HSK受検をお考えの方に ~概要と申し込み方法について

HSK-duanwenning

段文凝(だんぶんぎょう)さんも応援します!

さて、中国語の学習がある程度進むと、自分の中国語の力というものを客観的に知りたいと思う気持ちがでてくるかもしれません。また、逆に、自分のモチベーションを維持するために、何か目標がほしいという人もいると思います。

そういう方の為に、中国語には、いくつか検定試験があります。中でも、代表的なテストにHSK(漢語水平考試)というものがりますが、以下で、受検についての具体的な手続きについて、記しておきたいと思います。

情報については、できるだけ客観性をもつようにはつとめていますが、最新の情報については、必ず、主催側のサイト(以下)で確認してください。 HSK日本側のサイト HSK中国側のサイト

そもそもHSKとは何なのか?

HSKとは、HSK(汉语水平考試)の汉语(Hanyu)水平(Shuiping)考试(Kaoshi)の頭文字をとった略称です。中国が主催している、中国人以外の人が中国語のレベルをはかるためのテストです。
中国語のテストには、その他にも色々ありますが、最も、メジャーなものです。

レベル

レベルは、1―6級まであり、6級が一番上になっています。一般的には、3級位から始めれば十分だと思います。転職など仕事でアピールできるのは、5級(ビジネス初級)からではないでしょうか。語彙数は、大学のサイトに記載されていたものを、そのまま転記しただけです。あくまでおよその目安だと思ってください。

等級 レベル 試験の程度 語彙数
 1級  入門  中国語で簡単なあいさつをしたり、最低限のコミュニケーションを取れる。  150語
 2級  初級  ローカル中国人と、ごく簡単な日常会話を行うことができる。  300語
 3級  初級~中級  生活・仕事などの日常場面で基本的なコミュニケーションがとれ、旅行の際にも大部分のことに対応できる。大学の第二外国語終了レベルに相当。  600語
 4級  中級  中国語を用いて、広範囲の話題について会話ができ、ローカルと比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。 TV番組など字幕つきで理解できる。  1200語
 5級  中上級
ビジネス初級
 中国語の新聞・雑誌を読んだり、中国語のテレビや映画を鑑賞することができ、ローカルとかなりこみいった内容の話ができる。また、会社内部での中国語での会議などにも参加できる。  2500語
 6級  上級
ビジネス中級以上
 中国の時事ニュースなど、中国語情報をスムーズに理解でき、自分の見解を表現できる。ビジネスシーンで、対外的な商談などでも、中国語で対応できる。  5000語以上

(注)以前、HSKは11級までありましたが、2010年ごろにリニューアルされ、現在の1-6級になっています。だいたい、現6級が旧9―11級位、現5級が旧6―8級位にあたるようです。

内容

リスニング(听力)、読解(阅读)、作文(书写)の三つの部分にわかれてます。

〇リスニング(听力)・・・・・中国語の聞く能力を測るテスト。HSKでは、放送は一回しか流さないので、注意力が必要です。ただし、全部聞き取れる必要はなく、キーワードを押さえておけば、かなり得点は可能です。高級では中国の笑い話(これがまた全然、笑えない)も多く、詳細がわからなくとも、だいたいの話の落ちがわかればOKです。

〇読解(阅读)・・・・・・・・・・・中国語の読む能力を測るテスト。高級もなると、かなりのスピードで文章を読むことが要求されますが、すべてを読み取れる必要はなく、質問の答えに該当する部分をいかに早く探し出せるかというテクニック的な慣れも必要です。また、題材は、自然科学、医学、歴史、小説など多岐にわたっていて、そういうテーマにも慣れておいたほうがいいでしょう。成龙(ジャッキーチェン)・周杰论(ジェイ・チョウ)姚明(ヤオ・ミン)など実在の人物名などもでてきたりします。

〇作文(书写)・・・・・・・・・・・中国語の書く能力を測るテスト。ただし4級以下は、語句の並べ替えとか、本当の作文形式ではないです。5級以上になると、文字通り中国語で文章を書く作業になります。

あと、中国語の話す能力を測るのは、ここではなく、口頭試験(HSKK)があります。

HSKのウェブサイト

日本側のHSKサイト

日本でHSKを受験する方は、日本側のHSKサイトから申込みます。
HSK-jp

かわいすぎる中国語教師段文凝(だんぶんぎょう)さんも応援します!って、「どんだけ、ミーハーやねん!」という感じですが・・・・・NHKのテレビ講座もそうですが、語学学習講座、どんどんミーハー度があがってる感じですね。語学学習も、もはやビジュアル時代に突入といったところなんでしょうか。

中国側のHSKサイト

中国在住者は中国側のHSKサイトから申し込みます。
HSK-cn

中国側のサイトは、日本側のものに比べてかなりそっけない印象。
しかし、一番上の言語の切り替えによって、日本語で申込みができるようになるなど、これでも以前より、かなり使い勝手が良くなりました。(以前は、中国語でしか申込みが出来なかった。)ただ、操作面で日本のサイトほど気が利いていないところがあり、特に、初中級を受検される方の場合、知り合いの中国人に頼んで、申込みを手伝ってもらったほうが、楽だと思います。

以下、中国側のサイトから申込む方法について、少し説明をしてみます。
手順の詳細については、考试规则をご覧ください。

中国側のサイトからの申込み手順

ウェブサイト上で、申し込みます。申込みは、だいたい試験日、一ヵ月前から可能です。
ブラウザは、IE(インターネット・エクスプローラー)又はFirefoxを使ってください。
グーグルクロームだと、途中まではいけますが、途中で行き詰ってしまう場合が多いので、注意してください。余談ですが、一般に、中国は、グーグルのサービスに対して冷たく、一応、使えるようにはしてありますが、肝心な機能が使い物にならないことが多いです。

先ずは、アカウントを作成(注册)

ウェブサイトのページ左上に、試験申込み(考试报名)があるので、そこから試験の申込みを行います。口答試験(HSKK)ビジネス(BCT)など、何種類かテストがあるようですが、一番左のHSKをクリックします。

初めて受検する人は、まずは自分のアカウントを作成(注册)しなければなりません。もうアカウントがある方は、そのままログイン(登录)すればいいです。用户名(アカウント名)密码(パスワード)は忘れないようにしてください。

試験の申込(考试报名)

HSK-application2
ログインすると、このような画面になります。必要な項目を埋めていくと、選択肢が自動的にでてくるので、自分の希望を指定していくだけです。上記画面は、ためしに以下のように記入したものです。


中国で受検する場合、Mainland of China(中国大陸) → 广东 → 深圳 のような順番で選択します。
香港で受検する場合、Asia(亚洲)→ 中国香港の順番に選択すればOKです。

試験形式には、ペーパーテスト(纸笔考试)とネット受検(网络考试)があります。自分は、普通のペーパーテストしか受けたことがないです。紙のテストより、ネット受検のほうが締め切りに余裕があります。

試験場所は、上記の都市名及び日程にあった場所が、選択肢として、表示されるので、素の中から選べばOKです。自分は、深圳大学を選択しました。

試験時間も、いくつかの中から、選択できます。

個人情報を入力

氏名、住所、パスポート番号、など個人情報を入力していきます。

写真をアップロード

自分の写真のデジタルデータをアップロードします。操作画面が、多少つかいづらく、意外と手間取るかもしれません。以下、注意事項です。万一、写真がアップロードができない場合でも、USBなどに、デジタル写真を保存し、試験申込みの受付係員にアップロードしてもらうことができるそうです。
〇資格等の証明用写真であること。
〇大きさは40ミリ×30ミリ
〇フォーマットはJPG
〇ピクセル180×240画素
〇写真容量100K以下

受験料の振込み

自分の申込み情報を確認後、所定の受験料を支払います。受験料は、結構高く、級が上になればなるほど、高くなります。6級になると、650元(約1万円)で、結構いい値段です。というか、値段の決め方が、かなり適当っぽい気がしないでもないですが。。。。

1級150元、2级250元、3级350元
4级450元、5级550元、6级650元

支払い方法については、銀行振り込み、あるいは支付宝(アリペイ)、微信(ウィーチャット)といった支払いソフトでも支払い可能です。(受験地へ行って、現金払いも可能だとは思いますが、問い合わせたほうがいいでしょう。)

受検料の振込みが終了すると申込み完了です。

受験票をプリントアウト

その後、試験が近づいてくると、自分のアカウントに、電子データで受検票が送られてくるので、プリントアウトしておきます。当日は、そのプリントアウトしたものをもって、受験会場に持参します。

HSK 日程・時間、試験会場などについて

HSKの日程(2017年)

試験日程 申込期限 成績の告知
日付 曜日 筆記テスト ネット受検 筆記テスト ネット受検
1月20日 12月24日 1月10日 2月27日※ 2月5日※
2月11日 1月15日 2月1日 3月18日 3月5日※
3月24日 2月25日 3月14日 4月24日 4月9日
4月22日 3月26日 4月12日 5月22日 5月7日
5月19日 4月22日 5月9日 6月19日 6月4日
6月10日 5月14日 5月31日 7月10日 6月25日
7月14日 6月17日 7月4日 8月14日 7月30日
8月18日 7月22日 8月8日 9月18日 9月3日
9月17日 8月21日 9月7日 10月17日 10月2日
10月14日 9月17日 10月4日 11月14日 10月29日
11月10日 10月14日 10月31日 12月10日 11月26日
12月2日 11月5日 11月22日 1月2日 12月17日

中国では、ほぼ毎月、実施しています。また、これ以外にも、追加で年7回(ネット受検のみ)あるので、特に日程に気をつかう必要はないでしょう。(日程については、中国HSKのホームページを参照下さい。)

日本は、年12回ですが、会場によりけりです。

試験時間

2級、4級、6級・・・・午前
1級、3級、5級・・・・午後

偶数が午前で、奇数は午後です。どの級も、リスニング(听力)、読解(阅读)、作文(书写)の三つの部分に別れています。
リスニングと読解はマーク式(4択)、作文は級によって形式が異なります。一般的には、リスニングの後、引き続き読解に入ります。マークシートに、書き入れる時間は、別途あるので、心配する必要はありません。

試験当日の持ち物

〇プリントアウトした受験票 〇パスポート(身分を証明できるもの)
2Bの鉛筆 〇鉛筆削り 〇消しゴム

くらいがあれば十分でしょう。そのほか、会場が、どのような場所かわからないので、できるだけ、自分用のグッズも準備しておくといいでしょう。自分は、ペットボトルの水と座布団を持参しました。

試験結果

試験終了後、一ヵ月後、ウェブサイト上で、合否の情報と自分の得点をしることができます。ちなみに問題用紙は、試験終了後、その場で回収されますので、自宅にもって帰って、自己採点することはできません。
成績は、听力(リスニング)、阅读(読解)、书写(作文)各100点の300点満点で、各セクションごとに点数が出されます。300点満点の6割(180点以上)で合格です。
ただし5級と6級は、数年前から、合格制からスコア制に移行していますので、合格、不合格の区別がなくなりました。

深センの主な試験会場

深センのHSKの試験会場は、すべて南山にありますので、羅湖や福田の人も、南山まで、受けに行かなければなりません。福田くらいに一つ、作ってくれればいいんですが・・・・

深圳大学
国际交流学院:深圳市南山区深圳大学师范学院B栋221室
最寄駅:地下鉄1号線「深大」駅
主催は、国際交流学院ですが、試験会場は違うので、注意が必要です。ちなみに自分は「文科楼」という校舎で受けました。ちなみに、こちらが、大学サイトの文化楼までの地図ですが、かなり適当っぽいです。

深圳大学(上の地図が見えない場合)

深圳深美国际学校(アメリカンスクール)
深圳市南山区蛇口公园路82号蛇口青少年活动中心B、C座 518067 (毗邻四海公园)
0755-86194800 school@szsais.org
最寄駅:地下鉄二号線「东角头」または「水湾」駅。いわゆるアメスクです。蛇口に引っ越したようですね。

深圳深美国际学校(上の地図が見えない場合)

香港からの申し込み

香港在住者も、ネットで申し込むことができます。中国大陸ではなく、海外会場(アジア)扱いになります。
中国国内と違って、試験の実施頻度は少ないようです。会場は、香港中文大学、香港大学など、いくつかあります。

以上は、概要でした。詳細については、必ず、試験規則で、確認してください。

HSK取得が、就労ビザ取得のポイントに!!

外国人就業許可制度改革の実施(2017年4月1日実施)に伴って、HSKを取得すると、そのレベルに応じて、就労ビザ取得の際のポイントとして、加算することができるようになったようです。
就労ビザ取得に不安があって、ポイントを稼ぎたい方にとっては、一定の助けにはなると思います。以下、獲得級とポイントです。

5級・6級・・・10ポイント
4級・・・・・・8ポイント
3級・・・・・・6ポイント
2級・・・・・・4ポイント
1級・・・・・・2ポイント

中国語 関連記事

HSK-shenzhen-universityHSKを深圳大学にて受検する2016年8月24日
中国滞在も10年を越え、節目として、自分の中国語のレベルをチェックしておきたいという意味もあり、今年の初めに、HSK6級を受検しに行った。以下はその時の記録。試験会場は深圳大学。

chinese-chess中国にいても中国語を使う機会が無い!?2015年9月29日
「中国にいても中国語を使う機会が無い。」中国在住の日本人から、しばしば聞くせりふです。「中国にいて、中国語を使う機会が無い?そんなアホな!」と思うかもしれないが、意外と、ありがちです。
pronunciation中国語のピンイン(拼音) まとめ2015年9月3日
日本人が苦手とする、中国語の発音、所謂「ピンイン(拼音)」について、お試し的にザックリとまとめてみました。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA