哪吒閙海2 ナジャ復活~竜神退治

nezha-0

復活

前回の続きです。

【竜神たちの復讐】
竜王を懲らしめ、得意の絶頂となって帰ってきたナジャに対し、父の李靖は激怒し「お前という奴は、なんと馬鹿なことをしてくれたのだ。そんな息子はしらん。」と、ナジャを柱にくくりつけてしまう。
そんな父の意外な反応に、戸惑いを隠せないナジャ。
nezha (32)nezha (34)

一方、竜宮城に戻った竜王は、弟分の龍たちに事の次第を話すと、龍たちは、竜王の仇をうつべく、李靖の配下の村に、風、水、雪と、あらゆる災厄を与えはじめた。そして、李靖に対して、この災厄をやめるかわりとして、ナジャをさし出すよう要求する。
nezha (35)nezha (37)nezha (38)nezha (39)

李靖は、竜神たちに、怒りを収めるように懇願するものの、竜神たちの怒りは収まりそうにない。この場を収めるためには、もはや息子を自分の手で、あやめるより他無しと覚悟を決め、剣をとるものの・・・
nezha (40)
nezha (95) 非情に徹することができず

以下、絶望的な状況に置かれた、ナジャの葛藤が切実に伝わってくるように、シーンが上手く重ねられている。
nezha (41)「情け容赦ない龍の攻撃」
nezha (91)「水害の前に沈みゆく子供」
nezha (92)「なす術もない李靖とその家臣」
nezha (93)
やがて意を決したかのごとく、髪をくわえ(ここ、いかにも歌舞伎っぽい。)
nezha (42)

「シーフ!!」天の師匠に届けとばかり叫ぶ。金の輪と紅いベールをくわえた鹿が懸命に走ってくるが、時すでに遅し。
nezha (44)nezha (43)
nezha (46)nezha (47)
ナジャの脳裏に去来するイメージ。
nezha (48)nezha (75)
nezha (49)
とそこへ、鶴が舞い降りて、ナジャの魂ともいうべき光り輝く小さい玉をもってかえる。

【ナジャ復活】
ナジャの生命は、鶴によって仙人のいる場所へと運ばれ、仙人の手によって復活する。
nezha (51)nezha (98)
nezha (52) 復活
nezha (53)nezha (54)

仙人は、ナジャに、新たに火炎輪と槍を与える。以前までにも増して、超人的能力を身に着けることに
nezha (55)
nezha (57)
ナジャがひとたび、槍を振り下ろせば大波が立ち、海の中もやすやすと入っていく。モーゼの十戒を思わせるような、水が二つに分かれる間を駆け抜けていくシーンは圧巻。
nezha (58) 一路、海底にある竜神の屋敷へ。

【ナジャ、再び】
一方、ナジャを倒した竜神たちは、屋敷で飲めや歌えやの、どんちゃん騒ぎ。その最中に、復活したナジャが現れ、大混乱
nezha (59)nezha (60)

文字通りの八面六臂の活躍で、竜神軍をきりきり舞いさせる。京劇をBGMとした戦闘シーンのリズム感がすばらしい。魚群の表現が、手塚アニメっぽいか?
nezha (80)nezha (61)
nezha (62) 京劇の見得を切る所作も決まってます

さらに、四匹の龍を相手に、阿修羅のごとき姿に変化。
nezha (63)nezha (76)

四匹の龍との戦闘シーン。雪や火といった攻撃に対して、次々と難局を打破。高熱の球を爆発させるシーンでは、ナジャの機転が冴え渡る。
nezha (81)nezha (84)
nezha (85)nezha (82)
竜神たちを懲らしめるナジャ。
nezha (66)nezha (67)

【ラスト】
村に平和が戻ります。
nezha (69)
nezha (71)

終了

とにかく、無駄なシーン、カットが一つとして無い。すばらしいの一言。

【補足】
なお、製作は「上海美术电影制片厂(上海美術映画製作所)」によるもので、この会社の製作では、他にも以下のようなものがある。

《大闹天宫》1964年(中国語)
http://www.tudou.com/programs/view/UVL1d4uEPFc/(音にご注意ください!!爆音です。)
孫悟空が天上へ行って、大暴れする物語。西遊記とは違うようだ。
制作はナジャよりさらに古く、アニメ黎明期の作品。京劇の音がちょっとうるさいし、画風もちょっと古風で怪しい感じだが、今のアニメの画風に馴染んだものからすれば、かえって新鮮かもしれない。
子供の頃、このアニメは再放送のような感じで、日本のアニメに混じって、たまに見かけた気がする。
興味のアル人だけどうぞ、ぱらぱら見れば十分です。
sunwukongdanaotiangong2

メディア・娯楽 その他の記事

nezha-nezha (4)哪吒闹海1 ナジャ誕生 2015年1月22日
中国国産アニメであるが、意外とすんなり見れてしまう。しかし、30年以上前に、中国にもこんなアニメがあったとは驚き。当時の日本アニメ等からも技術も取り入れているようなので、画風など非常になじみやすいかもしれない。
1000hands3千手観音~中国障碍者芸術2007年3月1日
「中国残疾人(身体障碍者)芸術団」による千手観音の演技。CCTV(中央電視台)で放映され、一躍脚光を浴びるようになった。21人の演じ手が縦一列になって演じるという発想自体ユニークであるし、その手がサンゴの触手のように、艶かしく動く様は、それ自体が生命を持った生き物を見ているかのようである。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA