アイフォーン6 やっぱり売られていた

guoqingjie 

国慶節にはいりましたが、お隣り香港では、大変なことになってますね。
しかし、こちら深セン側は、いつもと変わらない、のんびりムード。
いたるところに、特大の赤い国旗がたなびいて、人民はダンスや将棋に興じ、緊迫感のかけらもありません。
なんなんでしょうかね、このギャップ。

「民主化?デモ?そんなんでおなか一杯になるのか?」
っていうところでしょうかね。
まあ、さすがに若い世代はそんなことはないと思いますが

こちらは、どこへ行くというあてもなく、近場を回っていますが、今日は、久しぶりに深センの電子街華強北に行ってみた。

中国では売られているはずがないアイフォーンが店頭に

で、やはりというか、売られていないはずのアイフォーン6が、当然のごとく、売られておりました。
予約ではなく、実物の販売のようです。

iphone6 アイフォーン6、先行発売?

確か、中国では先日、販売の許可が下りたばかりなんですが、
既に路上で売られているというところが、いかにも中国。
しかもネットでこっそり売るんじゃなくて、店頭で堂々と・・・。
しかも、この店舗、アップルのマークつけてるし。

このあたりは、電子街で、こんな店舗がいたるところに、出現しています。
ただ、値段は、どんどん下がっているみたいですね。
現在の価格は、5880元、7580元のようですが、それは張り紙で、その下に、
うっすらと1万いくらという数字が見え隠れしている。

iphone6-1 こちらは5,999元「现货销售」だから、やはり現物売りのようです。

他も見てみるが、だいたい
アイフォーン6(16G)・・・・・・・・・6,000元(105,000円)くらい
アイフォーン6プラス(16G)・・・7,500元(131,250円)くらい
1人民元=17.5円で計算

ちなみに香港の正規値段が
アイフォーン6(16G)・・・・・・・・・5,588香港ドル(78,232円)
アイフォーン6プラス(16G)・・・6,388香港ドル(89,432円)
1香港ドル=14円で計算

香港の正規の値段よりは、3-4万円くらい高いのかな。

先日アイフォーン6の発売日に、日本のアップルストアに、中国人が押しかけてというようなことがニュースになっていましたが、なにも日本まで行かんでも、香港へ行って買ってきて、1時間電車に乗って、深センで売ればいいのだからいたって簡単である。

しかし、何もこんなところで買わなくとも、もう少し待てば、普通に買えると思うんですけど。そんなに待ち遠しいんでしょうかね。そのあたりの心理状態が、よくわかりません。

中国のメモリアルイベント

さて、この国慶節ですが、65周年に当たるらしく、この後、会社の近所を歩いていたら、ショッピングモールの壁面にこんな広告が。なにやら、メモリアル風に、新中国の歴史を振り返るような企画であるようだ。
新中国成立(1949年)から始まって、順番に読んでいくと、いきなり、こんなんが・・・
tibet 1951年 西蔵(チベット)
tibet2 開放って・・・・

さらに、そのとなり、あのきのこ雲は、広島の原爆の写真(なわけないか)とおもいきや?
bomb 1964年 核実験成功 こんなんがメモリアル?

さらに深圳の写真とともに、経済特区設立(1979年)があり、その向こうにこれが・・・
hongkong1997 1997年 香港祖国への回帰

回帰がおめでたいことであれば、どうして今、香港の学生たちはデモやってるんだろうか。

その他、関連する記事

street-sales27中国のフリーマーケット観察日記2007年4月19日
華強北といえば、電子街として有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げている。まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧あれ。
fashion-shenzhen (1)中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え2007年4月8日
たまに、ローカルの服装売り場に入ると、中国のマネキンに対して、違和感を感じてしょうがないときがある。リアルに作ろうとして、かえって不気味になるという、所謂「不気味の谷」に落ち込んでしまっている感じがするのだ。

 その他、関連する記事

  • 中国のフリーマーケット観察日記中国のフリーマーケット観察日記 路上の実演販売 先週末、深センの華強北に行ってきた。 華強北といえば、一般的には電子街としてつとに有名であるが、土日ともな […]
  • 中国電子街で偽Windows発見中国電子街で偽Windows発見 中国ではタテマエ上はないはずのものが、実際は存在することはままある。 売春しかり、偽札しかり。これなどもその内の一つなのかもしれない […]
  • 深圳エリアガイド ~360度空中パノラマで深圳を俯瞰深圳エリアガイド ~360度空中パノラマで深圳を俯瞰 飛び出す馬 一口に深圳と言ってもかなり広く、旧経済特区内だけを取ってみても、東の羅湖から西の蛇口まで40キロ近くあり(東京駅から […]
  • 華強北2007~中国の電子街を行く華強北2007~中国の電子街を行く カウンターで昼ごはんが、中国スタイル 深圳というのは、アイフォーンの工場をはじめとして、電子部品の工場が非常に多い。したって、パ […]
  • 中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え 深センのローカル度が高いエリアに行くと、地元の人間しか利用しそうもない、ファッションビル(服装市場)があって、我々外国人にとっては […]
  • 飛び降り騒ぎ 深圳羅湖にて飛び降り騒ぎ 深圳羅湖にて 見上げる野次馬たち 昨日、うちの会社の近所で、ある事件があったので、その時の様子を以下、少しだけ。   […]
  • 踊る中国人 踊る中国人   ラテンダンス(拉丁舞) ノリノリです。 日本人が中国へ来て、驚くことはいろいろあるが、中でも、中国人のダンスにかける情熱のすごさに […]
  • 亀おとこ 農業銀行前亀おとこ 農業銀行前 最近、国貿周辺を、天秤棒に亀をぶら下げた男をよくみかけるようになった。 この日も、地下鉄国貿駅の出口、農業銀行の前に、迷彩服 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA