タグ別アーカイブ: 中国語教材

「中国語ジャーナル」 という雑誌について

先日、旧正月前に、あまりにも暇だったので、部屋の大掃除をしていたら「中国語ジャーナル」という雑誌のバックナンバーが出てきて、思わず、手にとって、見入ってしまった。

中国語ジャーナル・・中国語学習者であれば、多分、ご存知だとは思うが、中国語学習者向けの月刊誌である。

確か2000年頃、創刊した雑誌だと思うが、奇しくも、自分が、はじめて中国語に接し始めたのも、ちょうどこの頃で、毎月、楽しみにしていたことを覚えている。自分のほうも、今よりずっと、中国や中国語というものに対して、興味を持っていた時期で、中国語の学習の一種の羅針盤のような感じだった。

しかし、その後、中国語に関心がなくなって見なくなり、中国に行ったあとも、それは同じであった。たまに日本に一時帰国した際、本屋に立ち寄った際「そういえば、中国語ジャーナル、本屋で見かけなくなったなあ?」と、思い起こすだけだったのだ。

で、気になって調べてみると、2013年春で休刊していたようである。最後は、月刊から季刊になっていたようだ。

日中関係の悪化で、中国語学習者が減ったということもあるのだろうが、それよりも昨今の紙媒体の衰退の影響が大きかったのかもいれない。まあ今日、インターネットを見れば、音声や画像入りのコンテンツがゴロゴロ転がっているし、スカイプなど双方向のコミュニケーションツールも利用できるような状況では、しょうがないのかもしれないが、残念なことではある。

しかし、この中国語ジャーナル、バックナンバーをあらためて、見てみると、結構、ユニークな雑誌だったなと思う。当時の、2001年4月号の目次は、こんな感じである。

続きを読む

中国で新聞配達を頼んでみる

newspaper (2)

中国に住んでいても、中国のローカル紙を、読んでいるという人はかなり少ないかもしれない。

かくいう自分も、最近は、ウェブサイトで少し中文サイトを参照する程度で、紙の新聞は、ごくたまに、街の売店で買うくらいであるが、ウェブとは違った面白さがある。もちろん中国語だから、日本人にとってはハードルは高いが、漢字だから何となくはわかるし、見出しを拾い読みしていくだけでも、今、中国で起こっていることが感じられて面白い。

中国語の学習がある程度、進んだ方であれば、見出しだけではなく、自分の好きな分野にしぼって記事を読んでみるのも、いいかもしれない。中国語に慣れ親しむ、きっかけにはなるだろう。あと、会社で注文すれば、中国人同僚との話題作りにもなるかもしれない。他の費用に比べれば、新聞なんて安いものである。

以下、現地の新聞の購入方法について、語ってみる。

ちなみに、日本語の紙の新聞(しんぶん)は、中国語では「报纸(バオズ)」、逆に、中国語の「新聞(シンウェン)」は、日本語のニュースという意味になる。ちょっとややこしいが、間違わないようにしたいところ。

続きを読む

中国語のテキスト選び

study-chinese-7

最近、HSK(漢語水平考試)についての問い合わせが増えた。

多分、HSKが就労ビザ取得のポイントとして加算されるということが、駐在員のモチベーション(焦り?)を引き出しているのかもしれない。

具体的には、5-6級は10点、4級は8点、3級は6点、2級は4点、1級は2点となっている。そこそこ中国語ができる人であれば、3級か4級でも取得しておけば、少しはポイントの足しになるし、当局へのアピール材料にもなるだろう。

さて、以下、自分がこれまで使ってきたテキストを中心に、中国語のテキストについてまとめてみた。主として、中国人の講師と一緒ににやる講義用テキストが中心で(つまり独学向きではない)、中国の本屋で市販されているものである。

ちなみに、以下で紹介するのは、あくまで自分がやったものであって、別にこれが絶対と思っているわけでもない。基本的には、現在、自分が使っているテキストを、しっかりやり込むのが肝心であることは言うまでもないだろう。

続きを読む

広東語って、中国語とどこが違うの?

cantonese

さて深センは、長い夏が続いています。夏は嫌いではないですが、こう長いとさすがにダレてきますね。四季のある世界が恋しいです。

自分の住んでいる深センというのは、一応、広東省に属しているので、街に出てみると、普通話(北京語)とともに、広東語もかなりの割合で聞こえてきます。

今回は、香港、広東省のローカル言語、広東語について、ざっくり語ってみたいと思います。

続きを読む