HSBC香港で口座をつくってみる

hsbc

私事になりますが、2008年暮れ、リーマンショックさめやらぬ中、香港へ出かけてHSBCへ行って口座を開きました。以下、自分なりにHSBCの口座開設について、まとめてみました。
(写真はHSBC香港本店)

HSBC本店ではなく上水支店で

口座を作りに行ったのは、有名なセントラルの本店ではなく、中国から最も近い上水(シャンスイ)駅前の支店です。
実は、最初、本店に行きましたが、あっさりと門前払いされました。何か必要なものがあるようなんですが、早口の英語だったので何が駄目なのかよくわからず、しょうがないので、深センから一番近い上水支店で、口座をつくりに行ったのですが、こちらでは結構、あっさりとつくれました。

HSBC-shangshui 
上水支店入口

自分は、一人で行きましたが、HSBCの職員は当然、日本語は出来ないので、英語か中国語(普通話か広東語)がそこそこできるか、あるいは両方とも自信が無いという方は、中国人の知り合いについていって、もらえばいいのではないでしょうか。自分は、普通話でなんとかなったようです。

とりあえず、必要なものはパスポートと、住所が確認が出来るものということで、自分は、住所確認に、賃貸契約書をもっていきました。職員は、賃貸契約書の全部をコピーしていたようです。

その時は、とりあえず、適当にお金を入れて、とりあえずスマートバンデージ口座(現パーソナルインタグレーテッド)を作りました。グレードアップは、特に言わなくとも、その基準値を上回れば、勝手に向こうから勧めて来ます。
また、余談ですが、香港人職員が、中国語で自分の住所等を入力するとき、結構、苦労してたようです。彼らは、ピンイン入力が苦手なようで、たまに、自分が教えてあげるという始末。
基本的に香港人は、普通話は話すことはできますが、正確なピンインを覚えているわけではないようです。
また、安全装置(セキュリティデバイス)は、後日、郵送されてきました。コレがないとログインできません。

HSBC上水支店の地図

HSBC上水支店ですが、MTR上水駅、紅ハム寄りの改札口を出て左手の「上水中心」のビルを中に進んでいって、ホールのようなところを地階に下りたところにあります。この並びに、「東亜銀行」「スタンダードチャーター銀行」などが並んでいます。

以下、自分なりにまとめてみました。

口座の種類

グレードによって差別化しております。支店とかに行くと、スマート何とかは長蛇の列になっていて、アドバンスはそれよりはマシ、プレミアは待たずに使えるみたいな感じになってます。
このあたり、日本の銀行なんかと違って、露骨な感じですね。合理的といえば合理的なんでしょうが。

HSBCでは、最低預け入れ金額を下回ると、口座維持手数料なるものがかかりますので、注意が必要です。日本では考えられませんが、休眠口座は、その存在自体、管理に手間がかかるだけで、銀行側からすれば、何の利益にもならないどころか、管理に手間がかかるということなんでしょう。放置しておくより、クローズしてしまうほうが、合理的ということですね。ちなみに、実際、銀行側にとってプレミア以外の口座は、ほとんど利益に貢献していないという話も聞いたことがあります。
しかし、使うほうも口座維持手数料を払ってまで、HSBCにこだわる必要もないと思うのですが、どうなんでしょう。

口座の種類 基準残高 口座維持手数料
パーソナルインタグレーテッド(旧スマートバンデージ) 1万HKドル HK$60/月
アドバンス(旧パワーバンデージ) 20万HKドル HK$120/月
プレミア 100万HKドル HK$380/月

インターネットバンキングを利用する

security-device
安全装置(セキュリティーデバイス)

ログインするには次の三つを入力する必要があります。
ユーザーネーム
パスワード(暗証番号)
セキュリティコード(安全装置の番号)

またセキュリティ上、同じページを開きっぱなしにしておくと、5分ぐらいもすると、自動的にアクセスできないようになっています。結構、早いです。
表記は英語と中国語(簡体字、繁体字)。自分は、いつも中国語で操作しております。中国語が読めない人でも、漢字なのでなんとなく意味は分かるし、一度、意味をつかんでしまえば、使いやすいです。

マルチカレンシー口座

マルチカレンシー口座なので、米ドル、日本円、ユーロ、何でも購入することが出来ます。よく香港人が窓口で、日本円を持ち込んでたりするのを見かけますが、香港人にとってはそれが普通なんでしょう。
ちなみに、人民元口座だけは少し別で、自分は香港IDを持っていないということで、人民元の口座だけは作ることが出来ませんでした。(まあ、中国本土に、人民元口座はあるので別に構わないんですが)

ちなみにHKドルの普通預金では、ほとんど利息はつかないですので皆さん、さっさと投資しましょうねということなんでしょうか。その点、金融商品を購入する時、HKドルは米ドルとほぼ固定しておりますので、為替リスク無しに投資できます。

投資するには?

HKstock-exchange 
香港証券取引所

投資については、通常の口座とは別に、投資用口座を別途、作らなくてはならません。自分は一応、中国株の口座をつくりましたが、アメリカ株なども、別途作らなければなりません。
中国株については、香港市場に上場しているすべての銘柄について購入が可能。
香港で投資をするメリットとしては、キャピタルゲイン課税が原則ゼロということがあるかと思います。これは非常に大きいです。(日本は20%課税)

ただ、香港HSBCは手数料が高いらしいですので、頻繁に売買をするような人は、香港にある他の証券会社(海通証券(旧大福))に新たに口座を開いてみるのも手だと思います。逆に、そんなに頻繁に売買しない人であればHSBCで十分と思います。

あとは、各種ファンド、金、保険など購入できるようになっていますが、よくわかりません。

日本在住者がHSBCで口座を作るには??

日本から最も近いオフショアとしてHSBC香港は常に注目されており、わざわざツアーを組んで口座を作りに来る人までいるくらいですが、作れるかどうかということは、いろいろなファクターによって左右されてしまうので、実際にやってみなければ分からないようです。
年々、その基準が難しくなっているという話ですが、やってみたら案外簡単だったということもあるようです。まあ英語か中国語(普通話か広東語)が、できたほうがいいということはいうまでもありません。
【近年、富裕層のキャピタルフライトを阻止すべく、日本はじめ各国がオフショアに対して厳しい目を向け始めているようですので、年々、口座開設は厳しくなっていくのかもしれません。というよりも逆に海外口座をクローズさせる動きが活発化するかもしれません。】

しかし、よく耳にするのは、折角、口座を作ったのはいいが、作りっぱなしで、口座維持手数料を引かれたりしているうちに、クローズされてしまうというパターンでしょうか。
これでは何の為に、香港まで行って、高い仲介手数料を支払ってまで銀行口座を作っているのかわけがわかりません。(はっきり言って、口座を作るだけで、業者に20-30万円も支払うのは、馬鹿馬鹿しいです。)
結局、何の為に、HSBCで口座を作るのかということを、明確にしてから、香港まで来るべきだと思います。

HSBC以外の銀行

hangseng 
恒生銀行(ハンセンバンク)
別に、香港に銀行口座を作りたいだけなのであれば、HSBCにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。
香港人がよく利用しているものとして、以下のような銀行があるので、HSBCが駄目だった場合、チャレンジしてみてもいいと思います。
〇スタンダードチャータード
〇恒生銀行(ハンセンバンク)
〇東亜銀行

中国で暮らす その他の記事

日本人旅行者は、中国で銀行口座が作れない!?  : 2017年6月19日
先日、日本人の知り合いが、旅行に来たときに、中国で銀行口座を作れないか?というので、一緒に、銀行まで出かけたが、結構、大変だった。どの銀行も、判を押したように「できない。」というそっけない答え。しかも、態度はかたく、ほとんど即答という感じ。
bank-account中国で人民元口座をつくる 
中国で生活する時に、必要になるのが、銀行口座でしょう。また日本在住の方で、中国の銀行に人民元で預金口座を持ちたいと考える方もいるかもしれません。ここでは、中国での銀行口座開設と利用方法について、少し説明してみます。
E-city2ストリートビューでバーチャル中国旅行してみる2015年5月12日
以前「話を聞かない男、地図が読めない女」という本があったが、中国人の場合、道がわからない時、他人に聞く人が多かった。しかし最近、若い中国人を中心に、スマホの画面を見て、目的地を探す人が増えてきているようだ。以下、グーグルマップの中国版のような地図サイトを紹介してみる。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA