钉子户 抵抗する中国人

dingzihu-50
まさに崖っぷち

中国には、そもそも、個人が土地を私有する権利というものがない。したがって、基本的に、自分の住んでいる土地が、区画整理の対象になって、「出て行ってくれ」といわれれば出ていかなければならないはずである。

しかし、そうは言っても、やはり人間であるから、自分の住んでいる場所には、愛着があるのも道理で、なかには、最後まで、立ち退きを拒否する人間もいたりする。いわゆる「钉子户(ディンズフ)」という人たちがそれで、钉子は、釘(くぎ)のことであるから、打ち付けられた釘のごとく、立ち退かないということのようである。

そういえば、日本のバブル時代、地上げ屋が跋扈していた時、同じような話があったが、中国の場合も、それなりにドラマチックなようである。

重慶 史上、最も「牛」な钉子户

こちらは、重慶にて。文字通り、崖っぷち、絶海の孤島 のごとき様相を呈している。钉子户で検索をすると、一番、よくでてくるので、多分、最も、有名な事例なんだと思うが。
dingzihu-2

これが、いわゆる「史上最牛的钉子户(史上、最も「牛」な钉子户)」で、「(ニウ)」というのは、俗語で、電子辞書にも載っていないが、梃子でも動かないという様子を、牛になぞらえているのかもしえない。
dingzihu-1

「公民の合法的な私有財産は侵犯を受けず!!」というスローガンが見える。しかし、そもそも、私有財産が認められていない中国では、政府から「立ち退け」と言われれば、立ち退かなければならないはずであるが、土地の使用権をたてにして、粘っているということか。dingzihu-5

重慶には、軽軌と呼ばれるモノレールが走っているが、ここが、ある駅の建設予定地のようである。この写真が出回ったのが2007年で、2004年から不動産開発業者は、移転の告知をしていたようで、その後、周囲の280世帯が移動しても、この一軒だけが動かず、結局、住民との間で、二年半かけて、ようやく和解が成立したとの事。
dingzihu-4

ネットでは、もはやパロディの対象になってしまっている。dingzihu-3

工事現場の全景。中国では、こういうふうな巨大な穴が、ある日突然、自分たちが日常歩いている、生活道路のすぐ傍に、忽然とできてしまう。普通に歩いている道路と、ベニヤ板を隔てた数メートル先に、深さ十数メートルくらいの穴が、ぽっかりと空いているという状況。中国のビルは、巨大であるからしょうがないが、ちょっとそら恐ろしさを感じてしまうのは自分だけであろうか。(それこそ、こんな巨大な穴の中に埋められでもしたら、もう行方しらずである。)

ちなみに、中国のビル建設は超高速である。建設が決まるや否や、あっという間にゴーストタウンになり、あっという間に、大きな穴が出来、あっという間に、ビルが建っていたりする。そのスピードたるや、シムシティ並みである。おそらく、安全よりスピード重視で、工事を進めてしまうのだろう。
dingzihu

浙江省 路の真ん中でがんばる

こちらは、浙江省。 道路の真ん中に、取り残された家。dingzihu-8

家の持ち主と思しき人物。dingzihu-37

土地使用権証を見せる、家主。
121123077ta.jpg

「無駄な抵抗はやめて、速やかに・・・・・・」 行政代執行が始まる
dingzihu-28

小雨のそぼ降る中、見物客もぱらぱらと。
dingzihu-7

最後はこのとおり。無残。dingzihu-10

浙江温岭钉子户房子被拆 男子称与政府达成一致_今日惠州网

同じく、道路の真ん中パターン

完全に、道路をふさいでいる。dingzihu-19

解体中。おもちゃの模型みたい。dingzihu-36

長沙 一軒家

百貨店の広場の真ん中に、こんな掘立て小屋が一軒・・・・・・・
dingzihu

長沙でもかなりの一等地であるらしく、家主がかなり強気で、金額で折り合いがつかないようである。中国人の場合、こういう行動をとる動機は、大抵が、金であることは、いうまでもない。
dingzihu-13

 

拆迁三年未能拆除 长沙“最牛钉子户”矗立南门口_湖南频道_红网

広州  高速道路の中でも

こんなところにいたら、目を回してしまいそうだ。
dingzihu-49

360度包围:最牛钉子户日夜交替成广州最美风景

墓も抵抗

ビルの基礎工事の現場。うずたかく土が盛られている。しかし、肝心の家は見当たらない。
dingzihu-46

よく見ると、家ではなく、が見える。故人の家族が抵抗しているのだろうか。これでは、心情的にも、どかしにくいだろう。
dingzihu-45

横から見た図。 しかし、このように、モンブラン状態になるまで、土を削り取って、危ないと思わないのだろうか?そのあたりの中国人の感覚というのは、謎である。
dingzihu-12

深圳 最も高い钉子户

ここは多分、深センの京基100の建設予定地(すでに建設済み。)ではないだろうか。のちに、1700万元(2―3億円)という破格の補償を受けた後、家主夫婦は離婚したとのこと。結構、ま新しいビルに見えるので、もしかしたら、建てたばかりだったのかもしれない。
dingzihu-29

陸の孤島
dingzihu-44

中国“最贵钉子户”:夫妇获赔1700万后已离婚

戦う钉子户

ある钉子户。ファイティングスタイルを崩さない、いかにもな頑固親父。中国の憲法などをたてにとって、行政の横暴を訴えている。このくらいの年齢になると、もう補償金の問題というよりは、住み慣れた土地を離れたくないという、そういうことなんだろうと思うが・・・・
dingzihu-38

しかし、どうして中国人は、新聞でもウェブサイトでも、字をびっしりとつめて、書き込むのであろうか。不思議である。会話も同じで、彼らの会話というのは、日本人のように間を多様しない。dingzihu-39

拆迁户,钉子户_越野mm_新浪博客

広州の钉子户

おばちゃん、泣き崩れるの図。
dingzihu-24

まさに自分の家が取り壊されようとする現場に、突っ込んでいこうとする、家主のおばちゃん。気持ちは、わからなくはないが、まあ、どうしようもないだろう。しかし、こういうのを見ると、彼らと日本人との感情表出の仕方の違いを思わざるを得ない。
现场:广州杨箕村拆“钉子户”_资讯频道_凤凰网

山東省 黒板アートな钉子户

水と電気を止められ、すでに四ヶ月になるが、訴えても全く改善されないらしく、家主が、黒板でもって、抗議をしているとのこと。しかし、この家主、なかなかの達筆で、色チョークを、最大限駆使して、一種のアートともいえなくもない。中国は漢字の国であるから、まあ、驚くにはあたらないのかもしれないが・・・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何時になったら、再び、光明を見出すことが出来るのか?  イラスト入り。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その他の钉子户

この家は売らず(本房不売)という強いメッセージを発信。dingzihu-21

公民の合法的な私有財産は侵犯を受けず
dingzihu-23

上海にて のんびりと洗濯物を干す家主
A woman stands at the balcony of her house which will be demolished to build new apartments in downtown Shanghai, December 1, 2010. REUTERS/Carlos Barria

あくまでも、ファイティングスタイルを崩さない钉子户
dingzihu-42

その他、関連する記事

blackhole-35チャイナ・ブラックホール2016年10月2日
日々、どこかで、何かが起こる中国。こんなに国土が広く、人口が多ければ、当たり前であるが、とにかく、中国にアクシデントはつきものである。例えば、陥没事故。百度で検索すると、結構、ゴロゴロ、こういう写真が出てくるので、そんなに珍しいことでもなさそうである。
suicide (2)飛び降り騒ぎ 深圳羅湖にて2015年7月16日
夕方6時ごろ、外に出てみると、至るところ人だかりができており、一斉に同じ方向を向いている。彼らが見ているのは、道の向かい側30階建て位のビルの屋上付近。どうも、そこに人がいるみたいだなのだ。
street-sales27中国のフリーマーケット観察日記2007年4月19日
華強北といえば、電子街として有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げている。まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧あれ。

 その他、関連する記事

钉子户 抵抗する中国人」への2件のフィードバック

  1. 牛は多分「牛B」の略じゃないですかね?
    ところで写真の黒板のスローガン(?)
    拆迁断水又停电
    我家生活有点乱
    これ中国語で読むと結構良いリズムで耳に残る。

    返信
    1. 老板老板 投稿作成者

      ご指摘、どうもです。「牛B」の略ということですか。なるほど。
      一種のネットスラングですかね。辞書に載るような言葉ではないのでしょうが。

      言われてみれば、黒板の文字は、7―7調のリズムになってますね。
      中国風川柳という感じで、苦しい生活感が、よくでてますが。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA