カテゴリー別アーカイブ: 卓球

category-pingpong

中国の国技と呼ばれる卓球。近年、日本も急速にキャッチアップをしているものの、やはり中国の地位は揺るぎません。世界卓球、オリンピックなど卓球の話題について。

日本式ペンホルダーは死んだのか? 2017年6月27日
シェークハンド全盛の今日。絶滅寸前となりつつあるペンホルダー卓球。ペンホルダーは、時代遅れなのか?アテネ五輪金メダル、ユスンミンのプレーを通して、ペンホルダー卓球の可能性を探っていく。
中国オープン 成都  中国男子卓球がボイコット!? 2017年6月24日
中国成都で始まった、卓球の中国オープン。しかし、中国の男子選手が、試合をボイコット(退赛)するという、前代未聞の事件が発生する。背景には、コーチの劉国梁の解任があるというが・・・
世界卓球2017 中国の養狼計画と平野美宇 2017年6月12日
2017年世界卓球。今回、個人的な注目は、やはり平野美宇対中国女子。アジア大会で、平野美宇に三連敗を喫した中国女子が巻き返しを図るか。勢いに乗る平野が、アジア大会の再現をはたすのか?
中国卓球スーパーリーグ 平野美宇、その後 2017年1月16日
平野美宇が、中国卓球のスーパーリーグに参戦。その後の平野美宇の戦績と、中国卓球の総本山、中国スーパーリーグについて、少しだけ調べてみた。

rio2016-japan-menリオ五輪卓球男子団体中国戦 山が動いた?! 2016年8月18日
2016年リオオリンピック、団体では銀メダル、個人では水谷隼が銅メダルと、すばらしい成績を収めた卓球男子について。

rio2016-itomima銅メダルおめでとう! リオ五輪 卓球女子団体 2016年8月17日
2016年リオオリンピック、卓球女子は、団体で銅メダル。最後のエッジボール、海外兵団について少し。

pingpong (4)中国で初卓球 ~中日民間ピンポン外交2015年9月24日
中国在住のブログ主が、中国の卓球場に潜入レポート。というか、単に、地元の卓球場に行って、卓球をしてきただけ。単なるごく私的な日記。

pingpong-miumima2世界卓球2015蘇州 14歳天才卓球少女ほか 2015年5月3日
一風変わったスタイルの卓球をする少女が現れた。彼女の名は伊藤美誠。その卓球は、万里の長城のごとく立ちはだかる最強中国に対する突破口となるのか?他、最近の張怡寧など。

pingpong-ishigaki世界卓球2014東京 中国の壁は厚いが・・・2014年5月8日
終わってみれば、男女とも中国が圧倒的な強さで優勝。日本も男子が銅、女子が銀で結果はすばらしいのだが、いかんせん中国が強すぎて、その壁に阻まれたという意味では「ああまたか」的な感じは否めない。
beijing2008-pingpong (10)北京五輪2008卓球 福原愛 復活のサーッ2008年8月11日
北京オリンピック、終わってみれば、個人、団体ともに、中国がメダルを独占。福原愛対張怡寧、中国で卓球観戦ほか。

hujintao胡錦濤スマッシュ炸裂 ~ピンポン外交の行方2008年5月10日
胡錦濤国家主席が来日。福田首相と卓球を交えて、ピンポン外交を展開。「ちょっとやってみましょう」って「あんた最初から、やる気まんまんやろっ!」。愛ちゃんVS胡錦濤という、超レアな組み合わせも見逃せない。
beijing2008-pingpong (8)福原愛はいったいナニ人なのか? 百度 福原愛吧から2008年3月27日
信じがたいことであるが、中国人の中には、福原愛のことを中国人と思っているものが、少なからず、存在しているようである。中国の福原愛掲示板から、中国人の福原愛に対する、率直な意見を紹介。
ai-interview (16)福原愛16歳 面対面インタビューⅡ 2008年3月16日
福原愛インタビュー続き。父親や彼氏のことなど、中国中央電視台CCTVの執拗な質問に、思わず涙ぐんでしまう場面も・・・

ai-interview (2)福原愛16歳 面対面インタビューⅠ2008年3月15日
その愛くるしい笑顔と流暢な中国語で、日本人のみならず、中国人からも、絶大な人気を博す福原愛、16歳時のインタビュー。幼少の頃から中国に渡り卓球を続け、近年、目覚ましい活躍をする彼女の生い立ちを中心に・・・
pingpong-japan世界卓球2008広州 天才卓球少女 石川佳純デビュー2008年3月3日
日本女子卓球に、福原愛に続く新星が現れた。石川佳純14歳。愛ちゃん二世と言われる彼女の卓球スタイルとはいかなるものなのか。

chire-koyama卓球やめますか?それとも中国人やめますか? 卓球移民という選択肢2008年3月3日
卓球王国中国、その競技人口の多さゆえ、国家代表になるのは、至難の業。あるものは、中国に残って競技生活を続け、あるものは、国籍を変え帰化して海外でプレーする。
zhangyining0冷面殺手 張怡寧選手について2008年3月3日
アテネ、北京ポリンピック金メダリスト、張怡寧。プレー中の彼女は、いかにもクールで、殺伐とした空気さえ漂っている。しかし一旦、私生活に目を向けると、そこには彼女の意外な一面が。


卓球 投稿記事本文(時系列)

卓球やめますか?それとも中国人やめますか? 卓球移民という選択肢

chire-koyama
小山ちれ

さて、日本でも、福原愛石川佳純両選手の人気ぶりに伴って、にわかに卓球が人気復権中であるものの、やはり本家の中国には、まだ及ばないように思う。
というのも中国では卓球人口が多く、人気、実力ともに備わった、いわば国技ともいえる存在だからである。

続きを読む

冷面殺手 張怡寧選手について

zhangyining0
気がついたら、世界卓球も終わってしまっていた。日本は男女とも銅メダルと大健闘であったが、やはり、依然として卓球王国中国の強さは際立っている。

中でも、ぶっちぎりの強さを見せ付けてくれたが、女子のトップ、張怡寧
その戦績は圧倒的だ。(以下は生涯成績)

アテネ・北京五輪と2度の金メダル、世界選手権シングルス(金2、銀2、銅2)、ワールドカップ4回優勝、その他、ダブルス、団体も当然、金メダル多数。という、中国語で言うところの、いわゆる「大满贯」(ダーマングアン、グランドスラム)
さらに、世界ランク1位在位期間82ヶ月は、まさに7年近くのトップの座にいたということになる。これは現在(2017年7月)のトップ選手(馬龍55ヶ月、丁寧41ヶ月)などと比べても、いかにすごいかがわかるだろう。 ITTF世界ランキング – Wikipedia

まさに、中国卓球界のスーパースターと言ってよいかもしれない。

続きを読む