香港上水マーケット Ⅰ 魚市場を歩く

shangshui-market (138)
以下は、旧正月明けに、香港上水の市場に立ち寄った時のものです。
活気ある香港の魚市場の様子をご覧ください。
(写真を普段より、大きめにしてます)

香港上水のショッピングモールの玄関ホール。まだ旧正月明けということで、ちょっと華やいだ雰囲気が残ってます。shangshui-market (2)

花が咲き乱れていますが、こういうのは木そのものはリアルで、造花を木に装着する折衷タイプが多いようです。
shangshui-market (3)
shangshui-market (4)

さて、銀行に寄った後、たまに立ち寄るのがココです。「石湖墟街市」という公設市場(ウェットマーケット)香港のいたるところ、こういった公設市場があります。
shangshui-market (79)
地階が、魚、肉類
一階が、野菜、果物、乾物など
二階に、食堂
と、この順番も大体、決まっているみたいです。
マーケットは朝6;00~夜8;00まで、フードコートの方は、朝6;00~夜中の2;00まで開放してるって、すごいですね。まあ、全部が全部、営業しているわけでは無いのでしょうか。
shangshui-market (80)

では、入ってみることにしましょう。

水族館顔負けの香港の魚市場

まずは、魚です。魚は生き物を扱っているので、かなり見ものです。
こういったマーケットに入るとき、先ず、魚のぷんとする生臭いにおいが、鼻をついてきますが、慣れてしまうとどうってことなくなるのが不思議です。

ある店にて。
shangshui-market (11)

【動画】

ステンレス製の丸皿に一匹ずつ載って、ご丁寧に値札までついています。また空気のチューブで絶えず、エアを送り鮮度を保っています。これでは、魚が腹を上にしてプカプカなんてことはありえません。
shangshui-market (43)
個別に見ていきましょう。

「かき(蚝/牡蛎)」
shangshui-market (12)

ひらめ(多宝魚)
shangshui-market (13)
shangshui-market (44)
shangshui-market (46)
shangshui-market (45)

ハッポースチロール制の魚の名札と値札はこの通り
shangshui-market (47)

従業員も同時募集中!!
shangshui-market (9)

次の店へ

魚密度、高すぎ!!

鮮度を保つための工夫?なんでしょうが、こんな底の浅い水槽に入れられた日にゃー、魚も大変です。
shangshui-market (14)

貝やえびもこの通り、整然としてます
shangshui-market (15)

全景
shangshui-market (17)

蛙(田鶏)も、このとおり。飛び跳ねて逃げてしまうので、籠の中と。
shangshui-market (19)

亀?すっぽん?こちらは網で管理。
shangshui-market (21)

どうでしょう。この魚を見つめるまなざしのすごさ。
熱き女たちの戦いは続く。
shangshui-market (22)

shangshui-market (23)

海鮮食材も

以下、海鮮料理屋に行くとよく見かけるもの。
巨大なミル貝(象拔蚌) 確かに象牙のようですね。
shangshui-market (24)

シャコ(濑尿虾)、元気に手足をばたつかしています。
shangshui-market (25)

鮑(鲍鱼)です。1斤(約605グラム)76元(HKドルのこと)
参照斤 – Wikipedia 一言で斤といっても、各地でいろいろのようです。
shangshui-market (26)

タイラギ(帯子)
shangshui-market (36)

以下、海鮮の王様、ロブスター(龙虾)です。赤いのと、青いのがいますね。
shangshui-market (27)

花魁蝦?という名前のロブスター 青みがかった色が凄みが有ります。
shangshui-market (28)

イロトリドリの籠の中に、一匹ずつ魚が泳いでいる様は圧巻。
shangshui-market (31)

氷の上に魚を置いて、新鮮度を保ちます。一年を通じて夏が長い、香港ならではの工夫。
shangshui-market (18)

イカの表面が、電飾の光に反射してヌメヌメと輝いてますね。
shangshui-market (33)

それにしても、圧倒的な電飾の数。でも、これが魚の活きのよさを演出する道具として欠かせないんでしょう。
shangshui-market (34)

狭い空間をたくみに利用する香港の魚市場

一見すると、金魚すくいをやっているみたいですが・・・。魚屋の奥さんは、皆、同じ白いエプロンをしてますね。
shangshui-market (37)

袋やバケツは、すぐにでも手にとれるように、天井に吊るしています。狭い空間を効率的に利用するということにかけては、香港人は天才的です。
shangshui-market (38)

何の蟹かしりませんが、手足を結わえられつつ、水槽で泳がされてます。自由なのか、不自由なのかわかりません。
shangshui-market (39)

この店では、魚をすべて開き状にしています。
shangshui-market (5)

魚も余すところなく使うのが香港流、魚頭も貴重な食材です。
shangshui-market (6)

魚肉を練ったもの。魚肉団子のものになるのでしょうか?
shangshui-market (7)

魚がぴちぴちと跳ねて、いかにもいきのよさを演出しているのかな?
shangshui-market (41)
こちら、勢い余って【動画】

魚屋の女、ここにあり!といわんばかりの風格。
shangshui-market (42)
shangshui-market (49)

あまり長居して写真ばっかり撮って何も買わないと、彼らの商売の邪魔になるので、次に移動です。
shangshui-market (50)

上水周辺の地図

shangshui-map
香港上水マーケット Ⅱ に続く

香港散歩 その他の記事

shangshui-market (93)香港上水マーケットⅡ 八百屋・乾物屋ほか2015年7月9日
公設市場地階の魚・肉市場の上には、野菜、果物、乾物などの市場がある。こちらは、地階とはうって変わって平和な雰囲気。また、その上には、庶民のフードコートがあり、地元民の憩いの場ともなっている。
canton-road (32)香港九龍の裏町を歩くⅠ 上海街から広東道あたり2015年2月2日
九龍は、ネイザンロードを中心に「尖沙咀」「旺角」など、いわゆる有名な繁華街がひしめいている。しかし、ちょっと裏側へ回ると、一般庶民が普通に暮らす空間となっており、生活が息づいているのを感じ取ることができるだろう。
denglijun香港北角ノースポイント界隈2014年12月31日
香港島側にある下町、北角(ノースポイント)を訪問。二階建てチンチン電車が、人をかき分けて通る「春秧街」をはじめ、珍しい粤剧(広東オペラ)専門の劇場がある場所としても有名である。

 その他、関連する記事

香港上水マーケット Ⅰ 魚市場を歩く」への2件のフィードバック

  1. うにこ

    こんにちは、いつも楽しく読ませていただいています。
    元香港居住者(中大OB)で現在は時折深センに仕事をしに行っています。
    上水を含む香港での1斤は604.78982グラム=16両です。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%A4
    実はつい近年まで深センで国境を越えた途端に
    「1斤500g=10両」になるとは微塵も知らず、
    昨年商業城の海鮮レストランで蝦を注文するとき店員さんと鷄同鴨講になりました。
    中国では「半斤八両」という言葉はもうないのかな(;´∀`)??

    返信
    1. 老板馬虎 投稿作成者

      こんにちは。
      ご指摘、ありがとうございます。

      本当ですね。今まで全く気がつきませんでした。
      なるほど、中国大陸以外では、むしろ1斤=600グラム程度というのが主流であると。
      「半斤八両」ですが、今度中国人に聞いておきましょう。

      香港はたまに散歩に行く程度で、
      買い物といっても、肉とか魚とかハードな
      モノは買わないので、駄目ですね。

      また、ご指摘あれば、宜しくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA