中国人の結婚式に参加してきました

wedding30

先日、中国人の結婚式(婚礼)に行って来ました。
今回、招待してくれたのは、うちの元講師で広東人の女性。
どうして自分のようなものに招待状が?(頭数あわせかな)と思わないわけではなかったが、折角なので参加してみることに。

中国人の結婚式に参加

式場は、深セン福田にあるホテル。
仕事のあと駆けつけて、予定通り、開始時間の6;00に到着しましたが
もちろん、時間通りはじまるはずがないのが中国。

wedding1

まずは受付
出席者名簿ではなく、なにか大きな寄せ書きのようなところに名前だけ書くと、すぐに中に案内される。こんなんでいいのかな?
しかも、祝儀も何も渡さなかったのだが(以前、本人には直接渡してはいるが・・・)
その代わり、引き出物のようなものは無いようだ。

祝儀は、一般的には普通の知り合いだと200元(4000円弱)程度とのことで、あとは、親しさに応じて、それなりになるようだ。今の中国の物価相場からすれば、かなり安い気もするが、中国人は、一般に友人が非常に多いので、このくらいで妥当なのかもしれない。
wedding2 受付

式場には、200-300人の来場者が

中は、思ったよりかなり大規模。
10人が着席できるテーブルが20台以上、200-300人は参加するようだ。
このあたりは、さすがに面子を重んじる中国人。新郎新婦ともに広東人なので、親類も多そうだ。
wedding13
wedding16

席は、あらかじめ決まっているというわけではなく、案内係に案内されるがままに「同学(同窓生)」のテーブルの一つへ案内される。
各テーブルには、「同学」「朋友」「親戚」などと分類されている。
wedding3

自分のテーブルには、中国人のグループ3人、2人と自分という感じであった。全体でも日本人らしき人間は、自分だけのようである。まあ、予想はしていたが。。

知らない人同士でいっしょにいるのは苦手で、しかも今回、まわりは全員中国人なので、余計に何をどうしゃべっていいかわからない。で、会話も当然、ぎこちない感じ。このテーブルは、元々が寄せ集めテーブルなので、しょうがないといえばしょうがないのかもしれない。

場内のスクリーンには、新郎新婦のなりそめから二人の小さな頃の写真まで、映し出されている。広東省の大学時代にしりあって、6年越しの付き合いで、ゴールにたどりついたのだとか。
wedding9 子供の頃
wedding12 大学時代?

給仕の方々が「ジュースはどうだ?」「ワインはどうだ?」とうるさいくらいに、飲み物を勧めてくる。てきぱき働いています。
wedding5 (2)
wedding5

そうこうしているうちに、客も次々と来場。
7;00をとうに過ぎた頃、席が8割方埋まったところで、ようやく、司会の男性登場。例によって、立て板に水のごとくしゃべります。

新郎、新婦の入場

と、しばらくして、新郎が台上に登場。
wedding18
すると、正面ドアにもスポットライトが当たり、今度は新婦が
wedding19
新郎が出迎えに行き、二人で入場します。
wedding20

司会者、二人について、簡単に紹介をする。
司会者が、新婦のおなかの膨らみのことについて触れたのか、場内から笑い声が起こっていました。本人からは、八ヶ月と聞いてましたが、やはり、かなりお腹が目立ってます。ていうか、何故、今頃になって披露宴なのか、よくわからないですが・・・(後から聞いた話では、市内の式場をおさえるには、1年前から予約しておかなければ無理のようですね。)
wedding22

一昔前の日本を思わせる過剰演出も

あとは、どんどん儀式を執り行います。
まずは結婚指輪(戒指)の交換。「指を戒め」ます
wedding23 

次はケーキカットケーキに隠れて新婦が見えない
wedding24 

シャンパングラスのピラミッドの上からシャンパンを注ぎます。泡たちまくりです。
wedding25 (3)

あらゆるプレイを試みる二人。今度は腕をクロスさせて、シャンパンをグイと
wedding26 

うーーん、超わかりやすすぎ!何か日本のバブル期を思わせるような・・・べたべたの演出。
中国人、こういう好きですね。

一通り、終了すると、今度はお父さんタイム
wedding27
右のお父さんが、スピーチをするとき、紙を見ながらされているのだが、持つ手が震えているのが、遠くからでもよくわかった。相当、緊張されている模様。

最後は恒例のブーケ投げ
でもちょっと変で、集まっているのは男性。これって普通、未婚の女性が受け取るものでは?
wedding28 (3) 

お待ちかねの食事タイム

これが終了すると、場内がにわかに暗くなり、ファンファーレがなって、お待ちかねの食事タイムです。(本当に腹へった)

給仕が、子豚の丸焼きを手にして、各テーブルに運びます。各テーブル、一匹ずつなので、子豚も25匹以上です。実に壮観。
wedding29 

給仕たちは、直接テーブルに運ばず、まずは場内をぐるりと練り歩いて、十分に子豚を見せ付けた後で、各テーブルへと配ります。心憎い演出です。

子豚(乳猪)の丸焼きwedding30 

やはり、中国のおめでたい席では、これなくしては始まらないという感じなんでしょうかね。

やはりインパクトがすごく、これには中国人もびっくりです。

表面のぱりぱりしたところをいただくようです。北京ダック同様、薄い小麦の皮に巻いて食べる感じ。
脇のメニュー(菜単)を見ると「满堂喜庆」(鸿运乳猪全体)と書いてあって、由来のようです。会場にいるすべての人(满堂)が、めでたい(喜庆)ようにという意味らしいです。
wedding38
メニュー(菜単)の一つ一つに、幸せに通ずるような由来がついているようで、丹念に見ると、なかなか面白い。

とりあえず、以下、いくつか紹介。

メニュー(菜単)よりいくつか紹介

龙凤呈祥(芝士牛油焗龙虾)
ロブスターのバターチーズ蒸し。これは割とおいしかった。
龍や鳳凰(龙凤)といったものが、めでたいものを呈する(呈祥)ということで、ロブスター(龙虾)は、縁起をかつぐには、もってこいの存在であるようです。
wedding31 

大展宏图(锦绣四宝翅)
いわゆる、ふかひれ(鱼翅)スープ。遠大の計画(宏图)を広げる?(大展)wedding33 

财源滚滚(碧绿红豆扣鲜鲍)
あわび(鮑魚)にエメラルドグリーンの小豆(碧绿红豆)をあえたもの。財源がぐんぐんと湧き出てくるというイメージでしょうか。wedding34 

フカヒレにしろ、あわびにしろ、正直、あまりおいしいものとは思えないですが、とりあえず、こういった席では定番のようです。

如鱼得水(清蒸海石斑)
「如魚得水」水を得た魚のごとし。自分と意気投合できる人と出会うことが出来たという意味。wedding35 

あとは、チャーハンだの、ロースとダックだの、どんどん出てきますが、正直、この人数(5-6人)では食べきれないです。10人くらいいてちょうどいい感じでしょう。ちなみに全部、回転式の中華テーブルで、わけあって食べる方式です。

しかも、となりの人も早々と帰ったし、黙々と食べて、黙々と写真をうつしてという感じで、全然落ち着かない。まあ、結婚式の食事なんて、その程度のもんなのかもしれませんが。
wedding32 子豚の背中も無くなって

しかも、自分がトイレにいっているときに、新婦がテーブルに回ってきていたようで、挨拶をするきっかけが無くなってしまった。しょうがないので、自分の方から、新婦の席まで行って、とりあえず、本人に「おめでとう」だけ言って帰らせていただきました。まあ、今回は、それで目的は達成と。

とりあえず、ご本人には、本当に幸せになっていただきたいと思います。

wedding40 
親戚の人たちと「闹新房(ナオ・シンファン)」へ向かう為の車?デコレーションもバリバリです。

その他、関連する記事

ladingwu1踊る中国人 2014年11月30日
中国へ来て、驚くことはいろいろあるが、中でも、中国人のダンスにかける情熱には、圧倒されている。社交ダンス(交际舞)からラテン(拉丁舞)エアロビクスにヒップホップと・・・・彼らのダンスにかける情熱は、とどまるところを知らない。
street-sales27中国のフリーマーケット観察日記2007年4月19日
華強北といえば、電子街として有名であるが、土日ともなれば、路上のそこかしこに、にわか商店が出没し、フリーマーケット状態になっている。そこでは商魂たくましい輩たちが、華麗に販売合戦を繰り広げている。まさにこれこそ商売の原点。とくとご覧あれ。

 その他、関連する記事

  • 今どきの中国の子ども今どきの中国の子ども  昼休み 談笑の図 うちの語学教室の向かいに、中国ローカルの子供の習い事教室(兴趣班)がある。 お習字、お絵かき、ピアノ、大正琴、英語 […]
  • 豚ちゃん ナイトウォーク豚ちゃん ナイトウォーク 豚ちゃん、夜の街に突如、出没 先日、夜八時ごろ、人民南路を歩いていると、前方に見覚えのあるシルエットが。 「あれは、も […]
  • 豚ちゃん 再び (撮れたて)豚ちゃん 再び (撮れたて) このところ、パソコンの調子が悪く、更新が思うようにいきません。 とりあえず、こんなんでもどうぞ。 まだ3月上旬だという […]
  • 広東の方言(粤・客家・閩南)と中国十大方言広東の方言(粤・客家・閩南)と中国十大方言 台湾総統、蔡英文(客家人)  さっそくトランプ氏と電話対談をはたす。 今回は、少し中国語の方言について、話してみる。 日 […]
  • 飛び降り騒ぎ 深圳羅湖にて飛び降り騒ぎ 深圳羅湖にて 見上げる野次馬たち 昨日、うちの会社の近所で、ある事件があったので、その時の様子を以下、少しだけ。   […]
  • 中国の犬中国の犬 店の外で、主人をひたすら待つ 以前、自分の会社の近くが、愛犬家のたまり場になっているという話を紹介したが、道を歩いていると、その […]
  • 中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え中国深圳のローカルファッション市場 ~怪しいマネキンがお出迎え 深センのローカル度が高いエリアに行くと、地元の人間しか利用しそうもない、ファッションビル(服装市場)があって、我々外国人にとっては […]
  • アイフォーン6 やっぱり売られていたアイフォーン6 やっぱり売られていた   国慶節にはいりましたが、お隣り香港では、大変なことになってますね。 しかし、こちら深セン側は、いつもと変わらない、のんびりムー […]
  • 障碍者カラオケの夜障碍者カラオケの夜 昨晩、近所で、身体障碍者(残疾人)が、カラオケコンサートをやっていた。 「障碍者がカラオケ?」と思うかもしれないが、中国では […]
  • 大型台風22号について大型台風22号について 今年の日本は、例年になく、台風が多い年だったと聞いているが、広東省の方も、やはり、台風が多かった。 特に、9月の22号は、か […]
  • 1枚30元 車上バーゲン実施中!1枚30元 車上バーゲン実施中!  車上バーゲンセール 中国は自由が無いように見えるが、それは政治的な自由であって、その分経済的な自由は結構、許されている。(というか […]
  • 中国のフリーマーケット観察日記中国のフリーマーケット観察日記 路上の実演販売 先週末、深センの華強北に行ってきた。 華強北といえば、一般的には電子街としてつとに有名であるが、土日ともな […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA