「木桶飯」 中国のローカルめし屋 

中華レストランとかではなく、もっとカジュアルな、そのへんにあるローカルのめし屋に、ふらっと入って食べてみるのも、中国生活ならではの醍醐味といっていいだろう。

例えば「木桶飯(むーとんふぁん)」なんか、いかにも中国な感じでいいかもしれない。木桶飯とは、文字通り、木の桶に、ご飯とおかずが盛られているもので、見た目にもインパクトがあるし、中国のローカル飯の代表選手といってもいいだろう。

ただ、中国のローカル飯は、油が多すぎたり、味付けがコすぎたり、辛すぎたりと、なかなか、日本人に合うものがないが、以下のような店など、いいかもしれない。

中国のローカルめし屋「湘粉人家」の木桶飯を食う

深センに「湘粉人家」という「木桶飯」のチェーン店がある。もう十年以上も営業しているので、移り変わりの激しい、深センの飲食店の中で、よくやっているほうだと思う。以下は、地王ビル(大劇院)から解放路沿いに少し歩いたところにある店。

注文は、メニューを見ながら、カウンターでする。目安としては、単品で、だいたい15元前後(250円)。湯(スープ)か飲料をセットにして、20-30元(350-500円)程度といったところか。いずれにしても安い。

試しに、梅菜扣肉飯(豚の角煮と梅菜)と酸梅汁(梅ジュース)を注文してみる。しめて28元(480円)最近は、こういう店でも、スマホ払いで対応するようになった。

とりあえず適当に座って待つ。お茶はセルフサービスで、店内の給水器から適当に入れればいいようだ。

木桶めし屋の場合、大抵、こういう民芸風の照明が天井からぶら下がっている。また、壁に絵が描かれていることもある。奥のジャージは高校生だろうか、中国の学生は、小学校から高校まで、皆、ジャージである。

ちなみに「」という文字が入っている店は、大抵、湖南料理を指す。さしずめ、湖南の家庭料理といったところか。ただ、心配するほど辛くないし、辛いのが苦手な場合は「微辣(うぇいらー)」「少辣(さおらー)」と言えばいいだろう。

待つこと、5分位。早速、注文したものがでてくる。梅菜扣肉飯と酸梅汁、それに、ピリ辛のお新香みたいなのがついている。

ちなみに、以前は、完全に木桶であったが、途中から、桶の内側が鉄になった。たぶん、完全に木だと、衛生上の問題がでてくるので、こういう形になったのだろう。

梅菜扣肉飯(めいつぁい・こうろう)

梅菜扣肉(めいつぁい・こうろう)とは、豚の角煮をスライスしたものに、梅菜と呼ばれる、黒い漬物みたいな野菜を和えたもので、一般的には、客家料理に属するといわれている。客家料理は、本来、広東系のはずであるが、そのあたりは適当で、それぞれの地域に合わせて解釈しているようだ。

ちなみに、こういった、中国のローカルめし屋というのは、その日によって出来にムラがあって、なかなか、ぴたりと一定の品質になってくれない。「おっ、今日はやけに、飯がうまくたけてる」と思うと、別の日にはダメダメだったり、そんな感じ。これは、こういった一般のめし屋、ファーストフード店など、どこでも同じで、同じ店員が同じマニュアルで作っているはずであるが、不思議とそうなってしまう。

酸梅汁(梅ドリンク)


次に、酸梅汁(すゎんめいじ)とよばれる、梅ドリンク。これがすこぶる美味い。
ただし、氷を入れないといささか濃いので、氷を入れてもらうといいだろう。その場合は「加氷(じゃーびん)」「放氷(ふぁんびん)」といえばいい。ちなみに炭酸は入っていない。

木桶飯 他のおすすめメニュー

ここで、その他のメニューを、ちょっと紹介してみよう。主に、中国のごく一般的な家庭料理、いわゆる、家常便飯(じゃーちゃんびぇんふぁん)と呼ばれるものが中心なので、食べやすいだろう。(ちなみに、以下の写真は、別の店で撮影した)

紅焼茄子飯(ナス炒め飯)


定番中の定番。どこの飯屋にもある。とにかく、中国の特大ナスを縦長に切ったものと唐辛子を油で炒めたもので、感覚的には、麻婆ナスに少し近いかもしれない。ただ、油が、茄子に染み込みまくっているので、まともに食べていると、確実に体重を増加してしまうだろう。まさに、メタボ街道一直線な一品といえる。

番茄炒蛋飯(トマトと卵炒めご飯)


これも定番。トマトと卵を油で炒めただけという、超シンプルな一品。ポイントとしては、トマトが、ベトベトになっていないかどうか。ベタついて、冷めていると、気持ち悪くて食えない。
ちなみに、中国では、冷えたものを身体に入れるのはよくないという考え方があるためか、トマトは炒めて食べることが多い。なので、スーパーで売っているトマトも、炒めることを前提にしているためか、冷やたまま、食べようとしても、硬くて、全く美味しくない。

土豆丝飯(じゃがいも千切り飯)


じゃがいもの千切り(土豆丝/とぅどうす)を、ご飯と一緒に食べるだけという、これまたシンプルな一品。中国では、じゃがいもは、千切りにすることが多い。

炒飯(チャーハン)


チャーハンは、別に珍しくもなんともないが、この手の店で供されるチャーハンは、不思議と、パンチが効いていて、美味いのが、不思議である。たぶん、唐辛子がポイントなんだと思うが

米豆腐


あと、ご飯モノや湯(スープ)以外に、サイドメニュー(単品)もある。
例えば、この米豆腐(みーどうふ)という米で作った豆腐。こいつが、なかなか美味い。
初めて米豆腐の存在を知ったのは「芙蓉鎮」という昔の映画の中でだが、役者がうまそうに食べているので、一度、食べてみたいなと思っていたところ、ここで見つけた。
(写真はウェブサイトから拝借)

「湘粉人家」ロケーション

この「湘粉人家」は、現在、深センに20店舗ほど展開中のようだ。 湘粉人家(深セン市内)


これは、福田にある店舗の前。店の前で、店長がスタッフに訓示をたれているが、中国の街角のどこにでも見かける風景だ。

類似店も

ちなみに、中国ではよくある話であるが、一つの店が流行りだすと、どこからともなく類似した店舗がどんどんできてしまう。店名から、コンセプト、外装、内装、メニュー、店員の服装まで、半端なく真似するので「よく訴えられないな」とこちらが心配になってしまうほどだ。


類似店が、全く悪いというわけではないが、やはりコピーなので、本家を越えることはできていない気がする。店名が一文字でも違うと、ちょっと微妙になるので、注意が必要だ。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA