中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え

fashion-shenzhen (1)

深センのローカル度が高いエリアに行くと、地元の人間しか利用しそうもない、ファッションビル(服装市場)があって、我々外国人にとっては、ほとんど利用価値は無いが、見物している分は、なかなか面白い。

今回、訪れたのは、深セン福田にある、とあるファッションビル(服装市場)。ちょっとした街なら、どこにでもありそうな、ローカル市場である。全館、若い女性が喜びそうな、衣類、靴、ファンシー小物、化粧品などが所狭しと並べられている。

でも、何か変なのだ。

地元民ご用達 中国深圳のローカル服装市場

こういったローカル市場は、一歩中に踏み込むとアリの巣のようになっていて、ちょっとした迷路感覚が味わえる。中国人というのは、どんな空間でも、わざと細分化して、ごちゃごちゃ空間にするのがお得意である。
fashion-shenzhen (3)

まずは「女装区」へ もちろんあの女装ではない。女装は中国語で女性服のこと。
fashion-shenzhen (4)

一つ一つの店が、6畳~10畳くらいのガラス張りの箱のようになっている。とにかく、空間が激狭ということもあって、いわゆる圧縮陳列せざるを得ない感じ。
fashion-shenzhen (31)
こちらはパジャマ専門。
fashion-shenzhen (32)

お次はジーンズ屋。「歓迎光臨」赤いTシャツのマネキン姉さんがお出迎え。
fashion-shenzhen (1)

ジーンズが恐ろしいほど几帳面にたたまれています。中国人って、こういうところはやたら几帳面だったりする。出鱈目なのか、几帳面なのかよくわからない。(というか単に暇なだけかも)
fashion-shenzhen (5)

のまがきですか」?
fashion-shenzhen (6)

あーでもない、こーでもないと言いながら、親子が選んでいます。店員は、早く選んでほしそうです。
mannequin (16)

子供服売り場
fashion-shenzhen (7)
その傍らで、子供が・・・、店員の子供かな。
fashion-shenzhen (8)

カバン・靴類 ここでも圧縮陳列

カバン屋
fashion-shenzhen (9)
fashion-shenzhen (10)

ベルト、ネクタイ屋
fashion-shenzhen (11)

スニーカー屋。 ここも圧縮陳列。まさに空間を恐怖するかのように、並べている。
fashion-shenzhen (14)
fashion-shenzhen (15)

店先で弁当を食べる中国の店員

店員さん、お食事中営業中であっても、店先で弁当を広げて食べるのが中国流。
fashion-shenzhen (12)
fashion-shenzhen (13)

小物類

中国人の陳列の才能がいかんなく発揮されている。
fashion-shenzhen (17)

「そこまでするか!」と言うくらい几帳面。ただ、整然としているのか、雑然としているのか、よくわからない。店員さんは、店に埋もれている。
fashion-shenzhen (18)

法国香水每毫升两元(フランス香水2ミリリットル2元)
高いのか安いのか、わからない。というかそもそも本当に輸入品?
fashion-shenzhen (20)
化粧品と言うより、子供用絵の具パレットのような感じ。
fashion-shenzhen (21)

青白く光る怪しい蛍光灯の光の下、几帳面にアクセサリーが並べられております。
「特快无痛穿耳」(超スピード痛くないピアス穴あけ)
fashion-shenzhen (22)

売るのも買うのもともに十代後半の女の子といった感じ。fashion-shenzhen (24)

エステ、ネイルで女に磨きをかける?

服やくつを買ったら、当然、ボディにも磨きをかけたくなるのが女心。当然、その手の店も用意されている。

エステストリート。店員は、皆、白衣を着用。手前の子供は、お母ちゃんがエステ終わるのを待っているところか。fashion-shenzhen (25)

経営項目」拉面毛(らーめん毛)パーマの一種か?
fashion-shenzhen (26)

ネイルアートの例。
fashion-shenzhen (27)

「眉唇塑像専家」 眉と唇、専門の店のようです。
fashion-shenzhen (28)

気づかれたかな?
fashion-shenzhen (29)

日本の資生堂の広告も一役買っております。通りすがりのお嬢さん、なにやらうれしそう。
fashion-shenzhen (30)

不気味の谷を行く 中国のマネキン

さてファッションには、なくてはならないマネキンであるが、ここ中国のマネキンは、どうも様子が変である。

まず、マネキンがやたらと多い。
mannequin (18)

しかも、かなり微妙というか・・・・
mannequin (19)

リアルに作ろうとして、かえって不気味になるという、所謂「不気味の谷」に落ち込んでしまっている。
mannequin (3)

マネキン密集地帯。
mannequin (2)

以下、このビルの中で見かけた個性派マネキンをいくつか紹介

個性派すぎる中国のマネキン

シャギーな髪と野性味あふれるまなざし。mannequin (8)
ビジュアル系、青い目がクール。
mannequin (6)
エキゾチック派
mannequin (5)
知性派も
mannequin (10)

姉妹編
mannequin (11)
口紅姉妹
mannequin (12)

変系

mannequin (9)

怖すぎ 夜中にうなされそう
mannequin (25)70年代風
mannequin (26)

考える女
mannequin (27)

シュールすぎ マタニティドレス専門店の前にて。
mannequin (13)

男、子供も

野郎マネキンもいることはいる。
mannequin (14)

ひげとTシャツ。
mannequin (15)

子供 表情が切なすぎ
mannequin (17)

追記

最近、7-8年ぶりに再度訪問したが、基本的には、そんなに大きな変化は無かった。
しかし、全体的に、マネキン等、まとも、というか普通になっていて、以前ほど奇天烈感がなく、パワーダウンしている気がした。要するに、普通のこぎれいなファッションビルに近づきつつあるのだ。
もちろん、自分の方が、中国に慣れすぎてしまったということもあるのかもしれないが・・・。

その他、関連する記事

street-sales27中国のフリーマーケット観察日記2007年4月19日
華強北といえば、電子街として有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げている。まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧あれ。
bookstore7座り読み天国 中国の本屋さん2007年3月31日
深センの書城(書店)は、休日ともなれば、とにかく活字に飢えた人間で、あふれかえる。特に目を引くのが、立ち読みならぬ座り読みをする人々。中国の書店の様子を写真におさめてみた。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA