香港デモ ~旺角で小競り合い

mongkok2

バスもこんな感じ

連休中、ちょっと香港までいってきた。

何もすることがなかったのと、10月は居留許可の更新があって、パスポートが一ヵ月も拘束されてしまうから、その前に行っておこうと思ったこともある。

いつも通り、MTR東線、旺角東(モンコクイースト)駅を下車して、そのままアーガイル道を旺角中心部に進んでいくのはいいが、やはり、ネイザン道とアーガイル道の交差点で、小競り合いがあって、大勢の野次馬が取り囲んでいる。
人が多すぎて、近寄れない。時々、ゴーアウェイ(出て行け)等の合唱が起こったり、拍手がおこったりする。

というわけで、以下、とりあえず様子の一部。

mongkok1

二階建てバスも張り紙だらけmongkok2
mongkok3

mongkok4
地下鉄の出入り口の上から中継mongkok5
バス停?はメッセージボード状態。mongkok6

ゴミ箱は一箇所に集められている。mongkok7

交差点付近の宝飾店。デモを横目で見ながら、シャッターをあけたりしめたりmongkok8

ただ、交差点以外、旺角の繁華街は、普段とほとんど変わりなく営業。意外とみんな、冷静という印象。

家に帰ってから確認。これのことですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000102-san-cn
親中派?デモ隊に暴行 負傷131人、混乱拡大 香港
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000000-mai-int
<香港デモ>住民と衝突…学生側「政府との対話棚上げ」

自分がいたときは、小競り合いだったんですが、その後、エスカレートして流血の事態まで発生。梁振英長官が「デモ派も反デモ派も落ち着け!!」と声明を出すに至ったと。

しかし、周りのおっさんらが、ゴーアウェイ(出て行け)といってたのは、警察に対してではなく、占拠している学生に対してということだったんですね。警察は、単に両者の仲介をしていただけと。

反デモ派というのが、単なる一般市民なのか、親中派やマフィアのような団体が関係しているのかはわかりませんが、ただ、いえるのは、デモを苦々しく思っている連中も結構、存在しているということ。
実際問題、香港経済界にしろ小さな商店にしろ、こんなことが長期化したらたまらんわけで。しかも、国慶節期間中は、日頃から、彼ら香港人が馬鹿にしている大陸人の観光客が、ワンサカくるかきいれ時なのである。いくら大陸のことを悪く言ったところで、香港の現在の繁栄は、所詮、大陸あってこそというのが現実なんですよね。理想を言ったところで、現実には逆らえまへんと。

しかも、旺角や銅羅湾の繁華街の商店とは、直接関係ないんだから、なおさらである。
「君たち学生が訴えるべきは政府なんだから、一般人を困らせる道理はない。政府の前で座り込みでも何でもしてりゃいいんだ。」と、そんなところじゃないんでしょうかね。

香港旺角 周辺図

香港散歩 その他の記事

occupy-central29香港デモ~政府庁舎あたり2014年10月3日
旺角のあと、さらに政府庁舎まで足を運んでみることに。地下鉄でセントラルに移動してみると、バリケードで大通りが封鎖されているためか人影もまばら。とりあえず政府庁舎のある方向に歩いていくことに・・・
MTR-shangshui水客  2014年11月15日
上水といえば「水客」。日々、大陸側から水客が、この街に来ては、日本の粉ミルクや紙おむつといった製品を大量に大陸側に持ち帰って、売りさばくといったことが、ずっと問題になっている。一時期、地元民が製品を買えないという現象が起こり、デモに発展していたくらいである。
pet1通菜街 金魚ストリートを歩く2007年8月15日
女人街から北へ少し行くと、いわゆる金魚ストリートがある。金魚や熱帯魚などの魚を中心に、犬、猫、ハムスター、亀など、眺めているだけでも童心に返ることができる、そんな場所だ。

 その他、関連する記事

  • 香港デモ 旺角を占拠する学生たち香港デモ 旺角を占拠する学生たち 静かなる闘い 自分の就業許可も無事に下り、しばらくぶりにパスポートが手許に戻ってきたので、先日、一ヵ月ぶりに、香港に出かけてみた […]
  • 香港デモ~政府庁舎あたり香港デモ~政府庁舎あたり 梁振英もこの通り さて、旺角のあと、デモのことが気になって、政府庁舎まで足を運んでみることにした。 旺角から地下鉄で、とり […]
  • 香港デモ跡地を臨む BEFORE&AFTER香港デモ跡地を臨む BEFORE&AFTER   かつての勇士、近平ちゃん さて、久しぶりの香港。 用事を終えてから、小雨ふるなか、かつてのデモの主戦場、立法会前へ行って […]
  • 実は根が深い 香港と中国の確執実は根が深い 香港と中国の確執 清明節連休が終了しました。 清明節(旧暦の2月17日)というのは、先祖の霊を弔う日で、お墓参りにいって、お墓の清掃をしたり、 […]
  • 香港のおもろい広告香港のおもろい広告 広告は社会を写す鏡であると言われるが、香港の広告の印象を一言で言えば「おもろい」という言葉になるだろうか。 おもしろいではな […]
  • 香港深水埗 Ⅰ 香港の秋葉原を歩く香港深水埗 Ⅰ 香港の秋葉原を歩く 国際色も豊か 先日、香港に銀行のカードを更新するついでに、深水埗(シャムシュイポー)に寄って来たので、少し紹介してみる。 […]
  • 香港深水埗 Ⅱ 鴨寮街ナイトマーケット香港深水埗 Ⅱ 鴨寮街ナイトマーケット 夜になると俄然、怪しさを増すマーケット 次に、行ったのが、ナイトマーケットのある「鴨寮街」。 香港で一般的に有名なマーケッ […]
  • 水客水客 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA