中国のフリーマーケット観察日記

street-sales27
路上の実演販売

先週末、深センの華強北に行ってきた。

華強北といえば、一般的には電子街としてつとに有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げているのである。
まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧ください。

深圳華強北 何でもありマーケット

street-sales7
大通りの通路沿いにずらりと並ぶ自転車族。自転車の荷台に何かを置いて、しきりに客を呼び寄せている。何を売っているのかと思えば、中古のラジオだとか、パソコンの基盤だとか、要するに中古品らしいのであるが、正直ゴミにしか見えない。

street-sales8
毎度おなじみ偽DVD売りももちろんいる。偽DVD1枚10元なり。
顔が真っ黒に日焼けしているのが特徴。もちろん偽ウィンドウズも彼らによって、さばかれている。

誰でも手軽にスモールビジネス

street-sales12
地面に品物を並べれば、ハイ、お店の出来上がり。誰でも即、商いを始められるというこの手軽さ。中国は、政治的な自由はほとんど無いが、その分、商売については、何でもありな感じ。一応バランスは取れている。

以下、わけのわからんグッズでいっぱい。ライター? 高温1300度。??
street-sales9

street-sales10「瑞士軍刀」(スイス製ナイフ)と、「防風打火机」(風除けのついたライター)ジッポもどきか

street-sales11 偽ローレックス(労力士)
最初から偽と決め付けているが、まあ、言われてもしょうがないところ。しかし、海外では定番の「ニセモノドケイあるよ」と言う名セリフも、さすがにここでは聞こえない。

同じような実演販売があちこちに

また最近、目立ち始めたのがこれ。
street-sales4
「どうです。これ一つであなたの髪は変幻自在に!!」
マネキンを相手に、男が実演販売。女性客たちの食い入るような視線を受けつつ、ヘッドマイクを着けてのべつ間もなくしゃべり続けている。その後ろで相方の女が、商品を売りさばいていくという按配。
street-sales13「神奇盤髪器」要するに、単なる髪留め
street-sales5「しまった、気づかれたか」一瞬、男と目があう。

しかし、ここを含めて、これとほとんど同じことやっているのを3-4人見かけたが、一旦、儲かるとわかるや、何でもかんでも真似をするのが、中国流。そして、それをとがめるものもいない。

路上ペットショップ

street-sales2
移動式路上ペットショップとでも呼ぶべきか。
売っているのは、子犬、子ウサギ、ハムスターといったかわいい系小動物。手前の3人の子供が、何とも切ない。
street-sales6
移動式ペットショップは、天秤棒一つだから、どこへでも移動可能。どこからともなくあわられ、どこへとも無く去っていく。

その他の商品

street-sales3
「ほらみてください。こんなに切れ味抜群ですよ」
路上の実演販売と思いきや、ただそこに座ってるだけという、「どないやねん!」な店。
やる気があるのかないのかよくわからない。
たまに思い出したかのように、ニンジンをがりがり削っているが、削るだけニンジンがもったいないとでも言わんばかりの削り方。

street-sales14
そら、売れるわけないやろと思いきや、なんとこの日は、買っている人を発見。「何もこんなところで買わんでもいいやろうに」

次「快速磨刀器」ものすごく優れものっぽいが、実は単なる包丁とぎ
street-sales16
「どうだい。このとぎ具合!」と言わんばかりに懸命に包丁を研ぐ男。「どれどれ」とすかさず客たちも品定め。路上販売というのは、庶民がこういったやり取りを楽しむ場所でもある。
street-sales17
street-sales18

人だかりがしているので、いってみると、折りたたみ式小型自転車の試乗会のような感じ。深センはマンションばかりなので、エレベーターに自転車を搬入する時、折りたためれば、確かに便利ではある。しかし、速攻で壊れそうな予感を十分に感じさせるアイテムであることは言うまでもない。
street-sales20

次はねずみ獲りの実演販売と思いきや
street-sales25
ねずみ(老鼠)ゴキブリ(蟑螂)蚊(蚊子)、これらを、5.5デシベルの亜音波で、撃退するという装置の販売。効果のほどは定かではない。単なるネズミ捕りと思っていたがそうではなく、ネズミ捕りの中に入っているのは実験台のハムスターのようである。
street-sales26

しかし、さすがに、あっちこっちで調子に乗って写真を撮っていると、別の店の親父から、注意を受ける。
street-sales24
おい、そこのお前、写真だけは勘弁してくれ!!」と、男にいきなり睨まれる。
撮られて困るような代物でもないだろうと思ったが、反論する余地も無いので、すぐに退散。

street-sales15
「結構、ものって売れないもんなんだよな。これが。」
壁伝いのにわかセールスマン、現実の厳しさを知るの図。
このあたりは、若者たちがにわか仕立てで、即席の露天をオープンしている感じの場所。プロたちに混じって、アマチュアも小遣い稼ぎという感じなのだろうが、なかなか苦戦をしているようである。

華強北 華強路駅周辺

以下のグーグルの地図ですが、メインストリートの華強中路が表示されてないです。

以下の方が正確かもしれません 腾讯地图

その他、関連する記事

fashion-shenzhen (1)中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え2007年4月8日
たまに、ローカルの服装売り場に入ると、中国のマネキンに対して、違和感を感じてしょうがないときがある。リアルに作ろうとして、かえって不気味になるという、所謂「不気味の谷」に落ち込んでしまっている感じがするのだ。
nightmarket0深圳ナイトマーケット 2007年8月26日
長くてディープな深圳の夜。一般の商店が閉店する10時くらいから夜市が立ち始め、朝の5時くらいまで平気で営業をしている。夜店を冷やかしながら、夜の街をそぞろ歩くと、昼間とはまた違った中国人の顔が見えてくる。

 その他、関連する記事

  • 中国電子街で偽Windows発見中国電子街で偽Windows発見 中国ではタテマエ上はないはずのものが、実際は存在することはままある。 売春しかり、偽札しかり。これなどもその内の一つなのかもしれない […]
  • 1枚30元 車上バーゲン実施中!1枚30元 車上バーゲン実施中!  車上バーゲンセール 中国は自由が無いように見えるが、それは政治的な自由であって、その分経済的な自由は結構、許されている。(というか […]
  • アイフォーン6 やっぱり売られていたアイフォーン6 やっぱり売られていた   国慶節にはいりましたが、お隣り香港では、大変なことになってますね。 しかし、こちら深セン側は、いつもと変わらない、のんびりムー […]
  • 深圳エリアガイド ~360度空中パノラマで深圳を俯瞰深圳エリアガイド ~360度空中パノラマで深圳を俯瞰 飛び出す馬 一口に深圳と言ってもかなり広く、旧経済特区内だけを取ってみても、東の羅湖から西の蛇口まで40キロ近くあり(東京駅から […]
  • 華強北2007~中国の電子街を行く華強北2007~中国の電子街を行く カウンターで昼ごはんが、中国スタイル 深圳というのは、アイフォーンの工場をはじめとして、電子部品の工場が非常に多い。したって、パ […]
  • いわゆるブルースリーの店についての考察いわゆるブルースリーの店についての考察 中国に来た当時から、疑問に感じていたのが、例のブルースリー(李小龍)の中華ファーストフード店である。 いわゆるブルースリ […]
  • 「偽」人民元「偽」人民元 中国はニセモノ、コピーが非常に多い国であるが、究極のニセモノといえば、やはり偽札であろう。 中国にいると、偽札をつかまされること […]
  • 似て非なるもの 中国の「偽」ファーストフード似て非なるもの 中国の「偽」ファーストフード ニセモノ、それは中国の永遠のテーマ。 中国というのは、とにかく、何か流行っている店があれば、それにソックリな店が、すぐに登場 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA