タグ別アーカイブ: 一国二制度

実は根が深い 香港と中国の確執

xianggang-huigui

清明節連休が終了しました。

清明節(旧暦の2月17日)というのは、先祖の霊を弔う日で、お墓参りにいって、お墓の清掃をしたり、あとは冥幣、紙銭と呼ばれる紙で作ったお札を焼いたりするみたいです。亡くなった人が、あの世に行ってからも、お金に困らないようにという意味らしいですが、「あの世に行っても、お金のことを考える」のは、中国人ぐらいでしょうね。

写真は、香港回帰(1997)より
続きを読む

香港デモ~政府庁舎あたり

occupy-central29

梁振英もこの通り

さて、旺角のあと、デモのことが気になって、政府庁舎まで足を運んでみることにした。
旺角から地下鉄で、とりあえず中環(セントラル)駅に移動。
セントラルは、バリケードで封鎖されているためか人影もまばら。全く車やトラムが走れなくなっていました。
しょうがないので、とりあえず政府庁舎のある金鐘(アドミラリティ)の方向に歩いていくことに・・・・



続きを読む