タグ別アーカイブ: 小吃

東門町美食街 中国「小吃」の世界


中華料理や飲茶もいいが、たまには、路上で気軽に、ローカルフードを楽しむのもまた面白いかもしれない。

深セン羅湖の繁華街「東門(ドンメン)」の一角に、いわゆる「小吃(シャオチ)」ばかり集めた屋台街があるので、紹介してみたい。「小吃」とは、蒸し物とか、麺類、串といった、小腹がすいたときに食べる、ちょっとした軽食類のことを指す。

早くてお手軽、しかも、一食あたり10元程度(160円)からなので財布にも優しい。安くて美味しい(又便宜又好吃)ローカルフードである。
しかし、安いからといって図に乗って食べていると、腹を壊したり、蕁麻疹が出たりするので、ほどほどにしておくのが無難であろう。

続きを読む

中国 朝ごはんの主役メニュー

breakfast-doujiang 豆浆(豆乳)と油条

朝、中国の街頭を歩いていると、いたるところに、朝飯をうる出店がたっているのを目にするかもしれない。こういうところで中国人は、そそくさと、肉まんやお粥をテイクアウトして、職場で悠々と食べるのが一般的なようだ。

以下、中国の朝ごはんについて、少し紹介してみる。

続きを読む

香港深水埗 Ⅳ 香港サブカルチャーからAKB48まで

AKB48 (14)
大島優子 西九龍中心にて

さて、今回、深水埗で最後に目指したのが、西九龍中心(ドラゴンセンター)

コテコテの下町の中に、わざと若者のトレンドスポットを作っちゃいました風の場所のようである。

西九龍中心のホームページ

 

続きを読む

茶餐厅Ⅲ エッグタルト製法~進化する茶餐厅

sweets-eggtart (2) 
エッグタルト(蛋挞)

動画の続きです。エッグタルトの製法などです。
エッグタルト、広東省でも、どこにでも売っていて、日本のたい焼き、今川焼きよりももっと庶民に浸透しているような感じです。やはり、焼き立ての旨さは格別です。

続きを読む

北京Ⅱ 王府井と北京ダック製法

beijing-wangfujing47

王府井の写真館の前で

さて、万里の長城から、一路、北京市内へ。
今回は、二、三日しか滞在できないので、駆け足で主要なスポットを回ることにする。以前に来たとき、主要なスポットは、あらかじめ回っているので、自分的にはそれでも十分である。

ただ、初めて旅行するのであれば、北京は見所がありすぎるので、一週間くらいはほしいところだろう。

続きを読む

深圳ナイトマーケット

nightmarket0
夜店のストッキング売り

夕方8時
「ああ、今日も仕事が終わったなあ。」とぼんやりとした頭を引きづりつつ、束の間の開放感にひたる時間である。今日はどこに寄り道して帰るかななどと算段をしつつ、街の雑踏を歩く。
そんな街の雑踏の中、どこからともなく現れ、道路上に風呂敷包みを開いて、売り物を並べる人たちの群れをよく見かける。
彼らの顔は、日焼けで真っ黒で、身なりもみすぼらしい。
一目見ればそれが、出稼ぎの行商人達であることは誰が見ても分かる。

続きを読む