中国でのVPNへの接続について

中国ではLINEは使えないはずだが・・(中国マクドナルドのカウンターにて)

なにかと勝手が違う中国生活。中でもとまどうのが、やはりインターネット環境ではないだろうか。

ご存知のように、中国では国家が通信規制をしているので、日本で当たり前のように使えたサービスが使えない。例えば、フェイスブック、ツイッターは、使えないし、YOUTUBE、ニコニコなど動画サイトも見れない。グーグルのサービスは、一応、使えるが、使いものにならないことが多い。などなど

もう、それだけで、凹んでしまう人も多いだろう。しかし、諦めてしまうのはまだ早い。日本と同様のインターネット環境にする方法がある。それが、VPNである。

中国でVPNをつかってみる

「そもそもVPNって何なの?」ということであるが、Virtual Private Network(バーチャル ・プライベート ・ネットワーク)の略語らしいが、システム的なところはさておき、中国でネット生活を送る上では、もはや必須といえるかもしれないものである。

ちなみに、自分の場合、こうやって、何気なくブログを書いたりしているが、実は、これは、VPNがなければ、なし得ない作業なのである。例えば、VPNなしで、ブログソフトを使って書いていると、途中から、どんどん重くなって、作業が進まなくなってしまうし、そもそも、ユーチューブを見れないのであるから、動画の紹介だってできないのである。

そのときに、自分のネット回線を、通常回線からVPN回線に切り替えて、中国環境を日本環境(あるいは別の第3国環境)にしてから、作業をするわけである。

まあ、別に自分のように作業をしなくとも、普通のユーチューブくらいはみたいだろうし、フェイスブックだって更新したいという人は多いはずである。

というわけで、以下、VPNの設定方法について、ざっくりではあるが書いて見ようと思う。

まずは業者に連絡

とりあえず、VPNの業者に連絡をして、契約をしなければならない。VPNの業者はいっぱいあるが、まあ、適当なものを探せばいいだろう。値段の方であるが、大体、半年で400元くらい(一ヶ月あたり60―70元くらい)と、非常にリーズナブな価格設定となっている(1元=17円くらい)。ネット回線で日本のTVを見れるサービスよりは、よほど格安といえる。それでも不安であれば、おためし的に一ヶ月か三ヶ月だけ契約すればいいだろう。振込は、日本円、あるいは中国元にも対応しているようだ。

VPN回線を設定する

次に、自分のパソコン上に、VPN回線の設定方法について、順を追って説明してみる。

業者にお金を支払うと、メールで、アカウントIDとパスワードが送られてくるが、それは、接続するときに使うものなので、とりあえず、保管した上で、以下のように設定していく。

以下、中国語版のウィンドウズ7で、操作している。

    1.  まず、控制面板(コントロールパネル)を開いて「网络和共享中心ネットワークと共有センター)」をクリックする。

vpn (12)

    1.  すると、こんな感じの画面が出るので、次に、一番上の设置新的连接或网络(新しい接続またはネットワークのセットアップ)をクリック

vpn (13)

    1.  三番目の 连接到工作区(職場に接続します)をクリック。

vpn (14)

    1.  否,创建新连接(いいえ、新しい接続を作成します)にチェックを入れて、下一步(次へ)をクリック

vpn (15)

    1.  使用我的internet连接(VPN)(インターネット接続(VPN)を使用します )をクリック

vpn (16)

    1.  internet地址(インターネット アドレス)には、業者が紹介してくれるIPアドレスの一覧があると思うので、その中から、適当なものを選んで、記入すれば良い。目标名称(接続先の名前)は、自分で適当な名前をつけて記入する。

vpn (17)

    1.  業者から送られてくる、用户名(ユーザー名)密码(
      パスワード)
      を打ち込んで接続する。ユーザー名とパスワードは記憶させておけば、次回から打ち込む必要はなくなる。

vpn (21)

    1.  ここで再度、网络和共享中心(ネットワークと共有センターを再度、開いてみる。VPNに接続できていれば、もとの回線の下に、このように新しい接続ポイントが表示されるはずである。

vpn (18)

    1.  デスクトップの右下の、アイコンをクリックしてみると、このような小さな画面が出てくる。普段は、ここから、VPNに接続したり、切ったりできる。

vpn (19)

とりあえず、一度、上記のように設定しておけば、あとは、デスクトップ右下にあるアイコンをクリックして、上記の画面を呼び出し、適当なVPNを選択して、ユーザー名とパスワードを入力して、接続すればいい。
基本的に、パソコンを立ち上げたときは、ローカルの接続回線につながるようになっているため、手動で毎回、つなぐことになるが、ユーザー名とパスワードを、あらかじめ記憶させておけば、毎回、接続ボタンを押すだけでなので、手間はないだろう。

接続状況は?

ちなみに、中国におけるVPNの接続状況は、場合によりけりで、時間帯によっても違うようである。やはり夕方から夜の時間帯は、つながりがよくないような気がする。まあ、所詮は、そういうサービスだからしょうがないが、あまりにひどい場合は、業者に言うしかないだろう。

あと、VPN回線は、複数、用意しておいたほうが、よいだろう。基本的には、日本のものを使うだろうが、アメリカなどのIPアドレスもあるので、何種類か入れておいて、使い分けるといいかもしれない。また、繋がりにくいときは、一定の時間(だいたい10分程度)をおくと、つながることも多い。

あと、VPNをつかっていると、逆に中国のサイトが見れないとか、特定のソフトが使えないなどの、影響を受けるので、注意が必要である。例えば、VPN回線だと、中国の銀行サイトにログインできない、パソコンメールに接続できない、中国の動画サイトが見れない。などの影響が出てしまう。
「なにか、メール、全然、来ないなあ」なんて思っていると、VPN回線に接続していたなんてことがよくある。というわけで、あっちが立てば、こちらが立たずであるが、まあ、中国に住んでいる因果と思って、諦めるよりほかない。

まとめ

以上である。現在、中国にいて、ネット環境に不満を感じている人がいれば、早速、導入してみるといいだろう。あと、今のところ、特に、問題なく使えているが、中国当局も、たえず通信規制を行っているので、いつ何時、VPNを使っても見られなくなってしまうような状況が来ないとも限らない。まあ、そういう国だからしょうがないが、

とか言っているうちに、早速、中国が規制を強化したみたいである。
ネット規制、さらに強化=VPNを許可制に―中国 (時事通信) – Yahoo!ニュース

今のところ、使っていて何か問題が有るというようなことはないが、今後も当局の動きには、目が離せないことは確かである。

中国で暮らす その他の記事

bank-account中国で人民元口座をつくる 
中国で生活する時に、必要になるのが、銀行口座でしょう。また日本在住の方で、中国の銀行に人民元で預金口座を持ちたいと考える方もいるかもしれません。ここでは、中国での銀行口座開設と利用方法について、少し説明してみます。
medical-examination (16)出鱈目感にさらに磨きが? 超光速の中国健康診断を受診2015年9月19日
年々、加速する中国の健康診断。検査は超光速の10分で終了。全部あわせても30分もかかっていない。(その割に検査代は高い、480元)手間を抜けるところは、どんどん抜いていくという中国の悪しき習慣は、こういうところで遺憾なく発揮されているようである。
bilibili-trump中国 動画サイト「ビリビリ(bilibili)」2017年1月7日
最近、ビリビリ(bilibili)という動画サイトの名前を、よく耳にするようになった。しかし、その外観に加え、動画中に弾幕が流れたり、オタク、サブカルチャーに特化した内容など、どうみてもニコニコにしか見えない。そんな中国動画サイト「ビリビリ」について。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA