元宵節 湯圓&ライオンダンス

yuanxiao4
ジャッキーチェン

昨日21日は、旧暦の正月15日で元宵節という中国の伝統的なお祭りだったらしい。

元宵節といえば、何はともあれ湯圓(タンユエン)
湯圓(タンユエン)というのは、要するに団子のことであるが、もち米に小豆、ごまなどで作った餡を入れてつくったもので、宋の時代以来、団子を食べる習慣がずっと続いているのだとか。
道理で、スーパーマーケットに行くと団子ばかり目についたわけである。

yuanxiao1 湯圓(タンユエン)コーナー

yuanxiao3 有名人をフューチャーしたパーッケージが多いようである。黒ゴマ、ピーナッツ、豚肉などの種類がある。

元宵節にこの湯圓が食べられる由来は、「元宵」の「元(ユエン)」と「湯圓」の「圓(ユエン)」が発音を同じくするところからと言われている。
また、「湯圓」の「圓(ユエン)」と「家族団らん」を表す「団圓(トゥアンユエン)」をかけて、一家円満を願って家族揃って食べられるのが慣わしとのこと。
その湯圓(タンユエン)であるが、スーパーに行けば、年中売っているので、別にわざわざ、この日に食べなくともいいのであるが、折角だから、ちょっと紹介。

yuanxiao5 黒ゴマいり湯圓

ちなみに、広告の女性は張怡寧という卓球選手。
アテネオリンピック金メダリスト。中国では卓球は人気スポーツであるからして、こういう広告にも起用される。(日本では卓球関係者以外は知らんだろうが)

まあ、それはよしとして早速食べてみよう。

yuanxiao6
取り出すとなるほど、ピンポン玉そっくり。道理で卓球選手の起用となるわけである。

yuanxiao8
鍋に入れてゆでるだけ。ただし、ゆですぎ注意。
長くゆですぎると、破裂してしまい、鍋の中がハチャメチャ状態になってしまう。

yuanxiao9
できあがり。
これなら自分のようなずぼらな人間でもできそうだ。

外に出てみると、街は、ささやかにライトアップされている。

yuanxiao10
商店街はかくのごとくライトアップ
yuanxiao11
ある店先に灯篭、ランタンが吊るされる。

先日、通勤途中、通りがかりに以下のような準備がされていた。
たぶん獅子舞い(ライオンダンス)の練習だったのだろう。
yuanxiao13ポール、この上に獅子が乗って、移動するための足場である。

yuanxiao14獅子舞の首

yuanxiao15演じ手の若者たち

これが実演になると以下のようになる。かなり危険に感じるが・・・

YouTube – Lion Dance Montage 1

元宵節の日、旧暦の新年の初の満月の日である。

yuanxiao16
yuanxiao17

写真は20日の月である。ほぼ満月といったところか。
暦というのは本当に、月の満ち欠けに基づいているものなのかと感心。

中国の節句 その他の記事

tangyuan8湯圓(タンユエン)いろいろ 2008年2月22日
一口に湯圓(タンユエン)といっても、その種類は非常に豊富のようだ。以下、ある中国人事務員さんからいただいた湯圓の写真があまりにきれいだったので、アップしてみる。
旧正月を中国で過ごしてみる ~中国の紅白、年越し餃子など 2017年1月28日
旧正月の大晦日の晩、中国では一家そろって「年夜飯」を食べる風習がある。北は餃子、南は団子とかで、さながら年越し餃子、年越し団子といったところか。その他、いわゆる中国の紅白「春晩」など。
mooncake-haagendazs中秋節の月餅商戦、始まる 2015年9月9日
旧暦の8月15日は中秋節。満月の夜、月餅(ムーンケーキ)を家族と一緒に食べるのが中国の伝統的習慣。しかし、そんなコンセプトとは裏腹に、月餅に参入する業者は後を絶たず、月餅商戦は加熱する一方。「黒月餅」は社会問題にもなった。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA