似て非なるもの 中国の「偽」ファーストフード

nisemono-kentucky

ニセモノ、それは中国の永遠のテーマ。

中国というのは、とにかく、何か流行っている店があれば、それにソックリな店が、すぐに登場したりします。商店名から、企業のロゴ、内外装、メニュー、店員の制服に至るまで、とにかく、徹底して真似をするのが特徴で、でも、よく見ると劣化していたりします。
しかも、コソコソ営業するようなこともなく、大胆にも本家の隣りで営業を開始したりします。また、周囲の中国人をそれをトヤカクとがめることもありません。

例えば、以下のものなどはどうでしょうか?

吉おばさんの麻辣烫 

nisemono-kentucky1

別件で百度で検索しているうちに、こんなものが http://www.w218.com/ 吉阿婆麻辣烫(吉おばさんの麻辣烫)

この店は、麻辣烫(マーラータン)のチェーン店のようで、こちらでは見かけたことが無いので、杭州付近のローカルチェーン店かもしれない。麻辣烫というのは、中に入れる具を自分で選んで、それを、所謂、麻辣(マーラー/辛いしびれる)ようなスープと春雨を太くしたような麺で食べるものであるが、モノ自体は、結構、どこにでもあるような、ごく一般的な中国人の食べ物である。

nisemono-kentucky6 具材置き場 ここから選ぶ
nisemono-kentucky7

しかし、問題は、このキャラクターであろう。
nisemono-kentucky2
単独でみると何ということはないが、

こうやって並べてみると、

nisemono-kentucky8 う—ん、激似。

まあ、フライドチキンと麻辣烫で、売ってるモノが全く違うから、
無問題ということなんでしょうが、それにしても、やることが大胆というか。

nisemono-kentucky9 本家のとなりで、堂々と営業

ネット上では、いっそのこと、この二人は結婚してしまったらどうか?と意見まである。

カーネルサンダースさんであるが、中国では、かなりイロイロなものに、替えられている様子である。

ケンタッキー(肯德基)もどき、いろいろ

nisemono-kentucky10

nisemono-kentucky3

nisemono-kentucky4

nisemono-kentucky5
nisemono-obama

マクドナルド(麦当劳)もこの通り

ケンタッキーほどではないが、マクドナルドも、まあまあ有る。
以下は、「肯德基(けんたっっきー)」と「麦当劳(マクドナルド)」の掛け合わせ。
nisemono-mac3 「肯当劳」(ケンドナルド?マクタッキー?)

nisemono-mac4
nisemono-mac5

その他 疑惑の店について

偽 元気寿司

nisemono-genki2
深センにある「寿师傅(ショウ・シーフ)」というチェーン店。
中国人は元気寿司のニセモノであるという認識は無いと思われる。

(火)深圳寿师傅餐饮连锁广告—在线播放—优酷网

幼なじみで生き別れた、あの娘と、十数年後に偶然にも、回転寿司のカウンター越しに再会してしまうという感動的?な物語。泣かせます。

自分は、一度だけ、ここに入ったことがあるが、入るとき「いらっしゃいませ」というのはいいのだが(これは日式料理屋にはよくある)勘定を済ませて出る時「いらっしゃいました」といわれたことがある。その店舗だけなのかもしれないが、それ以来、行っていない。

untitled こちらは本家

吉野家っぽいのも
nisemono-yummy YUMMY?牛丼とは全く関係ない店のようだ。

味センラーメン

味センラーメンは、もともとは日本の熊本にある日本のラーメン店らしいですが、中国各都市のショッピングモール他、いたるところにあります。その味センをまねる店もかなり多い。

nisemono-ajisen1 味セン(左)とモノマネ店(右)

nisemono-ajisen2 内装も味セン風。
nisemono-ajisen3 例によってお相撲さん風。

まあ、中国味セン自体が、そもそも相撲という日本の文化をコピーしまくっているから、他人にも寛容なのかもしれない。

UBC上島コーヒー

nisemono-ucc

日本のUCC上島コーヒーとは全く関係ない。
UCCではなく、UCであるところがミソ。
今は、スタバ(星巴克)とか、カフェが一杯出来たので、利用価値がなくなったが、以前は、このチェーン店、かなり存在感があった。中国のどこの田舎にもある印象で、値段は結構高めだが、くつろげる感じ。簡単な食事も提供する。
麻雀部屋があり、時々、ジャラジャラ聞こえてきたりするのがいかにも中国。

ニセモノ食品も

イオンやウォルマートなど、大手のスーパーでは、さすがに見かけませんが、ちょっと裏手の小汚い商店や、地方へ行くと、ニセモノの食品も、まだあるようです。また、ニセモノ食品のことを、ニセモノ携帯(山寨手机)にならって、山寨食品と呼ぶこともあるようです。 山寨 – Wikipedia

オレオ

オレオ(奥利奥)は、真似されながらも、しっかりと中国市場でブランドを確立しています。

nisemono-oreo1 オレオ(奥利奥) これが本家

以下、パクリ商品。
nisemono-oreo2 マリオ(玛利奥)
nisemono-oreo3 黒白黒 見たまんま
nisemono-oreo4 ユエリユエ(粤利粤)  「奥」と「粤」、発音よりぱっと目を重視。

偽アパレルブランド 

アパレルも、もちろんニセモノブランドの宝庫?です。
ここまでくると、ほとんど冗談の域だと思いますが。

nisemono-puma (2) PIGG(ブタ)!! 
nisemono-puma KUMA(クーマ?) 日本語です。

hunan83アイダイディシ? 舌かみそう。

関連する記事

nisemono-lee7いわゆるブルースリーの店についての考察2015年6月19日
街中でよく見かける、ブルースリーらしきキャラクター。リアルカンフー(真巧夫)という中華ファーストフード店のものであるが、例の黄色のつなぎも着てるし、誰がどう見ても、ブルースリー以外には見えないのだが、問題ないのだろうか?
20yuan「偽」人民元2015年3月29日
ニセモノ大国中国。中でも究極のニセモノといえば、やはり偽札であろう。以前、近くのウォルマート(沃尔玛)で20元札を受取拒否されたことがあるが、さすがは百戦錬磨のウォルマートの店員だ。言われてみれば、この20元札は、偽の胡散臭さで満ち溢れている。
vista中国電子街で偽Windows発見2007年5月1日
中国ではタテマエ上は無いはずのものが、実際には存在することはままある。売春しかり、偽札しかり。これなどもその内の一つなのかもしれない。偽ウィンドウズ・ビスタ。先日、世界70カ国で同時発売されたが、その盗版(海賊版)が実は中国で先行発売!?されているらしい。確認のため、日曜日うちの近所にある華強北に行ってきた。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA