香港上水マーケットⅡ 八百屋・乾物屋ほか

shangshui-market (93) 

久しぶりに香港へ。といっても上水だが・・・・・

いつものマーケットへと足を運んでみた。

(写真が多いので、多少時間がかかるかもしれません。)

イロトリドリの旬の野菜が勢ぞろい

今回は、2階(香港の1階に相当)を中心に攻めてみます。ちなみに、香港ではイギリス時代の名残からか、地階、1階、2階の順番です。

まずは八百屋。こちらは、地階(肉・魚)とは打って変わって、いたって平和な雰囲気です。

お馴染みの白物野菜、キャベツ、白菜など日本でもよく見かけるものばかり。shangshui-market (91)
shangshui-market77 (19)

こちらはβ-カロテンを豊富に含む緑黄色野菜
shangshui-market (93)
赤いかぼちゃと緑のかぼちゃの共演もshangshui-market77 (18)

カラフルな野菜が勢ぞろい。まさにより取り見取り。shangshui-market77 (20)shangshui-market77 (21)

shangshui-market77 (23)

慎重に品質を確かめる主婦shangshui-market (92)
財布の中身と相談しつつ、毎日の献立を考えるのも、主婦の腕の見せどころ。shangshui-market (85)

何故か、バナナが八百屋に どこかしら所在無げです
shangshui-market77 (24)

shangshui-market77 (25)

ごぼうです。長いにもほどがあるshangshui-market (90)

裏の方に回ると、こんなものが。小型の原子爆弾か?と思いきや、野菜です。 今回は、コイツ(冬瓜)がやたら目についた。おそらく今が旬なのかもしれない。
shangshui-market77 (27)

shangshui-market77 (28)

「小暑」とは、二十四節気の一つで七月七、八、九日あたりとのこと。shangshui-market77 (29)

この色彩感覚。画家も真っ青です
shangshui-market77 (31)

ゴールデン椰子?
shangshui-market77 (32)

漬物屋さん

何軒かではあるが、漬物屋さんもありました。漬物は地味ではあるが、はずせないアイテム。shangshui-market (97)

shangshui-market (98)

果物屋

中央エスカレーターをあがって右手に果物屋があるが、前を通ると「試食しろ、試食しろ」とうるさいことこの上ないので、じっくり写真を撮ることができない。また、全体的に暗いので写真がぼけてしまっている。というわけで以下、適当に。
shangshui-market (101)
サンキスト(新奇士)オレンジshangshui-market (104)

このあたりではバナナは吊るすものみたいです。
shangshui-market (107)
フルーツの上の棚には、カラフルな贈答用のバスケットshangshui-market (108)

 

乾物屋

2階のもう一方にあるのが乾物屋。10軒ほど集合している。
shangshui-market77 (37)
エスカレーターの上から撮影していると、思わずおばちゃんと目が合ってしまったり。
shangshui-market77 (15)shangshui-market (119)

とにかく、温かみのある丸い電球の光が印象的。乾物の色とマッチして、ノスタルジックな雰囲気さえただよっている。shangshui-market77 (36)

吊るせるものは何でも吊るす。空間という空間を埋め尽くすのがホンコン流。あと、一つ一つの瓶に律儀に、紅いラベルが張ってあり、ご主人の性格をしのばせる。shangshui-market77 (38)

其の他

野菜、果物、乾物以外にも、いろいろなものがあります。

パン屋(面包店)

shangshui-market77 (2)shangshui-market77 (3)

駄菓子屋

店のおばさん、お菓子の中に埋もれちゃってます。
shangshui-market77 (33)

shangshui-market77 (34)

服屋

食品の店に混じって、こんな服屋も。こちらはおばさん服専門。
shangshui-market77 (4)
こっちは子供服ですかね。
shangshui-market77 (5)

二階から外の風景
shangshui-market77 (35)

地階に下りてみる。

肉屋さん

外から、マーケットに入ると、まずこの肉屋の何とも生々しい臭いが鼻を突きますが、しばらくすると慣れます。
なお、この市場では基本的に、禁煙のようです。罰金は1500HKD(約23000円)
shangshui-market77 (1)

前回も書きましたが、とにかく売り物の種類によって、照明も使い分けられています。お肉屋さんは、赤と白の蛍光灯を適当に組み合わせるパターン。これが肉の色を引き立てる効果があるのでしょうね。
shangshui-market (62)

豚足(トンソク) 叩いたら音が出そう。
shangshui-market (77)
shangshui-market77 (42)
この辺りの肉屋は、長方形のどでかい包丁を使ってます。切るというよりは、ズドンズドンと、ナタをふち降ろすように、肉をさばいていきます。
shangshui-market (57)

こちらはいわゆる风爪(鳥の脚)
中国人は平気で食べますが、なかなか慣れませんね。
shangshui-market77 (41)

チャーシュー屋

同じ肉を扱う商売でも、生肉ではなく、ローストされたものを提供する店は、ちょっと雰囲気が違います。照明も、随分お洒落な感じです。
shangshui-market (66)
こんがりとローストされた豚まるごと一匹、長方形の包丁を使って器用に解体していきます。
shangshui-market (68)
鴨、鶏、チャーシューなどが、煌々としたライトでテカテカと光ってます。
shangshui-market77 (46)
shangshui-market77 (47)

店長お薦めと、ふむふむ
shangshui-market77 (48)

肉団子屋

個人的にはイマイチ好きではないが、香港人は、この肉団子がかなりお好きなようだ。
shangshui-market (53)
shangshui-market77 (43)
shangshui-market77 (44)
それにしても電飾の数が半端ないです。shangshui-market77 (45)

しかし、香港のマーケットは、大陸側と違って、写真を撮ろうという気を起こさせてくれる。やっていることは同じなんだが、何かが違う。風景が絵になるというか。

多分、衛生度や秩序の問題なんだろうなと思う。大陸のいわゆる菜市場は、基本汚いのだ。だから、自分は、どうしてもスーパーへ行ってしまう。

あと、写真だけではなくて、一度、何か買ってみたいが、いかんせん中国大陸に持って帰るときに、検疫があるのでしょうがないですね。肉や卵は駄目で、最近、聞いたところでは野菜も駄目だとか。なかなか厳しいです。

最上階のフードコートへ

このマーケットに来たときは、毎回フードコートに寄っている。

もう4時を過ぎていたので、人影もまばら。とりあえず、奥の方に行って適当に座ってみる。
発記」という店。香港は、何故か「〇〇」という店が多い(シンガポールとかもそう)。大陸には、あまりそういう店の名前がないので、華僑特有のものなのだろうか。

写真も何もない、漢字だけのメニュー。仕事用のレジュメみたいで、外国人としては、取り付く島がないが、でも、こういう風なのが、かえって香港らしくてよろしい。
shangshui-market77 (6)

しばらく、漢字とにらめっこしていたが、すぐにおばちゃんが来て、「セク・メェー(何食べる?)」とせかすように聞くので、しょうがなく「チャーハン」というと、「何たら、何たらチャーハンがあるよ」と広東語でいうので、じゃあ、それにしてくれと。

こういった茶餐厅(チャー・ツアンティン)というのは午後メニュー(下午茶)を用意しているので、おそらくそのうちの一つだろう。

しばらく待っていると、こんなのが、どーんと眼の前に

例の冷奶茶(アイスミルクティー)とチャーハン 33HKD(約500円)香港でこの安さ!
shangshui-market77 (8)

さすがに、これは食いきれないのではと思ったが、意外と食べられた。特においしいわけではないが、そこそこ食べられる。
長い粒のぱらぱらした米に、卵、チャーシューと塩辛い魚の粒が入ったごく普通のチャーハン。午後茶のCセットに「咸鱼叉烧粒炒饭(塩辛魚とチャーシュー入りチャーハン)」というのがあるから、おそらくそれだろう。
shangshui-market77 (10)

ごちそうさま。shangshui-market77 (11)

食い終わった頃、周りはこの通り。道理で、おばちゃんが、片づけで右往左往しているはずだ。shangshui-market77 (12)

鴨もこの通りshangshui-market77 (13)

香港上水周辺マップ

今回紹介した市場(石湖墟街市)は、香港上水駅から徒歩7-10分くらい。
場所的にはそれほど遠くないが、ちょっと奥まったところにあるので、意外と探しにくいかもしれない。 
地下鉄「上水」駅の、羅湖寄りではなく、ホンハム寄りの改札を出て「上水中心」という建物の中をしばらく歩き、その後、地上に降りると、広場をはさんで向かいにあります。(HSBCなどの銀行の真向かいです)
shangshui-map

香港散歩 その他の記事

shangshui-market (138)香港上水マーケット Ⅰ 魚市場を歩く2015年3月16日
中国大陸から最も近い香港の街「上水(シャンスイ)」中国からの水客が、大量の商品を買い出しに来ることでも有名です。以下は、旧正月明けに、上水の市場に立ち寄った時のもの。活気ある香港の魚市場の様子をご覧ください。
shangshui-market77 (65)香港上水マーケットⅢ マーケット周辺の風景 2015年7月11日
マーケットの周辺は、完全に香港老人たちの憩いの場と化している。カードゲームや路上将棋に興じるもの、ニンジンや大根など野菜の即興市を開くもの等、皆、静かに余生を過ごしているようだ。ちなみに、香港人の平均寿命は非常に高く、日本と世界一を競い合っている。
wantan香港上水マーケットをザックリと紹介2014年11月14日
香港のどの街にもある、区役所っぽい建物の下の部分は、大概ウェットマーケットになっていて、肉、魚、野菜、果物、乾物など、あらゆる食材が一同に会している。上階にフードコートがあったので、ワンタンメンと香港ミルクティーを注文してみた。
nightmarket-hk廟街ナイトマーケットを歩く2015年2月14日
いわゆる男人街「廟街」は、ナイトマーケットで観光スポットともなっている。その怪しげで猥雑な空間は、ある意味、もっとも香港らしい場所ともいえるかもしれません。
shamshuipo (5)香港深水埗 Ⅱ 鴨寮街ナイトマーケット2015年8月15日
深水埗シリーズの続き。次に行ったのが、ナイトマーケットのある「鴨寮街」。香港で一般的に有名なマーケットといえば、廟街、女人街あたりになるが、こちらはぐっと庶民派。とはいえ、一種、夜店のお祭り的な雰囲気もあって、見ているだけでも結構、楽しい。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA