中国への旅行者、出張者がウィーチャットペイ(微信支付)を使う方法


まずます進化する、中国のスマホ消費。

しかし実のところ、便利なのは、中国人民だけで、外国人はイマイチその恩恵に預かれていない面もあるのではないだろうか。特に、出張者や旅行者は、中国の銀行口座が無いので、原則としては、ウィーチャットペイ(微信支付)アリペイ(支付宝)が、利用できないはずである。

まあ、現金が使えなくなってしまったわけではないので、構わないといえば構わないが、現金派が少数となってしまった今、肩身が狭いことは確かだし、また、その便利さを享受してみたいと思うのは人情だろう。

では、出張者や旅行者が、中国でウィーチャット(微信支付)で、決済をしたい場合、どうすればいいか?

以下、何人か、旅行者を手伝ってみたときの経験を元に、ちょっと手順を説明してみる。

ちなみに、アリペイ(支付宝)については、試したことがないので、よくわからないが、同様の方法で、対処できるかもしれない。

中国への旅行者、出張者がウィーチャットペイ(微信支付)を使う方法。

とりあえず、結論から先に言うと、他のウィーチャットユーザーから、ウィーチャット経由で送金してもらえば、送ってもらった金額分を使うことはできる。

「それだけかい?」と言う感じであるが、ちょっと、設定に手間取るかもしれないので、以下、ざっくりとその手順について、書いてみよう。
(以下、思い出しながら書いているので、もしかしたら、順序が、多少、前後しているところもあるかもしれないが、大まかな流れとしては正しいはずである。)

下準備 ウィーチャット(微信)の用意

まず、とりあえずはスマートフォン(智能手机)に、ウィーチャット(微信)をインストールする。今の中国では、猫も杓子も、ウィーチャット状態で、便利とかいうレベルを超えて、もう、これが無いと生活が成り立たないという、インフラレベルへの域に達していると言っても過言ではないだろう。

ウィーチャットの準備ができたら、次に、その決済機能である、ウィーチャットペイ(微信支付)の設定をしなければ、ならない。
ちなみに、この時点では、ウィーチャットの「本人(我)」のページに、「マイウォレット(銭包)」の項目は無いはずである。

通常であれば、ここから、中国の銀行口座とリンク(绑定/ばんでぃん)するわけであるが、外国人出張者、旅行者の場合、中国の銀行口座が無いので、他のユーザーから、送金してもらうという、方法でやってみる。

1 他のユーザーから送金してもらう

まず、ウィーチャットを持っている知り合いから、ウィーチャット経由でお金を送ってもらってもらう。とりあえずなので、少額でいいだろう。当然だが、その人に、その分だけ、現金を手渡しすることになる。
もし、そういう知り合いがいなければ、中国のホテルの従業員とかに、事情を話してみれば、気軽に応じてくれるかもしれない。

2 クレジットカードで認証

受取りの承認をする際に、認証が必要になると思うが、クレジットカード(信用卡)の番号で、認証できるようだ。

3 マイウォレット(銭包)で、入金の確認

この時点で、ウィーチャットの画面を開くと、右下の「本人(我)」をクリックすると、新たに「マイウォレット(銭包)」の項目が現れるかと思う。

その、「マイウォレット(銭包)」をクリックすると、上の段の真ん中の「残高」という項目に、送られてきた金額が、入っているはずである。ここに入金されたお金が、使えるということである。

4 支払い時の際のパスワードの設定


自分が、支払う際の、パスワード(6桁)の設定を行う。パスワードを設定しないこともできるが、多少面倒でも、安全のために、しておくべきだろう。

ちなみに、支払いの時、通常は、マイウォレット(銭包)か、中国の銀行口座のどちらから引き落とすかを選択できるが、選択肢の中に、クレジットカードは入っていない。

つまり、クレジットカードでは、認証はできるが、料金の補充はできないということのようだ。あくまで、他のユーザーからの送金によってしか、ウィーチャット上の財布に、お金を入れることができないようである。

あとは、他のユーザーから送金してもらい、使うという。それだけ。何だか、微妙な方法といえなくもないが、とりあえず、こんな方法もあるよということで紹介してみた。

もしかしたら、もっと、スマートな方法があるのかもしれないが、まあ、一例として、参照してもらいたい。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA