タグ別アーカイブ: 京アニ

日本一時帰国 Ⅱ 琵琶湖沿い散策&京阪ラッピングトレイン

k-on3
ラッピングトレイン

さて、広東省は、冬だと言うのに、連日、20度越えの夏日が続いてます。中国人民は半袖シャツを着ているのや、女子では短パンをはいているのまでいます。日本との温度差20度、道理で体が慣れないわけです。

逆に、日本滞在中は、寒すぎて、ふとんから抜け出すのに苦労しました。南国生活になまった身体に、日本の冬はきついです。しかし、この厳しい冬というものがあるからこそ、精神的に鍛えられる気がします。その点、南国の広東省人などは、冬らしい冬がないので、性格的にへらへらしており、軟弱な感じがします。自分は、日本に帰るときは、この寒さを思い出すため、できるだけ冬に帰るようにしてます。

以下、日本滞在中の続きです。

続きを読む

日本一時帰国2011年 ありえない出来事

keion1
いきなり、こんなのが

今回、日本に帰ってきたときに、踏み切りで電車待ちしているとき、いきなりこんなアニメ電車(写真)が、目の前を通過していったのであるが、平穏な日常風景に突如こんなもんが!という感じで、少し驚いてしまった。後で知ったのであるが「けいおん」というガールズバンドアニメにちなんだ電車らしく、近くにモデルとなった学校があるということである。

この電車は、京阪大津線といって、自分の地元を走っているローカル電車なのであるが、車体に、いつも何か地元にちなんだペインティングを施したラッピングトレインを走らせている。(日本でも全国的に車体広告というのは一般化しているのだろうか?)

ちなみに、このローカル線、年々、ペインティングが過激になっている気がしないでもない。今回も上記電車をはじめ、電飾バリバリの「紫式部」(石山寺が縁?)とか「機関車トーマス」電車を平行して走らせており、かなり大胆な試みをしている。この会社には、是非、この路線で、突っ走ってもらいたいと思う。

さて、最近、だんだんと中国生活が長くなってきたせいか、日本に帰ったときの方が、逆にカルチャーショックを受けることも多い。今回も、こんなことがあった。

続きを読む