ストリートビューでバーチャル中国旅行してみる

E-city2

乞食もそうであるが、中国で道を歩いていると、道を聞かれることもしょちゅうである。
「中国人が、外国人に道を尋ねてどないするねん?」と思いつつ、一応、案内はしているが、彼らは、どうして地図というものを見ないのだろうか?
中国人は、前もって地図で丹念に調べたりする人は少数派で、大体の場所がわかれば、あとは、現場で人に道をきいてしまうことが多いようである。自分で地図をみるより、他人に聞いてしまったほうが早いということなのだろう。

昔「話を聞かない男、地図が読めない女」という本があったが、中国人の場合、地図を読まないのか、読めないのか、よくわからない。でも、ウェブサイトを見てみると、グーグルマップの中国版のような地図サイトが結構あるので、以下、少し紹介してみよう。

テンセント(腾讯)版ストリートビュー「SOSO街景」を使ってみる


中国でもグーグルマップは一応、使えますが、国産の地図も、かなり進化が著しいです。
以下のサイトは、中国初の合法的ストリートビューとのことで、「街景」と言う項目をクリックするとストリートビューに移行します。マンションの洗濯物まで見えます。

http://map.qq.com/ 腾讯地图

色々な、機能がついているようであるが、機会があればまた紹介してみます。
上の写真は、深セン羅湖にあるうちの会社の近所で、スターバックスやウォルマート等がある広場。ひょっとすると自分自身が歩いているのでは?と思うくらい臨場感があります。

携帯の場合は、以下をインストールしなければ、駄目なようです。
http://map.qq.com/mobile/ 腾讯地图モバイル版

これを使えば、中国国内であれば、どこへも生きたい放題。といっても所詮バーチャル旅行ですが・・・。使い方は、グーグルストリートビューと同じような感じで、画面上で左クリック押しながら、グリグリすればイロイロ動きます。

北京天安門広場

香港銅鑼湾そごう前

桂林陽朔

中国各地のストリートビュー まとめ
http://map.qq.com/jiejing/city.html#city=beijing

E都市 シムシティ感覚の3D地図

E-city
シムシティ感覚の3D地図もいくつかある。
http://sz.edushi.com/ E都市
3D地図が売りですが、普通の地図に切り替えも可能。また、他の都市の切り替えも自由にできます。(写真クリックでサイトに移行

パノラマサイト

360-panorama
以下は、深センの南方都市報という新聞の写真サイト。
地図ではないが、いくつかのテーマに沿って、360度のパノラマ写真が楽しめるようになっている。
http://nd.oeeee.com/mnews/360/ 南都新聞360
写真は、ウクライナの美少女によるコカコーラのイベントの模様。(画像クリックでパノラマになります。

中国で暮らす その他の記事

air-pollution-beijing1中国の空気汚染をリアルタイムで見れるアプリ2015年4月17日
中国の大気汚染状況をリアルタイムで、観測できるアプリケーション。お馴染みPM2.5をはじめとする汚染物質の濃度を数量化したデータを、北京、上海など中国各都市ごとに、ほぼリアルタイムで把握することが出来る。中国在住者はもちろんのこと、そうでない方にとっても、興味深いアプリ。
ikea11中国イケアと中国人のマナー2015年5月16日
中国でも、お馴染みのイケア(宜家)。深センにも一軒あり、休日ともなると、付近の中国人で大盛況のようだ。しかし、寝具の展示場で本当に寝てしまったり、年寄りのお見合いパーティの場所になったりと、中国ならではのマナーの問題が絶えない様子。そんな中国のイケアを紹介してみる。
guilin4桂林山水甲天下 社員旅行で桂林へ2007年12月9日
当初、桂林旅行の話を聞いたとき「うちの会社が桂林旅行?なんと太っ腹な」と思ったが、その内容たるや週末を利用してのたった2日間の強行軍。中国人ツアーに混じって、往復バス(片道10時間)での移動は、結構きつかったが、よい体験となった。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA