category-shenzhen 広東省深圳市について、紹介しています。香港の隣にありながら、ガイドブックには、あまり紹介されることがない街ですが、そのディープな魅力は計り知れません。 目次 [catlist id=339]

深圳

深センから香港への行き方としては、地下鉄(MTR)かあるいは越境バスという方法が一般的であるが、今年九月に、香港まで「高鉄」(がおてぃえ)が、延長されたことによって、また一つ選択肢が増えた。

深圳

最近は地下鉄の路線が増えたせいか、バスに乗る機会もめっきり減ったような気がする。

自分に限らず、日本人で、バスを利用する人は、少ないかもしれないが、それでも、市内各地を縦横無尽に網羅 ...

深圳

中国深センから、香港へ行くとき、地下鉄(MTR)以外に、越境バスという選択肢もある。

越境バス(跨境巴士)は、深セン皇崗と深セン湾のイミグレと、香港各地(旺角、湾仔、香港空港など)を ...

深圳

最近、あまり遠くにでかけないので、よく知らなかったが、スマホで地下鉄に乗り降りできるようになっているらしい。

駅に行くと、緑色の改札が増えてきているが、それがスマホ対応の改札のようで ...

深圳

近頃、地下鉄に乗っていると、ピンク色で「女性優先車両」という標識を見かけるようになった。

八両編成のうち、先頭車両と最後尾の車両が女性優先車両となっているようだ。

深圳

最近、深センに関する記事を目にする機会が増えた気がするのだが、気のせいだろうか。

それらの記事によれば、深センは、今や、中国のシリコンバレーとなっているらしい。

深圳

中国の大都市は、どこもそうであるが、高層ビルがやたら多い。

中国は土地が広大なのだから、街を横に広げればよさそうなものだが、そうはならず、縦に、縦に、伸ばしていく。中国人の面子が関係 ...

深圳

最近、年を取ったせいか、中国の速度についていくのが、大変になっている。スマート化(智能化)もそうだが、エコ化もかなり進行中である。

例えば、最近バスに乗ることが少なくなった

深圳

ゴッホ一枚500円、モネ一枚700円。名画を手軽にゲットできる場所が、深圳にある。

「大芬油画村」(大芬は「だーふぇん」)

油絵のレプリカを大量に生産することで有名で、深 ...

深圳

深センにも「深圳宝安国際空港」という、国際空港がある。

最近は、ほとんど利用する機会がないが、2013年暮れに、新ターミナルがオープンして、かなりイメチェンしてしまったようだ。

深圳

先日、パスポートの更新で、広州まで受け取りに行くのに「高鉄」に乗って、福田駅から、広州南駅を移動してみた。

高鉄(がおてぃえ)というのは、いわゆる中国新幹線のことで、ここ深

深圳

先日、広州の日本領事館に行った時に、久しぶりに、鉄道に乗ったので、深圳-広州間の移動について、語っておこうと思う。(写真は広州東駅前、だいぶ前に撮影)

深圳-広州間は、距離にすれば8 ...