湖南料理の「老郷村」   

yutou0 魚頭 湖南料理の定番

昨日、日本からの知人が深センに来られたので、一緒に食事にいった。
何を食べようかという話になって、今回、選んだのが、湖南料理の「老郷村

深センの湖南人、湖北人にお薦めの店は?というと大抵、ここに連れて行かれる。
結構ローカル色が強い店で、日本人だけで行くのは少しだけハードルが高いかもしれないが、決して期待を裏切らない良店である。

湖南料理の定番「老郷村」へ 

laoxiangcun
老郷村という名前の通り、店内は、古い田舎の民家をイメージした内装や、毛沢東、革命時代風の絵がかかっていたりする店もあるが、この店は、普通のローカルが行くような単なるボロい内装。

とりあえず、ド定番「魚頭」を注文

メニューは、漢字オンリーで写真がないので、見てもさっぱりわからない。とりあえず湖南料理といえば、とりあえずはこれだろうと、馬鹿の一つ覚えで、「魚頭(ユートウ)」を注文。

yutou 青唐辛子と香菜がどっさり

なんか、湖南料理食べるたび、毎回これ頼んでいるような気がするのだが、まあいいだろう。
こいつがなければ、なんとなく湖南料理、食べた気がしないし、第一、見た目にも、ゴージャスな感じがしていい。でも、別に高いとかではなく、中国人、普通に食べるんだけども。
ちなみに湖南料理の魚は、基本的に川魚であるが、不思議と生臭いと感じたことはない。多分、唐辛子が、そういう生臭さを消しているのだろう。

ちなみに、唐辛子は、紅と青があって、微妙に風味が違う。

オーソドックスなラインナップで

あとは適当に注文。

過去に食ったことのあるモノと、漢字のイメージを付き合わせつつ、注文していくより他ない。こういうとき中国人がいれば楽なんだが、今回は、自分が決めなければならないプレッシャーがある。
客人が移動で疲れているようだったので、肉とか辛くて脂っこそうなハード系は遠慮して、野菜や豆腐中心のソフト系で注文してみる。

というわけで、以下のようなラインナップとなった。

laoxiangcun-tudousi 土豆丝 
オーソドックスなジャガイモの千切り。サクサク感がグッド。

laoxiangcun-doufu なんとか豆腐 
料理の名前は忘れたが、広東料理の客家豆腐?に似たような食感で、湖南料理とは思えないくらいのライト感覚な一品。

laoxiangcun-qiezi 茄子なんとか 
これも極めて、正統派のなすとえんどう豆の炒め物。

laoxiangcun-doumiao 豆苗(トウミャオ)
非常にあっさりとして口当たりがいい。

ちなみに、湖南料理といえば、一般的には、激辛という認識であるが、辛さは調節可能である。
店員が、「辣不辣?」(辛くするか、しないか?)と聞いてくるので、日本人同士の時は「不辣(プラー)」(全く辛くない)といっておくのが、無難かもしれない。
少辣(シャオラー)」(辛さ少なめ)といったところで、彼らにとって少なめかもしれないが、日本人にとっては十分に辛くなるからだ。
でも、何でもかんでも「不辣」にできるわけではない。ある種の料理は、辛さを旨みが一体となっているので、辛さを抜いてしまうと、旨みまで消えてしまうからだ。

意外と日本人と相性がいい湖南料理

laoxiangcun1 こんな感じ(全体像)

全体的に、湖南料理ってこんなに食べやすかったっけと思うくらいライトな感じ。ていうか「魚の頭以外、湖南料理違うやん!!」ていう感じであるが。でも、日本人でも気軽に食べられそうという意味では、多分正解だろうと思う。
また、青島(チンダオ)ビールがあったのもよかった。時々、雪花ビールしか置いてない店もあるが、あれは水みたいに薄いので困るのだ。

ひとつ失敗したのが、話に夢中になるあまり、魚の頭の鍋を見るのを忘れて、炊きすぎで、からからになってしまったこと。
早めに火を切ってしまうか、水を入れてもらうか、すできだったが、後の祭。
本来は、この青唐辛子がこくがあって、独特の旨みがあるのに、これでは辛いだけだ。
また、魚を食べた後、ダシの中にソーメンのような細い面を入れて食べるのも、できなくなった。(あれがまた旨い)

こんなにたくさん、食べきれるかなと思ったが、結局、ほとんど、たいらげてしまった。
何より、「おいしい」といって、食べてもらえると嬉しい。

laoxiangcun2 ごちそうさま

お値段はしめて、160元(3,000円)というところ。かなりリーズナブル。
中華料理の場合、頭数が多ければ多いほど、懐に優しく出来ています。

老郷村へのアクセス

今回行ったのは、国貿近くにある「老郷村」東門路店で、地下鉄国貿駅から歩いて7-8分のところ、「彭年酒店」の裏手にある。その他、老郷村は深センの至るところにあり、湖南人、湖北人は、ここがやたら好きです。

老郷村 外観

今回入った店とは違いますが、店構えはこんな感じです。
laoxiangcun

四川人不怕辣,湖南人辣不怕,貴州人怕不辣  中国辛さ比べ

深センは、中国南部出身者が多いですが、湖南省人は特に多く「湘菜」つまり湖南料理を提供する店が非常に多いです。
今回は日本人どおしで行ったので、辛さを押えた構成でしたが、本来、湖南料理は唐辛子(辣椒(ラー・ジァオ))を大量に使用するので、非常に辛いです。

一般に、湖南、湖北、四川といった中国南部は、辛いもの好きで有名ですが、このようなことわざがあります。
四川人不怕辣,湖南人辣不怕,貴州人怕不辣
(四川人はからさを恐れず、湖南人はからくとも恐れず、貴州人はからくないのを恐れる。)

四川料理はいわゆる「麻辣/マーラー(しびれるような辛さ)」で有名ですが、このことわざが本当であるとすれば、貴州人の辛さ好きは、四川、湖南以上ということになります。

中華料理は、いろいろな分類法があるようですが、四川料理(川菜)は四大料理に、湖南料理(湘菜)は八大料理に分類されるようで、川菜と湘菜は親類関係にあたるようです。
また、中国では、いわゆる「南甜・北咸・東辣・西酸」(南は甘く、北は塩辛く、東は辣く、西は酸っぱいものを好む。)といわれるように、地域によって、味覚差があり、雑食性の日本人と違い、味については、かなり保守的ですので、いろいろな地域の人間が混じっているときは、それなりに注意が必要です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%96%99%E7%90%86
中華料理 – Wikipedia

その他、関連する記事

dongbeiren中国東北料理と東北人気質について2015年8月10日
深センには意外と東北人が多く、本場の東北料理を食べることができるのは嬉しいところ。中国東北料理の定番「東北人」さらには東北人の気質について紹介してみる。
yamcha「潮江春」で飲茶三味2014年11月26日
香港、広東省の食文化「飲茶(ヤムチャ)」。辛いものが少なく、日本人の味覚にも非常に合うと言われている。深センにはおいしい飲茶がたくさんあり、お値段もリーズナブルである。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA