タグ別アーカイブ: 中国かぜ

中国かぜ・香港脚ほか ~中国の病気と薬について

mentholatum3
メンソレータム(曼秀雷敦)

広東省は長い夏が続いています。

もう慣れてしまいましたが、ちょうど日本と逆で、こちらは一年のうち半分が夏で、冬が二ヶ月くらいといった感じでしょうか。個人的には、寒いより、暑いほうがましなのですが、それでも、さすがに身体にはこたえます。

しかし、幸いというか、自分は中国へ来てから、まだ大きな病気になったことがありません。だからどうなんだという感じですが、これは非常にありがたいことです。

年を取ってくると、健康であるということが、人生の中で順位が高くなってきます。周囲の駐在員の人でも、40代後半から50代くらいになると、一見、何不自由なく過ごしているように見えても、かなり大きな持病を持っておられる人もいます。腰痛で定期的に腰にものすごい針をさすとか、脊髄の損傷で手に麻痺が残っている、あるいは重度の蓄膿でのた打ち回るなんて人もいました。

まあ、こういった重病は別としても、海外では病気はしないに越したことはありません。病院へいったってろくに言葉も通じないし、歯の治療など日本の保険がきかないということもあります。また、単なる風邪でも、結構、心細いものです。

続きを読む