2010年広州アジア大会開幕式 文艺表演《启航》

guangzhou-asiangame (27)
章子怡(チャン・ツィイー)

2010年の広州アジア大会の開幕式の中で、行われた「文艺表演《启航》」という演目がすばらしいので紹介しておこう。

8つのスクリーンを自在に駆使し、水とLEDライトの光を効果的に使用するといった、かなり大掛かりな演目である。また、統制された群集と個々の役者の演技力、宙吊りを多用した斬新な演出は、スポーツ競技の開幕式というレベルを超えていたと思う。ちなみに、総合演出は、陳維亜氏という演出家で、北京五輪の時、张艺谋氏の右腕で副総演出だったとのこと。

広州アジア大会開会式 文艺表演《启航》

夜の闇に浮かぶ、ライトアップされた広州。
guangzhou-asiangame (11)

梦想 プロローグ

どこからともなく、一枚の葉っぱが落ちてきて、地面に落ちると。
guangzhou-asiangame (9) 
すると、会場が、水で満たされ・・・・。8っの巨大スクリーンを自在に駆使した演出が印象的。
guangzhou-asiangame (10) 

大地之水


广州亚运会开幕式-全场录像(04) – YouTube大地之水は1分半位から

LEDライトを駆使した演出がすばらしい。

この紅い花は木棉花というもので、広州の花に指定されているとのこと。深センでもよく見かけるが、時期が来ると、花がアチコチで落ちていて、踏んでしまいそうになる。花はバトミントンの羽根ぐらいある、かなり固いもので、時間がたつと、綿帽子で一杯になる。
また、この大会は、水が一つのテーマになっている。舞台は常に、水によって満たされ、水によって育まれた広州人の嶺南文化を象徴しているようである。

guangzhou-asiangame (14)

guangzhou-asiangame (18)

海洋之舟

こちらは、海のシルクロードがテーマとなっているようである。かの蜷川幸雄を思わせるようなスペクタクル感覚溢れる演出が見もの。
guangzhou-asiangame (21)提灯の赤い光が効果的。
guangzhou-asiangame (23) 個々の役者の演技がしっかりいている
guangzhou-asiangame (24) 舞台が海となり、スペクタクルな情景が展開。

時光 朗朗と章子怡の共演

著名ピアニストの「朗朗」と女優の「章子怡(チャン・ツィイー)」が競演。章子怡が歌っているのは「時光」これだけでも、聴く価値はある。

章子怡 时光 郎朗钢琴独奏 – YouTube

guangzhou-asiangame (27) 章子怡

白雲之帆 メインアトラクション

今大会の一番の見所。スクリーンが万華鏡のごとく、移り変わる様は圧巻である。とにかく見てほしいというしかない。

guangzhou-asiangame (34)

白雲之帆 メイキング

実はこれ、高度80メートル?のところでワイヤーで吊るされた、男たちによる、集団パフォーマンスなんだとか。

そんなところに中ずりにされるだけでも、想像するだけで恐ろしいが、それを何十人もの人間が、演出テーマに沿って、一糸乱れぬパフォーマンスを行うと言うのであるから、大したものである。

案の定、この奇跡のようなパフォーマンスの裏には、大変な努力があったようである。

演技者の少年たちは、少林寺の訓練施設で訓練をしているものの中から集められたらしいが、最初は、嘔吐、めまいを起こす演技者が後をたたなかったという。また一旦、ワイヤーをつけてしまうと容易に下におりられないので、オムツをつけているのだとか。また何より、高所での作業になるため、安全面にはかなり気を遣ったとのこと。

また、一人の演技者につき、下で引っぱっているのは、7人いるというが、その労力たるや半端なく、一日の練習が終わるとガタガタになるようだ。まさに縁の下の力持ちである。

http://v.ifeng.com/news/sports/201110/9469debd-d3dd-434a-84c5-4214bcaac148.shtml
“白云之帆”成广州亚运会开幕式最大亮点-20111029南粤纪事-凤凰视频-凤凰网

全体の演目

以下は全体の演目。見たいかたは、どうぞ。
http://v.ku6.com/show/qS-xFkM8fkr-7R7L.html
広州アジア大会開会式(全体) 酷6(10分~50分頃。)

2010年广州亚运会开幕式_百度百科

温家宝氏もパチパチ。
guangzhou-asiangame (2)

メディア・娯楽 その他の記事

nezha-nezha (4)哪吒闹海1 ナジャ誕生 2015年1月22日
中国国産アニメであるが、意外とすんなり見れてしまう。しかし、30年以上前に、中国にもこんなアニメがあったとは驚き。当時の日本アニメ等からも技術も取り入れているようなので、画風など非常になじみやすいかもしれない。
1000hands3千手観音~中国障碍者芸術2007年3月1日
「中国残疾人(身体障碍者)芸術団」による千手観音の演技。CCTV(中央電視台)で放映され、一躍脚光を浴びるようになった。21人の演じ手が縦一列になって演じるという発想自体ユニークであるし、その手がサンゴの触手のように、艶かしく動く様は、それ自体が生命を持った生き物を見ているかのようである。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA