千手観音~中国障碍者芸術

1000hands3
言葉を失くすという表現があるが、これなどはまさに、それにあたるかもしれない。
そう、千手観音のことである。
といっても京都や奈良のお寺にある千手観音ではない。生きた人間による生身の千手観音である。



YouTube – 千手観音

【优酷版 ユーチューブ見れない方は以下より】
http://v.youku.com/v_show/id_XNTEzNDgzNTY4.html?from=s1.8-1-1.2
千手观音(The thousand-hand Bodhisattva-Kwanyin)—在线播放—优酷网

21人、奇跡の6分間

1000hands4「中国残疾人(身体障碍者)芸術団」による千手観音の演技。CCTV(中央電視台)で放映され、一躍脚光を浴びるようになったとのことであるが、ほんとうにこの世のものとは思えない。まさに奇跡である。

21人の演じ手が縦一列になって演じるという発想自体ユニークであるし、その手がサンゴの触手のように、艶かしく動く様は、それ自体が生命を持った生き物を見ているかのようである。

しかも、これが全員、聴覚障害者によるものであるのだから、二重の驚きである。
なお、演じ手は耳が聞こえないので、音楽によってタイミングをあわせることが出来ない。よって、前に、指揮者のような存在がいて、その人の合図に合わせて、動いているようである。

話は変わるが、中国に居ると、残疾人(身体障害者)を目にする機会が非常に多い。道を歩いていると、歩道橋の上やゴミ箱のそばなど、いたるところに彼らはいる。同じ障害者とはいえ、芸術団の彼女らのように神を演じるものもいれば、街で這いつくばって地獄を見ているものもいる。障害者といっても色々である。

メディア・娯楽 その他の記事

guangzhou-asiangame (27)2010年広州アジア大会開幕式 文艺表演《启航》2010年11月14日
2010年の広州アジア大会の開幕式の中で行われた「文艺表演《启航》」という演目。8つのスクリーンを自在に駆使し、水とLEDライトの光を効果的に使用したり、宙吊りを多用した斬新な演出は、スポーツ競技の開幕式というレベルを超えている。
woju-xiaobei-2蝸居(かたつむりの家)2011年6月10日
中国で2009年暮れにヒットしたドラマ。大卒貧乏夫婦がマイホームを手にするまでを中心に、現実と理想のギャップ、中年男の出来心、家庭主婦の憂愁といった人間ドラマをたんたんと描いている。また官僚と不動産業者の癒着振りは、あまりにリアルで、放送は打ち切りになった。お金とは?夫婦とは?人生とは?ということを考えさせられるドラマ。

 その他、関連する記事

  • 2010年広州アジア大会開幕式 文艺表演《启航》2010年広州アジア大会開幕式 文艺表演《启航》 […]
  • 蝸居(かたつむりの家)蝸居(かたつむりの家) 蝸居より ~小贝と海藻  職業柄、「中国語を勉強するのに、何かいい動画は無いですか?」と聞かれることが多いのであるが、やはり […]
  • 哪吒闹海1 ナジャ誕生哪吒闹海1 ナジャ誕生   ナジャ(哪吒) マカオのくだりで、哪吒廟がでてきたので、ナジャ(哪吒)について、以下、少し触れてみたいと思います。 ナジ […]
  • 哪吒閙海2 ナジャ復活~竜神退治哪吒閙海2 ナジャ復活~竜神退治 復活 前回の続きです。 【竜神たちの復讐】 竜王を懲らしめ、得意の絶頂となって帰ってきたナジャに対し、父の李靖は […]
  • 踊る中国人 踊る中国人   ラテンダンス(拉丁舞) ノリノリです。 日本人が中国へ来て、驚くことはいろいろあるが、中でも、中国人のダンスにかける情熱のすごさに […]
  • 紅色娘子軍 1970 毛沢東も愛した革命劇紅色娘子軍 1970 毛沢東も愛した革命劇 昭和という言葉が、一種の懐かしさをもって語られる世の中となってしまったのはいつ頃からなのだろうか?いわゆる昭和というのは、だいたいが、 […]
  • 中国の犬中国の犬 店の外で、主人をひたすら待つ 以前、自分の会社の近くが、愛犬家のたまり場になっているという話を紹介したが、道を歩いていると、その […]
  • 中国少数民族 トン族(侗族)のポリフォニー中国少数民族 トン族(侗族)のポリフォニー これまで、中国のことを色々、書いてきたが、それは、漢字や中国語を中心とする漢民族の話であって、もう一つの中国である、少数民族のこと […]
  • 深セン福田の「リンクシティ(連城新天地)」グルメ街深セン福田の「リンクシティ(連城新天地)」グルメ街 最近、深センにも、地下鉄沿線沿いに、小奇麗なショッピングモールが増えてきた。 ただ、味千ラーメンとかケンタッキーなど、テナントが […]
  • 深圳から広州への移動 Ⅱ(福田-広州南)高鉄篇深圳から広州への移動 Ⅱ(福田-広州南)高鉄篇 先日、パスポートの更新で、広州まで受け取りに行くのに「高鉄」に乗って、福田駅から、広州南駅を移動してみた。 高鉄(がおてぃえ)と […]
  • 「木桶飯」 中国のローカルめし屋 「木桶飯」 中国のローカルめし屋  中華レストランとかではなく、もっとカジュアルな、そのへんにあるローカルのめし屋に、ふらっと入って食べてみるのも、中国生活ならではの醍醐味と […]
  • 元旦快楽!元旦快楽! 元旦快楽! さて、年が明けて、元旦であるが、ここ中国は、ほとんど、お正月の雰囲気はないようだ。まあ、旧正月という本番があるの […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA