東門町美食街 中国「小吃」の世界(修正版)


中華料理や飲茶もいいが、たまには、路上で気軽に、ローカルフードを楽しむのもまた面白いかもしれない。

深セン羅湖の繁華街「東門(ドンメン)」の一角に、いわゆる「小吃(シャオチ)」ばかり集めた屋台街があるので、紹介してみたい。「小吃」とは、蒸し物とか、麺類、串といった、小腹がすいたときに食べる、ちょっとした軽食類のことを指す。

早くてお手軽、しかも、一食あたり10元程度(160円)からなので財布にも優しい。安くて美味しい(又便宜又好吃)ローカルフードである。
しかし、安いからといって図に乗って食べていると、腹を壊したり、蕁麻疹が出たりするので、ほどほどにしておくのが無難であろう。

東門町美食街 中国「小吃」の世界

地下鉄の「老街」駅から地上にでると、そこが、深セン羅湖の繁華街、東門(ドンメン)
若者で溢れかえっている雑踏を抜け、深南大道から、少し入ったところに「東門町美食街」という、いわゆる中国の「小吃」ばかり集めた屋台街がある。こちらが、その入口付近。
dongmen-junkfood (20)

ゲートをくぐると、時代がかった装飾の小さな屋台が、20-30件、並んでいる。
dongmen-junkfood (2)
二階も人でいっぱい。
dongmen-junkfood (9)

烧烤(バーベキュー)

香ばしい匂いと呼び込みの男たちの威勢のよい声がするのは、いわゆる烧烤(バーベキュー/シャオカオ)の店。このあたりは、こういう串焼きバーベキューの店がやたら多い。澳洲烤肉(オーストラリア・バーベキュー) 韩国火爆鱿鱼(韓国イカ焼き)、蒙古香辣(モンゴル◯◯)などの文字が見える。

一本30センチ位の長い串に、鶏肉、羊肉をはじめ、イカ、エビなど海鮮類が、豪快にささっている。これで、3本10元(160円)は、かなり安い。腹を空かした若者が群がっている。
dongmen-junkfood (15)

「香港、尿を撒く??」
 

アラブバーベキュー(阿拉伯烤肉)といっても、アラブ人はいないが・・

こちらは、イカ焼き。黙々とイカを焼く店員。

ぶつ切りのイカを、巨大な串にさして焼く。とにかく、量が多い 

串は、とにかく長くて太い。

三階行きのエスカレーターの脇。通路で食ってると、邪魔になるので、こういうちょっとしたスペースで食べる。
dongmen-junkfood (10)

立ち食いなので、たちどころに、このようなゴミの山が出来てしまう。
dongmen-junkfood (13)

豚足屋

こんがりとあめ色に焼きあがった山盛りの豚足(トンソク)

ブタの蹄、足、手というのは、コラーゲンがたくさん含まれており、いかに美容効果がある?みたいな効能書きが台の下に書かれている。肉を余すところなく食べるというのが、彼らのモットーともいえる。
dongmen-junkfood (6)

海鮮

こちらは、カニ、エビ、シャコといった海鮮類。ザリガニっぽいのもある。エビ、カニはともなく、ザリガニは、さすがに今まで食べたことはないが、中国では結構、普通に見かける。

甲殻類も結構、多い。

貝類も結構多い。以下は、生牡蠣(生蚝)の店。ただ、こういうところで海鮮類を食べるのは怖いので、個人的には食べたことはない。まあ、そのあたりは、自己責任ということで。


臭豆腐(ちょうどうふ)

定番中の定番。文字通り、犯罪的な臭さで、こいつがあると、数メートル先からすさまじい匂いが漂い、よく周囲からクレームが来ないものだなあと思ってしまう。しかし、食べると意外にも、これがそれほど臭くない。長沙の黒い臭豆腐は有名。

こちらは街中の屋台。

麻辣串

こちらは、所謂、麻辣串(まーらーちゅあん)の店。麻辣(まーらー)は所謂しびれるような辛さのことで、四川の文化。血の滴るようなスープの中に、串がざっくりとぶち込んである。街中でも結構、見かける。

点心

飲茶には欠かせない点心。広東の文化である点心は、ホテルの飲茶にあるグレードの高いものから、そこいらのコンビニ、スーパーの一画で売っているものまで、それこそ、どこにでもある軽食界の帝王のような存在。蒸し物で、辛くないので、日本人にも合うものが多い。下は、広東の潮州風味の点心。

湯気達まくり。

わんざいち(碗仔翅)、カレー魚団子(咖喱鱼蛋)、竹筒飯  どちらかといえば香港の食べ物か

上海生煎包

生煎包(ションジェンバオ)の店もある。丸い鉄板の上に、少し縦長の白い包子が行儀よく並んでいる、もともとは上海のものらしいが、他の小吃同様、全国区になっている。

たまご巻き(鸡蛋卷)?

卵巻き? 照明効果で湯気も一層引き立つ。

凉皮(りゃんぴー)

凉皮(りゃんぴー)は、街中のどこにでもあるが、もとは北方の食べ物で以下は、陝西小吃の店。陝西(しゃんしー)は西安のある省。

麺の上に各種のタレと薬味をかけて、混ぜるだけ。シンプルだが、結局、こういうのが、一番うまかったりする。

热狗(ホットドッグ)

熱い犬(狗)で热狗(ホットドッグ)。そのままのネーミングであるが、もちろん犬の肉ではない。昔の赤い色をした中国ソーセージではなく、ジャーマンソーセージのような感じ。ソーセージも地味に進化しているようだ。

回転火鍋

回転寿司ならぬ回転火鍋。写真だとわからないが、中央にベルトコンベアーがあって、鍋の具材を載せた大きな皿が回っている。

回転寿司と同じ要領で、回ってくる具材の中から、好きなものを、自分の鍋の中に放り込んでいく。

煲仔饭(バオザイファン)

土鍋で炊き込んだ、パリパリとしたご飯の食感が何とも言えない、香港の冬の味覚。夏場はちょっと熱すぎるかも。「小吃」というより主食であるが、こういう店も時々紛れ込んでいる。注文してから、かなり時間がかかるので、急いでいるときには、注文しないほうが無難だろう。
dongmen-junkfood (7)

揚げアイスクリーム

甘い「小吃」ももちろんある。以下の芋虫みたいなのが、揚げアイスクリーム(油炸冰淇淋)

ここにもしっかりと、支付宝と微信のQRコード。今や、中国では、欠かす事ができない支払いツールだ。

アイスクリームを、油で揚げたりシて「溶けないのかな?」と思って調べてみると、食パンで作った衣の中にアイスを包んで、揚げているようだ。

揚げアイスクリーム(油炸冰淇淋)の作り方

アイスクリームじーだんざい(冰淇淋鸡蛋仔)

香港の代表的なおやつ「鸡蛋仔(じーだんざい)」の中に、アイスクリーム(冰淇淋/びんちーりん)をぶち込んだ、どないやねんな一品。1コ20元。外観はかなりグロい。

台湾芋园、台湾のスイーツか?

揚げポテトチップス 旋风土豆

旋风土豆(ポテト旋風)? 揚げポテトチップス、一本10元

アイスクリーム(冰淇淋)

カラフルなアイスクリーム。見てるだけでも面白い。一本12元

椰子の実バー

「小吃」に疲れたら、少しこんなものでも飲んで、涼を取るのもよし。その場で、一個、ナタでズドンと切って、ストローで吸うような感じ。
dongmen-junkfood (17)

フルーツ屋

最近、この手のフルーツ屋?が、めっきり増えた。斤売りなので、いろいろなフルーツの味が楽しめる。10元/斤

ここにも、QRコード。もはや欠かせないツールだ。

インド人のナン屋(印度飞饼)

インド人がナン(飞饼)を実演販売中。飞饼という名のとおろ、小麦粉を円形に引き伸ばしたものを、空中で器用にくるくると回しながら作る。

東門町美食街


羅湖の繁華街「東門(ドンメン)」の南側、永新街の「東門町広場」にある。
地下鉄「老街」駅の、A出口かC出口からが比較的近い。

 

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA