中国にいても中国語を使う機会が無い!?

chinese-chess

年がら年中、将棋三昧の中国の将棋親父たち(記事とはあまり関係がない)

中国にいても中国語を使う機会が無い。

中国在住の日本人から、しばしば聞くせりふです。
「中国にいて、中国語を使う機会が無い。そんなアホな!」と思うかもしれないが、意外と、ありがちです。

中国にいても中国語を使う機会が無い!?

 例えば、ある方は「事務所で、自分の周りには、日本語ペラペラの中国人秘書と、英語でしか語りかけてこない香港人、そして日本人の上司しかおらず、中国人がたくさんいるフロアとは別。」なのだそうです。確かに、これでは勤務中は中国語を使う機会はゼロに等しいでしょう。また、仮に中国人と一緒にいたとしても、日系企業のオフィスというのは、たいがい日本語ペラペラか、あるいは日本語を使いたくてウズウズしている中国人職員(彼らもまた日本語が使えないといって不満を持っている。)が多いので、こちらの中国語レベルがよほど高くない限りは、こちらのつたない中国語に付き合ってくれるような中国人はいないかもしれません。

 では、仕事のあとはといっても、会社の同僚中国人は、退社時間が来れば「先走了(お先に)」と言ってさっさと帰ってしまいますし、どこかで中国人の友達をといったところで、仕事が忙しすぎるので、なかなかそんなゆとりは無いでしょう。また日本人駐在員と中国人では、収入の差がありすぎてフラットな付き合い方が出来ないということもいえます。で、勢い、「じゃあ夜の勉強会?!でも」となってしまい、また実際の話、そういう方が、会話の上達は早かったりします。

 どこの海外でもそうだと思いますが、海外日本人社会というのは結構、閉じた構造になっており、仕事上の顧客や取引先は、日系企業の日本人ということが多いし、社内でも日本語ペラペラの中国人が配置されていて中国語を使わなくても済んでしまう環境となっています。実は、自分自身も中国へ来た当初、そういう状況にありましたが、とりあえず、しょうがないので最初は、そういう環境に甘んじつつ、同時並行で中国語の勉強をしていたこともあります。
 
 語弊はあるでしょうが、自分は「中国語が使わなくてすむ環境にあるというのはある意味、贅沢な悩みかもしれない。」と思います。それは、その人が中国語を使わなくとも、中国で仕事をすることが出来るだけの付加価値を持っているということの証左でありますから、ゆっくりと、日常で使えるときがくるまで、楽しみながら勉強すればいいのではないでしょうか。

ただ、なかには、帰国が迫ってきて、あわてて中国語の勉強をしだす猛者?もいます。帰国してから「お前、〇年間も中国にいたのに、そんだけしか話せないの?」と言われると困るということなのか、そういう、アリバイ工作?をする駆け込み需要組というのは、意外と存在します。

もちろん逆に、職場がかなりローカル環境で、日本語がほとんど通じないという日本人もいることはいるし、そういう人は、上達はかなり早いです。要は、使わない人は使わないし、使う人は使うということで、両極端なんですね。

時には中国人のズーズーしさを見習ってみる

ただ、話す機会が有るとか無いとかいうのは、つまるところ、その人間の主観的な気持ちの持ち方次第というところもある気がします。

つまり本人が、あると思えばあるし、ないと思えばないということです。
その人間が、機会が無いと思っていれば、どれだけ周りに機会があったところで、それを見過ごしてしまっているだろうし、機会があると思っている人には、機会がついてくるということです。

その点、日本語を勉強している中国人なんか、上手であろうが無かろうが、こちらが日本人であると見るや、ずーずーしく日本語で話しかけてくる。すると、最初はむちゃくちゃでも、しゃべってるうちに、だんだん上手になって、それでさらに自信がついて、またしゃべるようになる。という感じのようす。対して、日本人の場合、間違うことを恐れるあまり、しゃべるのが億劫になってしまう人が多いのではないかなと思います。(まあ、自分もその一人だが・・・・・)

たぶん、機会というのは、自分で作るもので、それは多分、語学に限ったことではないのです。

学ぶから使うへ 

guangdonghua-massage
マッサージ店の看板(香港にて)

ただ、自分の性格は変えようがないので、中国人のように、そんなにずーずーしくなれないと言う人は、自分で自分を、中国語で話さざるをえない環境に追いやるのもありですね。

すでに、初級のテキストをある程度、終え、中国語の知識があるのに会話ができない場合は、学ぶというよりは、使う機会を増やすという意識を持ったほうがいいでしょう。
中国語は、学んでいるうちは駄目で、できるだけ早く、使う段階に移行しなければならないのです。

例えば、すでに中国語教室とかに通っている人であれば、日本語が上手な教師ではなく、中国語で中国語を教える講師について、嫌でも中国語を話さざるを得ない環境にしてしまうというのもアリかもしれません(もちろん、講師の個別の能力も関係するが・・・)
日本語が上手な講師は、初級のうちは、わかりやすいが、中国語で聞いたり話したりする機会を奪ってしまうというマイナス面ももっているので、ある程度、知識がついてきたら、ダイレクトに中国語を使って話をするほうが早いです。

マッサージ屋で中国語の鍛錬

さらに、実際に中国に住んでいる人は、外の中国人相手に、話をしてみるのもいいでしょう。会社の中国人同僚でもいいだろうが、何か気恥ずかしいので、例えば、マッサージ屋とかで、従業員相手にアレコレ話してみるのもいいかもしれない。

中国では「中国人も歩けばマッサージ屋にあたる」状態で、至るところに、足とか全身のマッサージ屋が存在します。こういう店で働いている従業員は日本語ができないので、とにかく中国語を使って意思疎通をするしかない。
彼らのような中国人と話をしているうちに、「ああ、こういう話し方なら通じるのか。」とか「これは教科書で習ったが、意外と使えないな。」とか、いろいろわかってくるし、生きた中国語を使えるようになるはずです。

また、そういう場所で働いている中国人というのは、地方や農村出身者が多く、普段、会社とかで接する中国人とはまた違う世界の人たちであるので、いい社会勉強になるかもしれない。もちろん、疲れもとれて一石二鳥ということはいうまでもありません。(というか、それが本来の目的であるが・・・・)

中国語 関連記事

nhk-ai (5)結構、勉強はしたつもりなのに話せない 中国語アウトプットのジレンマ2015年6月7日
「中国語のテキストはどんどん進むのに、中国人が何をいっているのか聞き取れない、あるいは上手く話すことができない。」これは主にアウトプットの問題です。

HSK-duanwenningHSK受検をお考えの方に ~概要と申し込み方法について2016年8月25日
中国語を勉強し始めると、自分の客観的な実力を知りたくなるもの。そんなとき、HSK、中検というものは、一定の指針となるとともにまた、日々の学習のモチベーションにもなる。ここでは、近年、重要度を増すHSKを始めとする、中国語の検定について、語っています。
cantonese広東語って、中国語とどこが違うの?2016年9月17日
広東語は、中国語の一種の方言ではあるが、広東省はもちろん、香港、マカオ、海外華僑など使用範囲は広く、また使用人口も一億人近くなり、とてもではないが、方言と片付けられない言葉である。広東語って、そもそもどんな言葉なのか?を語ってみる。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA