中国語」カテゴリーアーカイブ

「折」「秒殺」「买一送一」 ~中国語の割引表現イロイロ 


中国人というのは、損か得かで生きている民族といっても過言ではないかと思う。

彼らはとにかく、細かい金額にこだわるし、安売りが大好きである。

日本にも、◯%OFFとか、◯割引、など割引表現はあるが、中国にももちろん、そういうのがある。

以下、中国のスーパー(超市)や、アパレルショップに行ったときに、よくみかける割引の表現について、ちょっと説明をしてみよう。

続きを読む

「簡体字」は本当に簡単か?

中国は、漢字の本場であり、故郷である。

しかし、中国大陸で使われている漢字は、「簡体字(じぇんてぃず)」と呼ばれるもので、日本の漢字とは微妙に違う。

例えば「電話」は「电话」、「雑誌」は「杂志」と、日本漢字とは、近からず遠からずな関係になっている。

そもそも簡体字というのは、中国語には、日本語のひらがな、カタカナに相当する表音文字がないので、まともに漢字を書いていると、大変ということで、生み出された人工の産物のようだ。ただ、今となっては、紙に文字を書くより、パソコンや携帯電話のキーを入力する方が多いので、別にどっちでもいい気がしなくもない。

簡体字は、画数が少なく書くには便利なので、自分も、つい簡体字を使ってしまうこともある。ただ、簡単か?と言われると微妙で、「東京」を「东京」とか、「車」を「车」とか、かえって、わかりにくくしているような気がしなくもない。

以下、主に簡単すぎてわかりにくい簡体字について、クイズ形式にしてまとめてみた。全部わかったら、まずまずの簡体字マスター?といえるだろう。中国語を全く知らない人でも、類推力のある人であれば、半分くらいはわかるはずである。

続きを読む

ある中国語講師との出会い Mさんのこと

中国語をマスターする上で、大きな要素といえば何だろうか?と考えた場合、モチベーションや、本人の置かれた環境も非常に大事であるが、講師との出会いも、結構、重要な要素といえるかもしれない。

自分がやっているような中国語教室の存在意義も、結局のところ、いかによい先生を斡旋するかということにかかっているような気がしないでもない。
私的な例で僭越であるが、自分が、このような中国語の教室を立ち上げるきっかけとなったのも、そもそも、ある講師との出会いに関係している。

写真:深セン南山のラインフレンズにて(記事本文とは関係無し)最近、中国でも、ラインのキャラを見かけることが増えてきた。しかし、肝心のライン本体が使えないのは相変わらずだ。

続きを読む

「中国語ジャーナル」 という雑誌について

先日、旧正月前に、あまりにも暇だったので、部屋の大掃除をしていたら「中国語ジャーナル」という雑誌のバックナンバーが出てきて、思わず、手にとって、見入ってしまった。

中国語ジャーナル・・中国語学習者であれば、多分、ご存知だとは思うが、中国語学習者向けの月刊誌である。

確か2000年頃、創刊した雑誌だと思うが、奇しくも、自分が、はじめて中国語に接し始めたのも、ちょうどこの頃で、毎月、楽しみにしていたことを覚えている。自分のほうも、今よりずっと、中国や中国語というものに対して、興味を持っていた時期で、中国語の学習の一種の羅針盤のような感じだった。

しかし、その後、中国語に関心がなくなって見なくなり、中国に行ったあとも、それは同じであった。たまに日本に一時帰国した際、本屋に立ち寄った際「そういえば、中国語ジャーナル、本屋で見かけなくなったなあ?」と、思い起こすだけだったのだ。

で、気になって調べてみると、2013年春で休刊していたようである。最後は、月刊から季刊になっていたようだ。

日中関係の悪化で、中国語学習者が減ったということもあるのだろうが、それよりも昨今の紙媒体の衰退の影響が大きかったのかもいれない。まあ今日、インターネットを見れば、音声や画像入りのコンテンツがゴロゴロ転がっているし、スカイプなど双方向のコミュニケーションツールも利用できるような状況では、しょうがないのかもしれないが、残念なことではある。

しかし、この中国語ジャーナル、バックナンバーをあらためて、見てみると、結構、ユニークな雑誌だったなと思う。当時の、2001年4月号の目次は、こんな感じである。

続きを読む

中国語のテキスト選び

study-chinese-7

最近、HSK(漢語水平考試)についての問い合わせが増えた。

多分、HSKが就労ビザ取得のポイントとして加算されるということが、駐在員のモチベーション(焦り?)を引き出しているのかもしれない。

具体的には、5-6級は10点、4級は8点、3級は6点、2級は4点、1級は2点となっている。そこそこ中国語ができる人であれば、3級か4級でも取得しておけば、少しはポイントの足しになるし、当局へのアピール材料にもなるだろう。

さて、以下、自分がこれまで使ってきたテキストを中心に、中国語のテキストについてまとめてみた。主として、中国人の講師と一緒ににやる講義用テキストが中心で(つまり独学向きではない)、中国の本屋で市販されているものである。

ちなみに、以下で紹介するのは、あくまで自分がやったものであって、別にこれが絶対と思っているわけでもない。基本的には、現在、自分が使っているテキストを、しっかりやり込むのが肝心であることは言うまでもないだろう。

続きを読む

一粒で二度美味しい!? 日本「逆」輸入の中国語

bakugai 

「爆買い(爆买)」のほか、「毎日、修造(まいにち、修造!)」「五郎丸」なども

 2015ユーキャン新語流行語大賞より


さて、中国は漢字の本場である。そして、歴史的にも古来より、中国から日本に漢字が輸入されてきたのは事実である。よって、現在、日本で使用している漢字は、中国にルーツがあるというのは認めざるをえない。

しかし、日中の漢字というのは、必ずしも一方通行ではない。実は、日本から中国に逆輸入されて、中国語になっているものも結構あるといえば、意外に思うだろうか。

続きを読む

チーファンか?ツーファンか? 中国語学習の出口問題

shenmue-ajiichi 

さて、中国語の学習が、ある程度進んでくると、自分の学習目標として、どの程度、やりこめばいいのか?という出口の問題が出てくると思う。

そもそも通じないというのは困るが、「通じるのは通じるんだけど、何か適当に話しているよなあ」感があるという場合、それでいいのか?という話である。

続きを読む

意訳か?音訳か? 中国語の外来語表現

pocari-sweat

 

ポカリスエット(宝矿力水特/バオクヮンリーシュエター) 日本人泣かせの発音の一つ

 

 

 

「パソコン」「コンビニ」「インストール」・・・・・・・・これらは、すべて外来語と呼ばれるものであるが、日本語に翻訳される時は、もとの音に近い言葉をカタカナで当ててしまえば、それでおしまいである。

しかし、中国語の場合、カタカナのような便利な文字はないので、すべて漢字で置き換えていくより他ない。上の例で言えば、それぞれ「電脳」「便利店」「安装」となる。電気の脳、便利な店など、これらは、意味で訳したもので、いわゆる意訳である。

安装(アンジュアン)」というのは、要するに、組み立てのことで、例えば、ばらばらの状態の机を、組み立てるのも「安装」である。だからイメージしやすい。一方、日本語で、インストールと言われても、何のことかイメージがわかない。日本語の外来語は、意味不明なカタカナが多いと思うのは自分だけだろうか。

まあ、それはいいとして、以下の中国語(いずれも意訳)はわかるだろうか?中国語がわからなくとも、なんとなく想像はつくかもしれない。

「偶像」「主题公园」「空中小姐」「全球化」「黑馬」「売点」「白领」

続きを読む

中国語の学習倦怠期をどう乗り切るか?

chinese-hotdog

何事もそうだが、中国語の学習も、学びはじめから、簡単な日常会話が話せるようになるまでの初期段階は、非常に面白い時期である。

何しろ、学ぶ内容すべてが新鮮であるし、そもそも本人自身が、やる気満々である。
「なるほど、中国語で愛人(アイジン)というのは、旦那と奥さんの意味なんだ。なんか変な感じだね。」とか「中国語では、ホットドッグは热狗(熱い犬)って、そのままやん!」とか、日本と中国は、同じ漢字でも、微妙に意味がずれていたりするので、イチイチ面白かったりする。

また、中国在住者であれば、初級テキストが終了する頃には、カナリア状態だった外の音が、人間の言葉として聞こえ始めるので、何か世界がぐっと広がったような気がする。また人によっては、「オレって、どれくらいの実力の持ち主なのかしら?」とHSKとか中検の本をぱらぱらめくってみたりするかもしれない。

とにかく、中国語をやっていて、結構、面白い時期でなのである。まあ、それはそれでいいのであるが、問題はその後である。

続きを読む

語学マスターへの王道 究極の中国語学習法とは?

dongzu-polyphony-43

中国語教室を運営していると、いろいろなタイプの講師に出会う。

自分は、基本的に中国人講師に対して、どういう風に教えてくださいとか、そういう指示はいっさいしてない。割と自由にしてもらっているし、マニュアルがあるわけでもない。
お客さんがOKなら、そのままだし、お客さんの反応が駄目なら替える。それだけである。

で、以前、男性の講師で非常にマッチョな教え方の人がいた。(本人は、日本語ペラペラ)

「はい、ここ5回読んで!!」みたいな

そんな体育会系みたいなやり方で、果たして意味あるのかな?と思ったが「いや、ちょっと待てよ。こういうやり方、つまり、言わば筋トレのように頭を語学脳にするべく訓練するのも、一理はあるかも。」と思ったのである。(あくまで一理であるが)

続きを読む

美女か?小姐か? 中国人女性店員への呼びかけ表現

中国で、お店に入ったとき、向こうから注文を取りに来てくれればいいが、忙しい時は、しばしば放置状態というのは、めずらしいことではない。

また、別段、忙しい時でなくとも、中国では、こちらから、積極的に、声をかけないと、店員が気がついてくれないときもある。
そういう時、こちらから、店員にどう声をかければいいか?特に、女性店員の場合、失礼のないように、少し気をつかうところである。

続きを読む

広東の方言(粤・客家・閩南)と中国十大方言

tsai-ing-wen
台湾総統、蔡英文(客家人) 
さっそくトランプ氏と電話対談をはたす。

今回は、少し中国語の方言について、話してみる。

日本にも、関西弁とか東北弁があるように、中国にも、もちろん方言がある。
いや、あるどどころの話ではない。実際、中国の南部は、方言だらけともいっていい位である。しかも、お互いにまともに話したら通じないレベルなので、その差たるや、日本の比ではない。

普段、我々が、中国語と呼んでいるものは、普通話というものであるが、あの発音のとおり、話している中国人はあまりおらず、実際は、多かれ少なかれ、皆、なまっている。

例えば、以前、広東語のことについて少し話したが、広東省の方言は、なにも広東語だけではない。下のような方言地図を見ると、広東省は、(エツ/ユエ)と客家(ハッカ)、閩南(ミンナン)という、三つの言語がせめぎあう、三つ巴になっていることがわかる。

続きを読む

広東語って、中国語とどこが違うの?

cantonese

さて深センは、長い夏が続いています。夏は嫌いではないですが、こう長いとさすがにダレてきますね。四季のある世界が恋しいです。

自分の住んでいる深センというのは、一応、広東省に属しているので、街に出てみると、普通話(北京語)とともに、広東語もかなりの割合で聞こえてきます。

今回は、香港、広東省のローカル言語、広東語について、ざっくり語ってみたいと思います。

続きを読む

HSK受検をお考えの方に ~概要と申し込み方法について

HSK-duanwenning

段文凝(だんぶんぎょう)さんも応援します!

さて、中国語の学習がある程度進むと、自分の中国語の力というものを客観的に知りたいと思う気持ちがでてくるかもしれません。また、逆に、自分のモチベーションを維持するために、何か目標がほしいという人もいると思います。

そういう方の為に、中国語には、いくつか検定試験があります。中でも、代表的なテストにHSK(漢語水平考試)というものがりますが、以下で、受検についての具体的な手続きについて、記しておきたいと思います。

情報については、できるだけ客観性をもつようにはつとめていますが、最新の情報については、必ず、主催側のサイト(以下)で確認してください。 HSK日本側のサイト HSK中国側のサイト

続きを読む

HSKを深圳大学にて受検する

HSK-shenzhen-university

中国滞在も10年を越え、節目として、自分の中国語のレベルをチェックしておきたいという意味もあり、今年の初めに、HSK6級を受検しに行ったのですが、以下、その時のことを少し記録しておきたいと思います。試験会場は、深圳大学です。

ちなみにHSKとは、漢語水平考試(Hanyu Shuiping Kaoshi)の略で、中国語の検定の一つです。英語だとTOEICに近いイメージと思っていただければ結構です。

続きを読む