千手観音~中国障碍者芸術

1000hands3
言葉を失くすという表現があるが、これなどはまさに、それにあたるかもしれない。
そう、千手観音のことである。
といっても京都や奈良のお寺にある千手観音ではない。生きた人間による生身の千手観音である。



YouTube – 千手観音

【优酷版 ユーチューブ見れない方は以下より】
http://v.youku.com/v_show/id_XNTEzNDgzNTY4.html?from=s1.8-1-1.2
千手观音(The thousand-hand Bodhisattva-Kwanyin)—在线播放—优酷网

21人、奇跡の6分間

1000hands4「中国残疾人(身体障碍者)芸術団」による千手観音の演技。CCTV(中央電視台)で放映され、一躍脚光を浴びるようになったとのことであるが、ほんとうにこの世のものとは思えない。まさに奇跡である。

21人の演じ手が縦一列になって演じるという発想自体ユニークであるし、その手がサンゴの触手のように、艶かしく動く様は、それ自体が生命を持った生き物を見ているかのようである。

しかも、これが全員、聴覚障害者によるものであるのだから、二重の驚きである。
なお、演じ手は耳が聞こえないので、音楽によってタイミングをあわせることが出来ない。よって、前に、指揮者のような存在がいて、その人の合図に合わせて、動いているようである。

話は変わるが、中国に居ると、残疾人(身体障害者)を目にする機会が非常に多い。道を歩いていると、歩道橋の上やゴミ箱のそばなど、いたるところに彼らはいる。同じ障害者とはいえ、芸術団の彼女らのように神を演じるものもいれば、街で這いつくばって地獄を見ているものもいる。障害者といっても色々である。

メディア・娯楽 その他の記事

guangzhou-asiangame (27)2010年広州アジア大会開幕式 文艺表演《启航》2010年11月14日
2010年の広州アジア大会の開幕式の中で行われた「文艺表演《启航》」という演目。8つのスクリーンを自在に駆使し、水とLEDライトの光を効果的に使用したり、宙吊りを多用した斬新な演出は、スポーツ競技の開幕式というレベルを超えている。
woju-xiaobei-2蝸居(かたつむりの家)2011年6月10日
中国で2009年暮れにヒットしたドラマ。大卒貧乏夫婦がマイホームを手にするまでを中心に、現実と理想のギャップ、中年男の出来心、家庭主婦の憂愁といった人間ドラマをたんたんと描いている。また官僚と不動産業者の癒着振りは、あまりにリアルで、放送は打ち切りになった。お金とは?夫婦とは?人生とは?ということを考えさせられるドラマ。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA