中国 動画サイト「ビリビリ(bilibili)」

bilibili-trump
ここ最近、在中日本人や中国人の間で、ビリビリ (bilibili)という名前の動画サイトを、よく耳にするようになった。

ぱっとみ、どこからどうみても、ニコニコ動画を真似したとしたか思えない外観に加え、内容的にもアニメの二次創作や、「◯◯してみた」などのコンテンツ、さらにはライブ実況や、よくわからないイベントなど、完全に、オタクや萌えといった、サブカルチャーに特化した動画サイトのようである。というか、なにより弾幕が流れるところなど、ニコニコそのものである。

日本人の大人が見て、面白いと思える動画があるかどうかは、かなり微妙であるが、弾幕を眺めているだけでも、中国人の反応が面白かったりする。

今回は、このビリビリ動画について紹介してみる。

注:最近になって、このビリビリに規制がかかりだした模様だ。中国人の話によれば、日本の最近のTVドラマや、アメリカや韓国の海外ドラマなど、全部、見れなくなってしまったようである。まあ、版権の問題や中国側の検閲の問題もあるだろうから、そのうち何らかの規制がかかるだろうとは、思ってはいたが、結構、早かった。ただ、最近は、中国人も、ほとんど、VPNを使っているようなので、ビリビリが見れなくなっても、別に構わないと思うのであるが、彼らから言わせると、VPNだと回線が不安定だし有料なので、やはりできれば、国内の回線で普通に見たいのだそうだ。

中国動画サイト「ビリビリ(bilibili)」とは

bilibili-16

ビリビリの、中国の正式名称は「哔哩哔哩(bilibili) 」(別名「B站(B駅)」)スローガンは「 哔哩哔哩 – ( ゜- ゜)つロ 乾杯~」

2009年6月からスタートして、まだ7年しか経過していないにも関わらず、すでにAlexa(アレクサ)のランキングで、世界127位(中国29位)だという。

また、夏夜鬼畜大賞(右)はじめ、萌えキャラ大賞、萌節など、各種イベントも、開催しているようだ。ちなみに「鬼畜」というのは、もちろん、もともと日本語であるが、このサイトの項目の一つもなっている。

ちなみに、萌えキャラっぽい、イメージキャラクターは、bilibili娘(22娘(姉)右、と33娘(妹)左)で、サイト内にしょっちゅう出てくる。

では次に、実際に、ビリビリ動画のホームページの各項目について、ざっくりとみていく。

ビリビリ(bilibili)の構成

bilibili-22

首页(トップページ)は、こんな感じ。

ぱっとみ、アニキャラなどで、画面が埋まっていて、いかにも二次元度が高い印象。中国の他の動画サイト、例えば、优库(ヨウク)などとは、雰囲気がぜんぜん違う。

項目立ては、まず最初に、動画、漫画などが来て、そのあとに、通常の項目が続くような感じ。ちなみに、政治関係やR-18は無いが、そのあたり、やはり中国である。

トップのタイトル画像の下(赤字枠部分)に、各項目が並んでいるので、クリックすれば、それぞれのページに行けるようになっている。漢字だし、サムネイルを見て、動画を少し見れば、大体、どんな内容かはわかるが、一応、以下、ワンポイントで解説してみる。

下のサムネイル画像クリックで、各ページに移動可能。

动画(動画)

bilibili-madMAD·AMV MMD·3D 短片·手书·配音 综合

いわゆる、MADといわれる、アニメの二次創作系動画など。例えば、日本アニメの四川弁の吹き替えとか、日本のアニメの主題歌を中国語で空耳してみるとか、そんな感じのが多い。面白いかどうかは微妙。

番剧(TVアニメ)

bilibili-anime
连载动画(放映中アニメ) 完结动画(完結アニメ) 国产动画(国産アニメ) 资讯 官方延伸
「番劇」とは、あまり聞き慣れない言葉だが、TVの連載アニメのことのようだ。(はTV番組の番)ここでは、日本のアニメただで見放題になっている。なので、中国では、ある意味、日本よりも日本のアニメを見れる環境が整ってしまっている。(ちなみに、比較的最近のアニメの動画本編は、日本からは見れないようだ。)

音乐(音楽)

bilibili-music
原创音乐(オリジナル音楽の制作) 翻唱(歌ってみた)VOCALOID·UTAU(ボーカロイド) 演奏(演奏してみた) 三次元音乐(通常の音楽) OP/ED/OST(アニソン、サントラ) 音乐选集(音楽選集) 「三次元◯◯」というのは、聞きなれない言葉だが、このサイトは、二次元が基本なので、三次元のコンテンツは、相対化されるというような意味合いらしい。

舞蹈(ダンス)

bilibili-dance
宅舞(オタク系ダンス) 三次元舞蹈(普通のダンス) 舞蹈教程(ダンス講座)

游戏(ゲーム)

bilibili-game
单机联机(コンシューマーゲーム) 网游·电竞(オンラインゲーム・電子競技) 音游(音遊び) Mugen(格闘ゲーム?) GMV

ゲームの実況動画。

科技

bilibili-technology
纪录片(記録映像) 趣味科普人文(趣味・科学の普及、人文) 野生技术协会 演讲•公开课(講演会、公開授業) 星海 数码(デジタル)机械(機械) 

生活

bilibili-trump
搞笑(お笑い) 日常美食圈(グルメ) 动物圈(動物圏) 手工(手作りグッズ) 绘画(絵を掻く) 运动(スポーツ)

鬼畜

bilibili-kichiku
鬼畜调教 音MAD 人力VOCALOID 教程演示

鬼畜(グイチュ)は、もちろん日本語であるが、日本の鬼畜というよりは、奇天烈なもの、キッチュな感じの動画が多い。

时尚(流行)

bilibili-fashion
美妆(化粧) 服饰(ファッション) 健身(フィットネス・ヨガ) 资讯(情報)

化粧のビフォー&アフター動画など。

广告(広告)

bilibili-cm
日本やタイのTVCMなど。

娱乐(娯楽)

bilibili-goraku
综艺(芸能一般) 明星(有名人) korea相关(韓国関連)

日本のバラエティ番組とかも、結構ある。

电影(映画)

bilibili-movie
电影相关(映画関連) 短片(短編映画) 欧美电影(欧米映画) 日本电影(日本映画) 国产电影(中国国産映画) 其他国家(その他の国)
シンゴジラ(新·哥斯拉) が、すでにアップされていた。

电视剧(ドラマ)

bilibili-tvdrama
热门推广(人気おすすめドラマ) 连载剧集(連続TVドラマ) 完结剧集(完結ドラマ) 特摄·布袋(特撮) 电视剧相关(TVドラマ関連動画)
日本のTVドラマも、かなりアップされている。日本のドラマタグ「日剧」からも検索できる。

广场(フォーラム)

bilibili-14
B站热门(ビリビリ、ホットテーマ) 芒果TV(マンゴーTV) 排行榜(ランキング) 活动中心(活動センター) 游戏中心(ゲームセンター) 画友

活动中心(活動センター)は、中国各地の、アニメ漫画、等のイベントの告知。游戏中心(ゲームセンター)では、日本のアニメゲームができるようだ(ANIPLEX、モブキャストなどの名前も見える)

実況(直播)

live
推荐主播(推薦実況者) 热门直播(人気の実況) 手机直播(携帯実況) 唱见舞见(歌と踊り実況) など

ビリビリが、通常のコンテンツ以上に力を入れているのが、実況(直播)である。主播と呼ばれる実況者には、伪娘(いわゆる男の娘)がいたりして、かなり活況を呈しているようだ。

「ビリビリ動画にツッコミを入れに行こう!?」 ビリビリ動画を見る

それでは、実際に、ビリビリ動画を視聴してみよう。


川普&希拉里《禁じられた二人(禁忌的二人)》_搞笑_生活_bilibili_哔哩哔哩弹幕视频网(画面が映らないときは、こちらより)

何かニコニコから流出してきたっぽい動画であるが、トランプ(川普)動画は、お笑い(搞笑)には格好のネタらしく、トランプ(川普)VSヒラリー(希拉里)動画など、かなり出回っているようだ。ちなみに、トランプは、中国語では「特朗普」のはずだが、こういうネットでは何故か「川普(チュアンプ)」と呼ぶのが習慣になっている。たぶん、そのほうが、語感的に面白いのだろう。

ちょっと変わったところでは、画面の右下のほうに「去吐糟」というボタンがあるが、これは実は「ツッコミを入れる」の意味であり、さらに、その隣りには、「进入bilibili一起发弹幕吐糟!(ビリビリに入って、一緒に、弾幕にツッコミを入れよう!)」と書いてある。クリックすると、元のサイトのページに移動して、ツッコミを入れることができるというわけである。

もちろん「吐糟(ツッコミ)」なんてのは、中国語の辞書には載っていない。百度で調べてみると、一応、こんな説明が載っていた。 吐糟
中国人が果たして、ツッコミの概念を理解しているかは知らないが、ここは、「コメント」としないで、あえて「吐糟(ツッコミ)」という概念を導入しているところが、目新しいところなんだろう。

ただ、弾幕をみると、ツッコミを入れるというか、「哈哈哈哈哈」とか「23333333」とか、単に笑っているだけにもみえる。ちなみに、233333・・・は、ネットのスラングで、笑うときに書き込むらしいが、ビリビリの弾幕には、2ちゃんねる用語みたいな、中国語にもならない暗号めいた言葉がかなり多く、中国語を勉強していても、さっぱり理解不能なこともある。

ビリビリで日本のアニメを見る

bilibili

さて、上記のような一般動画よりも、日本人にとって利用価値が高いのは、やはり、日本のアニメやTVドラマではないだろうか。以前は、もっぱら、近所のDVDに足を運んだが、最近は、ビリビリをはじめとする中国の動画サイトを見て、時間を潰す人もいるかもしれない。しかもコンテンツは原形に近い形で、高画質でアップされているため、中国在住の日本人は、日本にいるとき以上に、オタク化してしまうかもしれない。

ちなみに、アニメであれば、番剧索引(アニメ検索)から検索できる。(ただ、前述のように、比較的最近の日本アニメの動画本編については、著作権(版権)の関係で、日本側からは視聴できないようになっている。)

ちなみに、アニメは、最近のTVの深夜アニメも多く、ほとんどは吹き替えではなく、下に字幕をつけてそのまま放映しているようである。
翻訳の仕方も、すべて中国語に訳すのではなく、日本語の音はそのままにして、中国語を当てていく、いわゆるあて字も結構多い。例えば◯◯酱(◯◯ちゃん)はもう、一般化しているし(「酱」は本来、ソースの意)。◯◯桑(◯◯さん)というのも、よく使われるようで、米娜桑(みなさん)、尼桑(兄さん)、欧巴桑 (おばさん)など、バリエーションは、いろいろある。

また、弾幕を見ていると、ニコニコ動画にでてくるようなコメント、例えば、「◯◯我老婆(◯◯は俺のヨメ)」とか、「次元」など神という言葉も、結構見かける。

あと、たまに、中国人ならではというか、独自の視点がでてきたりして面白い。例えば、日本の夫婦が寝室で、別々の布団で眠っているシーンがあったりすると「日本の夫婦は、いつも別々のベットで寝るんだよ(日本夫妻不同床)」というコメントが入っていたり、日本人にとっては当たり前でも、彼らにとっては、不思議なところもあるようである。(ちなみに、中国人の夫婦は、普通、同じベッドで寝るのだとか。)

bilibili-danshi
あと、弾幕を見ていると「この声は、◯◯を演った人だ。」みたいなコメントまであり、単に、アニメの内容だけではなく、日本の個別の声优(声優)に着目して、見ている中国人もいるようである。

アニメは、吹き替えより、中文の字幕がつけてあるもののほうが多いので、自然に、声優の声に、慣れ親しんでしまうようだ。

動画内に広告が無い?

あと、ビリビリ動画には、基本的に、動画の前後にある、広告が入らない。ようである。

中国の動画サイトといえば、長くて超うるさい広告というイメージがあるのであるが、それが無い。また、動画の画面下にある、広告もない。

いったい、どこから収入を得ているのか?ということになるが、このあたりの課金システムも、ニコニコ動画と同じで、広告だけではなく、上級会員になると特典がつくとか、ウェブマネーにより、集金がシステム化されているようである。

中国人の場合、基本的に、皆、スマホを所有しているので、ウィーチャット(微信)などで、電子マネーで支払うのも簡単で、抵抗が少ないかもしれない。

アカウントを取得(注册)

中国の動画サイトでは、多くの日本人にとっては、一部のコンテンツを見るだけで十分だと思われるが、もし、自分でコメントを書き込みたい、あるいは、他のSNSなどと動画を共有したい、さらには自分で動画をアップしてみたい、というのであれば、自分のアカウントを取得(注册)しなければならない。

以下、簡単に手順だけ。

まずは、携帯電話、もしくは、メールアドレスを用意。その際、ニックネーム(昵称)を適当に決めて、入力する。

すると、確認コード(验证码)が、自分の携帯電話(もしくはメルアド)に届くはずだから、その確認コードと、携帯電話(もしくは、メールアドレス)、パスワード(密码)を一定時間内に、入力すればアカウントの作成は完了する。

次回からは、ニックネームとパスワードを入力して、ログイン(登录)すればよい。

また、自分のアカウントページ(个人中心)があるので、そこで、お知らせ(消息)、マイリスト(视频收藏)、視聴履歴(历史播放列表)などを確認する事もできる。

関連する記事

otaku死宅、腐女・・・中国人の目に映る、オタク先進国、日本 2016年12月28日
メイドインジャパンは、なにも家電や薬、日本料理だけではない。いわゆる、日本のオタク文化などもまた、れっきとしたメイドインジャパンである。中国人が、オタク先進国、日本を、どう見ているか?ウェブサイトの記事を紹介してみる。
hanhanNHKクロ現 韓寒インタビュー 80后~中国の新人類2011年7月30日
団塊世代、氷河期世代、など日本に世代論があるように、中国にも、80後、90後などの世代がある。そういった若い世代の旗手とも呼ばれる、作家「韓寒」のインタビューを通じて、中国の新人類80後の考え方について、探ってみる。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA