11月11日「独身の日」は、いつから「爆買いの日」になったのか? 

もう過ぎてしまったので、言ってもしょうがないかもしれないが、先日11月11日に「双十一」の爆買いセールがあったらしい。

らしいというのは、中国人から言われて「ああ、そういえば、最近、あちこちに、11-11という文字を見かけたなあ(全然、関心なし)」と、今更ながら気がついたからである。

双十一(しゅあん・しーいー)」というのは、新暦の11月11日のことで、11がきれいに、ふたつ並ぶことから、そう呼ばれているが、現在は、なぜか、爆買いの日ということになっている。

毎年恒例のアリババ(阿里巴巴)のセールでは、11月11日、一日だけで、2000億元(3兆円超)売上げたというから、恐ろしい話である。

まあそれはいいのであるが、11月11日といえば、独身の日(光棍节/ぐあんぐんじえ)じゃなかったっけ。」ということである。

独身の日というのは、11月11日が、独身をイメージさせる、光棍(ぼう)の「1」が4つ並ぶところから、そう呼ばれていたはずであるが、そのマニアックな日が、いつから、爆買いの日になってしまったのだろうか。

写真・・街を練り歩く、11-11部隊  中国、お得意の人海戦術。

11月11日「独身の日」は、いつから「爆買いの日」になったのか?

そもそもの火付け役は、アリババ(阿里巴巴

11月11日のイベントは、もとはといえば、アリババ(阿里巴巴)が、「独身の日セール」と称して、ネットショッピングの楽しみを提供することで、独身者を励まそう?!というコンセプトで、2009年に始めたものらしい。

『励まそう』というのが、上から目線で、余計なお世話な気がしないでもないが、まあ、そもそもは、そういう、企画だったということである。まあ中国も、今や3000万人もの男性あまり社会らしいので(ほんとかな?)、方向性としては、あながち間違ってはいないのかもしれない。

しかし、そのアリババの独身セールが、意外にも、盛り上がってしまった。2009年の売上高が0.5億元、それがどんどん倍々ゲームで膨れ上がり、今年2018年に至っては、2000億元と、初年度のざっと4000倍にも達している。

もちろん、この時期は、ネットショッピング(网购/わんごう)自体が爆発的に増えた時期でもあるので、当然といえば当然であるが、それにしても、中国人の消費パワーたるや恐ろしい。

そして、この現象を、じっと指を加えて見ているような中国人はいない。他が儲かっていると聞けば、必ず真似ようとするのが、中国人のサガである。

「アリババだけに、独り占めさせてなるものか。」と、「京東」とか「苏宁易购」などの、他サイトも、一斉に便乗し始め、国民的なイベントに発展してしまった。

そうなるともう「独身の日(光棍节)」というネーミングでは、マニアックすぎて無理がある。呼び名も「双十一」と格好よくして、買い物の日と、再定義し直した、くらいの流れではなかったかと、勝手に推測している。

写真:中国ZARAにて。ネットショップのみならず、一般店舗も11-11セールをしているところもある。ただ、それほど盛り上がっている感じはないが。

時期的にも好都合

しかも、時系列的に見ると、この時期というのは、売り手側にとっては、都合がいい。

なぜなら、ちょうど、この時期、中国には大きなイベントがなく、中秋節、国慶節をすぎると、旧正月まで、4ヶ月も消費の空白期間ができてしまうからである。

途中、ハロウィーン(万聖節)、クリスマス(聖誕節)、元旦があるが、中国では、西洋のお祭りは、今ひとつ盛り上がりに欠けるので、消費が盛り上がらないのである。(たぶん、日本より盛り上がってないと思う。)

消費マインドをくすぐる割引がいっぱい

ちなみに、以下は、大手ネットショップの、京東商城(じんどん)のサイトであるが、こんな感じ。

光棍(独身)という言葉は、もはや、微塵もない。そのかわり「狂歓節(カーニバル)」と称して、いろんな割引きセールをしている。

11月11日に限らず、11月中ずっと「今日秒殺」と称して、毎日、朝、昼、夕、夜と四回、バーゲンをしているようである。「秒殺(みゃおしゃー)」は、文字通り、秒殺で品物が無くなってしまう目玉商品のことで、早くクリックしたもの勝ちである。

あと「毎満199元減100」というのは、199元分購入するごとに、100元引き、ということになる。例えば、200元購入すると100元になるので、実質50%OFFということになるが、もちろん、全商品ではなく、商品によって、割引率は違うようだ。

また、いろいろな割引の形があって、消費が次の消費に連鎖するような仕組みになっていたりするらしい。ただ、中国人のほうも、案外冷めていて、だいたい事前に買うものは決まっていて、時間になったら目玉商品を、ピンポイントで買ってしまうとか、そんな利用の仕方らしい。

 

というわけで、話をもとに戻すと、「11月11日が、最近、独身色が弱まってきたなあ」という話であったが、「独身の日」と言ったところで、そもそも独身者に割引が適用されるわけでもなく、ありがたいのか、ありがたくないのか、さっぱりわからない祭りだったので、別にそれで良いと思う。

ちなみに、ある日本人の話では、11月11日は「」の日だということである。こっちのほうが、日本人にとっては、しっくりくる気がしないでもない。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA