中国で初卓球 ~中日民間ピンポン外交

pingpong (4)

先日、卓球をしに出かけた。

中国へきて、間もなく10年になるが、卓球をするのは初めてのことだ。
以前から、やってみたかったのであるが、いかんせん、相手がいなければできないので、なかなか実現しなかったのであるが、今回、中国人の講師を一人、説得して、なんとか実現の運びとなった。

新波皇乒乓球馆  卓球の本場、中国の卓球場を訪問

今回、出かけたのは、レジャー施設とかに置いてある、卓球台とかではなく、新波皇乒乓球馆という、れっきとした専門の卓球場である。
場所は,ちょっとわかりにくいが、羅湖の佳寧那広場から春風路を、高架橋沿いに東へ向かい、「老地方酒店」の裏手の「向西工业大厦」という雑居ビルの7階にある。
周辺は、かなりローカル度が高いので、ちょっと、日本人同士で足を運ぶのは、敷居が高いかなという感じ。中国は卓球の本場の割りに、卓球場というのは、普段、あまり目に付かないような場所にあるようで、普段、見かけることも少ない。
pingpong (2)

この左手にある、エレベーターに乗って、7階まで上がるとこのような入り口が。
pingpong (6)

ちなみに、卓球は、中国語で「乒乓球(ピンパンチウ)」である。
紛らわしいのに「桌球(ジュオチウ)」というものがあるが、これはビリヤードのことである。このビリヤード場のほうは、いたるところにあって、中国人の若者の遊び場と化している。(中国のTVでは、ビリヤードの試合も、結構、放送されていたりする。)
以前、中国に来たばかりの頃、桌球という看板がいたるところにあるので、「おお、さすがは卓球の本場、中国。卓球場が街のいたるところにあるとは!!」と思っていたことがあったが、勘違いもはなはだしい。

コーチ(教練)をつけることも可能

pingpong (5)
さて、気になるお値段のほうはといえば、標準の台が56元/時間 (1,000円程度)
また、この卓球場では、教練(コーチ)もつけられるようで、46元/時間プラスのようである。

新波皇乒乓球馆 教练风采COACH
広西省队をはじめ、黒竜江队、八一队(軍関連)などに所属の教練がいる。というか、省の大会で優勝している人もいるので、はっきりいって、かなりレベルが高いのではないだろうか。省でトップということは、中国のレベルを考えれば、他の国にであれば、国家レベルということだ。

pingpong (7)
ラケットは、貸し出しのものもあるが、ほとんどは、シェークハンド用のような感じ。ただ、中国の場合、ペンホルダーもシェークハンドも、丸いので区別がつかない。
ほとんど、ラバーはつるつるで、素人卓球であれば十分だが、専門でやりたい場合は、マイラケットを持参したほうがいいだろう。
ボールは、ありがたいことに、卓球台の隣りに籠があって、大量にボールが入っているので、球拾いに行く必要がない。実は、これは非常に助かる。なぜなら、卓球というのは、この球拾いというのが結構、難儀で、ラリーが続かなかったりすると、球拾いのほうばかりに体力を消耗して、何をやっているのかサッパリわからないからである。

ささやかな中日民間ピンポン外交

pingpong (3) 隣りで、子供が指導を受けている。

今回、中高のクラブ活動以来、20年近くラケットを握ってなかったので、本当に、ラケットにボールがかすってくれるのかどうか心配だったが、意外に、身体が感覚を覚えていて、やっているうちに、だんだんと様にはなってきたようだ。

ただ、いかんせん年が年なので、頭では、こうすればいいとわかっていても、体がついていかない。動態視力が衰えているということもあるが、最近の運動不足で、体がなまりになまっている。普段の運動不足をあらためて、感じたことはいうまでもない。

今回、一緒についてきてくれた中国人講師には感謝したい。まあ、これも、ささやかながら一種の中日ピンポン外交といえるだろう。

これからもちょくちょく来たいなと思ったが、問題は相手がいないということである。金はかかるが、専門の中国人コーチをつけるのもありかもと思った次第である。しかし、日本人相手でもやってくれるのだろうか?

波皇乒乓球馆 – Google地图

罗湖区沿河南路向西文锦渡商业大厦七楼 0755-82332181

向こうに香港新界の山が見える。
pingpong (1)

卓球 その他の記事

日本式ペンホルダーは死んだのか? 2017年6月27日
シェークハンド全盛の今日。絶滅寸前となりつつあるペンホルダー卓球。ペンホルダーは、時代遅れなのか?アテネ五輪金メダル、ユスンミンのプレーを通して、ペンホルダー卓球の可能性を探っていく。
世界卓球2017 中国の養狼計画と平野美宇 2017年6月12日
2017年世界卓球。今回、個人的な注目は、やはり平野美宇対中国女子。アジア大会で、平野美宇に三連敗を喫した中国女子が巻き返しを図るか。勢いに乗る平野が、アジア大会の再現をはたすのか?

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA