、漢字だから何となくはわかるし、見出しを拾い読みしていくだけでも、今、中国で起こっていることが感じられて面白い。

中国語の学習がある程度、進んだ方であれば、見出しだけではなく、自分の好きな分野にしぼって記事を読んでみるのも、いいかもしれない。中国語に慣れ親しむ、きっかけにはなるだろう。あと、会社で注文すれば、中国人同僚との話題作りにもなるかもしれない。他の費用に比べれば、新聞なんて安いものである。

以下、現地の新聞の購入方法について、語ってみる。

ちなみに、日本語の紙の新聞(しんぶん)は、中国語では「报纸(バオズ)」、逆に、中国語の「新聞(シンウェン)」は、日本語のニュースという意味になる。ちょっとややこしいが、間違わないようにしたいところ。

続きを読む

中国でのVPNへの接続について

中国ではLINEは使えないはずだが・・(中国マクドナルドのカウンターにて)

なにかと勝手が違う中国生活。中でもとまどうのが、やはりインターネット環境ではないだろうか。

ご存知のように、中国では国家が通信規制をしているので、日本で当たり前のように使えたサービスが使えない。例えば、フェイスブック、ツイッターは、使えないし、YOUTUBE、ニコニコなど動画サイトも見れない。グーグルのサービスは、一応、使えるが、使いものにならないことが多い。などなど

もう、それだけで、凹んでしまう人も多いだろう。しかし、諦めてしまうのはまだ早い。日本と同様のインターネット環境にする方法がある。それが、VPNである。

続きを読む

中国でサウナ(桑拿)に入る

sauna-47

必殺 逆エビ固め 

中国で、日本人が楽しめる娯楽というのは、はっきり行って少ないと思う。ただ、少ないながらも、わり良いと思うのがマッサージ、サウナの類だろうか。コストパフォーマンスが非常によく、多分、日本の半分か、3分の1くらいの値段で、楽しむことが出来る。まさに、人件費の安い中国ならではといえよう。

今回は、中国のサウナについて、少し紹介してみる。

続きを読む

中国スマホ出前サイト 超簡単!活用ガイド

waimai-baidu3 
すっかり街の風景の一部になった感のある出前部隊

ここ最近、赤だの青だの、派手な色のお揃いのユニフォームを着て、自転車にまたがった配送員の姿を街中で見かけることが非常に多くなった。これは、大手が参入している出前サービスの配送員で、スマートフォンで、食事の注文と決済が完了してしまうので、いま爆発的な広がりを見せている。

かくいう自分も、昼飯とか、会社にいる時は、スマホで出前をとることをが、めっきり増えた。中国で昼飯時に、外で中国人と一緒に、行列に並ぶのは、正直、苦痛でしかないし、蒸し暑い広東省で、日中、うろうろすると汗だくになってしまう。そういう悩みを、一挙に解決してくれたのが、スマホ出前なのである。

続きを読む

「おにぎり、暖めますか?」に日本的心意気を感じる中国のファミリーマート(全家)

familymart (25)
ツナサラダおにぎり(吞拿鱼沙拉 三角饭团)

さて、先日、就業証の書き換えに行く道すがら、ファミリーマート(全家)があったので、ちょっと立ち寄ってみた。

以前は、上海に寄った時に、見かけるだけだったが、この数年間、深センにも、ようやく、ファミリーマートをポツポツ見かけるようになってきた。


続きを読む

出鱈目感にさらに磨きが? 超光速の中国健康診断を受診

medical-examination (16)

気がつけば、今年も就労ビザ取得の時期に近づいてきた。

何か、先日、取得したばかりのような気がするのだが、気がつけば一年。時間の経つのが本当に早く感じられて仕方がない今日この頃である。まあ、それはいいが、自分の一人会社だから、誰も何も言ってくれないので、うっかりすると期限をやりすごして不法滞在になってしまうところである。

というわけで、まずは健康診断(体検)を受診しに、深圳口岸医院へ行ってきた。

続きを読む

頭が痛い中国生活上のトラブルにいかに対処するか?

shoes
深セン東門の靴屋、一足19元(400円弱)
こぼれてくる靴を元に戻すだけで、一日が終わってしまいそうだ

さて、前回、中国の住まいのことについて書きましたが、中国生活にトラブルはつきものです。
いや、もう宿命といっていいかもしれません。

先日も、ネット回線がおかしくなり、中国電信の業者を呼びましたが、何度連絡しても、のらりくららりと言ってなかなか来ないので、中国人の講師に「ちょっと何とか言ってくれないか?」と頼んでみると、すぐに来ました。「何といったんだ?」と言うと、「早く来ないと、クレーム(投訴)する。」と言ったとのことです。すると態度が激変したらしいです。

「クレーム(投訴)する。」まさに、魔法のような言葉です。ただ、最初からクレームすると言っても、しょうがないので、言うタイミングとか言い方にも拠るとは思いますが・・・

中国では、一般的に、語学云々かんぬんよりも、いかにずーずーしく、何回もしつこく言えるかということも大切のようです。奥ゆかしくて、遠慮深い日本人には、なかなか難しいです。
中国語にしても、正しい発音や文法ももちろん大切なんですが、「クレームの上手なつけ方」、とか、「広告電話の上手な断り方」とか、そういうほうを先に学んだほうが、こと中国においては、余程、実践的な気がします。

中国では、こういったトラブルを、どのように対処し、やり過ごすかということで、中国生活のスムーズに暮らせるかの大きなポイントにもなるでしょう。

続きを読む

中国でのお部屋探しミニガイド

mansion (25)

不動産物件のボードをもって、道行く人に声をかけている男。(深セン地下鉄国貿駅付近にて)

不動産ついでに、中国での部屋探し(找房子)と住環境について話してみたいと思います。

中国で暮らすことになった時、何はともあれ、自分の住む場所を確保しなければなりません。
もちろん、あらかじめ会社側で用意してくれている場合もあるでしょうが、自分で探さなければならない人もいるでしょう。以下、自分の体験を交えつつ、中国での部屋探しについて、ちょっと書いてみます。

ご自分の部屋探しに際しては、必ず、業者等に情報を確認してください。

続きを読む

中国かぜ・香港脚ほか ~中国の病気と薬について

mentholatum3
メンソレータム(曼秀雷敦)

広東省は長い夏が続いています。

もう慣れてしまいましたが、ちょうど日本と逆で、こちらは一年のうち半分が夏で、冬が二ヶ月くらいといった感じでしょうか。個人的には、寒いより、暑いほうがましなのですが、それでも、さすがに身体にはこたえます。

しかし、幸いというか、自分は中国へ来てから、まだ大きな病気になったことがありません。だからどうなんだという感じですが、これは非常にありがたいことです。

年を取ってくると、健康であるということが、人生の中で順位が高くなってきます。周囲の駐在員の人でも、40代後半から50代くらいになると、一見、何不自由なく過ごしているように見えても、かなり大きな持病を持っておられる人もいます。腰痛で定期的に腰にものすごい針をさすとか、脊髄の損傷で手に麻痺が残っている、あるいは重度の蓄膿でのた打ち回るなんて人もいました。

まあ、こういった重病は別としても、海外では病気はしないに越したことはありません。病院へいったってろくに言葉も通じないし、歯の治療など日本の保険がきかないということもあります。また、単なる風邪でも、結構、心細いものです。

続きを読む

中国イケアと中国人のマナー

ikea11

お馴染みのイケア/宜家(イージャア)ですが、中国の主要都市にあり、深センにも南山区に一軒あります。

最近でこそ、あまり行かなくなりましたが、会社を立ち上げた時に、会社の備品をそろえたりするのに、しょちゅうお世話になりました。

今回は、広東省深センのイケアを紹介してみます。

http://www.ikea.com/cn/zh/ 中国イケア ホームページ

続きを読む