香港北角ノースポイント界隈

denglijun

テレサテン(鄧麗君)

香港デモの跡地を見たついでに、ちょっと下町風情のあるところへ行ってみたいということで、香港島の北角へ。(写真を新しくしました)

 

地下鉄「北角」駅から歩いてみる

northpoint57

出発は、北角(ノースポイント)地下鉄駅出口

とりあえず、市場がありそうなところに向かって歩いてみる。
この日はクリスマスで休日ということもあって、インドネシア人のアマ(阿妈)さん?を街で、よく見かける。
northpoint50

northpoint43
northpoint40 こんなに着飾ってどこへ行くんでしょうか?

駅から歩くこと、2-3分で糖水道という道に到着。
northpoint53 (2)
糖水道を曲がると、通り沿いが商店街になっている。
「春秧街」というこの道は、いかにも香港的な雰囲気にみちあふれてます。

春秧街に到着

以下、ストリートビュー

マンションの一階の店舗脇からは、住民が出入り。
northpoint4

以下、いくつか店舗をご紹介。まずは果物屋
色鮮やかなフルーツが、所狭しと置かれています。
northpoint3
イロトリドリ
northpoint2
まあそれはいいんですが、このあたりの果物屋の並べ方のこだわり感、半端ありません。
富士りんご、台湾のスターフルーツなどが、お仏壇の供え物のごとく律儀に並んでおります。しかも、花壇のように、しっかりと区画整理されて。
並べ方にも、店主の性格が現れてしまうようです。

一方、下の果物屋は、日本から柿、台湾からは石榴、韓国から梨と、全部輸入物です。(中国産は無し)発泡スチロールにマジックで律儀に値段が書いてあります。
northpoint14
northpoint5 (2)
赤い電灯、赤い袋、赤いバケツとまっかっか。

次は、肉屋さん。こちらでは道端で肉を売ってます。
日本ではありえない光景ですが、中華圏では一般的です。
northpoint18
黄色の横断幕には、しっかりと、肉の出自を記しています。
「本店售卖之鲜肉来自香港政府持牌屠房」
(本店舗で購入している肉は、香港政府の屠畜場より購入しています。)
ウチの肉は政府のお墨付きだから安全ですよと。まあ、これが一番大切ですね。
毎斤(500グラム)18$(約270円)の値札。(1HKD=15円)
$、元と表示はいろいろですが、要するに香港ドルのことです。
northpoint12
お昼時なので、店員も適当に昼食をとってます。人目をはばからず食べるのが香港スタイル。

魚屋さんでは、業者っぽい男性が買い物をしております。
「和合淡水魚」この辺の魚は淡水魚なんですかね。
northpoint7

乾物屋さんは、となりの店が気になるのか、ちらちらと様子眺め。
northpoint10
northpoint13

写真をとっていると、突然、こんなのが進入してきたり

northpoint52
入庫中。ここが、トラムの基点の一つとなっているようです。

別のマーケットへ

こんどは、糖水道を挟んで、近くのウェットマーケットへ足を延ばす。
「渣華道行政大厦」という行政庁舎の1-3階が、いわゆる公設市場(ウェットマーケット)で、香港では、どこでも、こういった感じのようです。

まずは一階。(というか地階というのかな、香港だと)
狭い通路の両側に、魚屋と肉屋が、ハーモニカのごとく、ひしめきあっております。優柔不断な人間だと、目移りしてしまいそう。
northpoint34

ある魚屋で、近所の奥さんが海老を買ってます。売上げがたつと、親父の頭も輝きが増します。
northpoint29

northpoint26 海老、魚、烏賊、新鮮な魚介類が、氷の上に。
northpoint30 貝類もざっくりとこのとおり。
貝が呼吸しやすいように?底の浅い容器に入ってます。
ホタテ1只20元(「只」は一匹)斤は500グラム

こっちの魚屋さんでは、底の浅い、発泡スチロールに、チューブでエアを入れて、しっかりと魚の鮮度を保っております。魚が腹を出してプカプカと浮かんで・・・なんてことはあり得ません。
northpoint31
northpoint32

こちらは、店の親父が魚を解体中。魚を開きの状態にして、新鮮さをアピールしてます。
「純正魚肉毎斤28元」純正の鮫(サメ)の肉、500グラム28香港ドル(420円)というのが見えます。
奥の籠は、もちろん田鶏(蛙)です。
northpoint33

次は二階。
二階は八百屋さんが中心。一階の空気感(やはり、刃物で生き物を扱う商売は凄みがあります。)とはうって変わって、ゆったりした空気感が漂っています。
八百屋さんは、肉、魚屋と違って、例の赤い傘のついた蛍光灯ではなく、普通の白色蛍光灯を使用してます。やはり、扱うモノによって、蛍光灯の種類も変わってくるようです。
northpoint20
northpoint21
でも「銀川」って、確か中国内陸の都市(回族地区?)。そんな遠いところから仕入れなくとも、広東省にいくらでもありそうなもんですが・・・
northpoint24
たらいの中につけて野菜を切って、たらいの中につけてます。業務用かな。
northpoint25

最後に、エレベーターで3階へ。
マーケットの一番上は、フードコートと相場が決まっているようです。
northpoint36
昼時とあって、近所のおっちゃんらが、飯食ったり、だべったりしている。何か食べていこうかなと思ったけど、完全にローカルの雰囲気で、さすがに、これではちょっと近寄りがたい。

あとは、外の様子を少々。鹿児島。日本料理屋?あるいは茶餐厅?
northpoint37

香港では、こういった議員の写真をあちこちでみかけます。これは大陸側から来ると、新鮮です。
northpoint54

日本の貴金属回収屋さん。
northpoint55

メイド斡旋業者の広告。道理で、あちこちにインドネシア人を見かけるわけです。
northpoint61

ゴミ箱。分別も細かいです。
northpoint59

60HKD(9百円)の散髪屋
northpoint60

粤剧(広東オペラ)の劇場も

そうこうしているうちに、地下鉄の駅付近まで戻ってきた。
northpoint81
ふと見上げると、テレサテン(鄧麗君)の看板が。何か、劇場か映画館のような感じ。
northpoint71

ロビーの様子。
northpoint73
ここは新光戯院大劇院というホールで、粤剧(広東オペラ)を中心に、催し物をやっている模様。どうも、年配者が行くところのようである。テレサテンは、シニア層を中心に、今だに根強い人気があるようだ。

northpoint76
northpoint78

それでは皆様、良いお年を!


鄧麗君-何日君再來(含日文)-KTV – YouTube

香港北角駅 ストリートビュー

香港北角・春映街界隈マップ

香港散歩 その他の記事

shenmu文武廟あたりをぶらり散歩2014年9月9日
中秋節明けに、香港島の上環を散歩。途中、立ち寄ったのが、香港でも最古を誇る文武廟。館内は、薄暗く、むせ返るほどの線香のにおいが立ち込め、かなり荘厳な雰囲気。いわゆるパワースポットとして、ご利益の有りそうな雰囲気は十分である。
pet1通菜街 金魚ストリートを歩く2007年8月15日
女人街から北へ少し行くと、いわゆる金魚ストリートがある。金魚や熱帯魚などの魚を中心に、犬、猫、ハムスター、亀など、眺めているだけでも童心に返ることができる、そんな場所だ。
wantan香港上水マーケットをザックリと紹介2014年11月14日
香港のどの街にもある、区役所っぽい建物の下の部分は、大概ウェットマーケットになっていて、肉、魚、野菜、果物、乾物など、あらゆる食材が一同に会している。上階にフードコートがあったので、ワンタンメンと香港ミルクティーを注文してみた。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA