タグ別アーカイブ: 許昕

卓球中国オープン2018を見に行く ~深セン宝安体育館

さて、先週の香港に引き続き、今週は、深センで、卓球の試合(中国オープン)を見てきた。

中国オープンは、ITTFのワールドツアーのひとつで、今年は、たまたま深センで行われている。ちなみに、中国オープンは、プラチナという一段上の格付けになっており、日本人選手もたくさん参加している。

早速、予約サイトでチケット購入しようとしたが、中国の身分証が必要ということで断念。知り合いの中国人’に頼んで代わりに買ってもらうこともできたが、そこまでしてもらうのも何なので、「当日券が買えなければ、その時は諦めよう。」くらいの気持ちで、深セン宝安体育館まで出かけてみた。

続きを読む

日本式ペンホルダーは死んだのか?

ユスンミン(柳承敏)右 2004年アテネオリンピックにて

卓球を再び見るようになって十数年、日本がだんだん、強くなっていくのは嬉しいし、最近は、平野、張本を中心とする若手の伸びが著しく、完全に、中国対日本という図式になってきている。

しかし、一方で、何か足りない。抜け落ちているような気がしないでもない。それは何か?考えてみるに、やはり

ペンホルダー、おらんやん!」なのである。

そう、今の卓球はシェークハンド全盛で、ペンホルダーは絶滅寸前ということだ。

「いや、ペンホルダーいるだろう、例えば、許昕とか。」

まあ確かに、丸型の中国式ペンホルダーは、今も健在だ。現役では、許昕がいるし、その前は、馬琳(マーリン)や、王浩(ワンハオ)なんかがいた。
しかし、自分が言っているのは、角型の日本式ペンホルダーのことだ。日本式と中国式では、形も違うし、裏面を使うか使わないかも違うし、同じペンホルダーとはいえ、似て非なる存在だと思う。

とにかく、あの日本式ペンのラケットを使っている選手を、卓球放送で全く見かけなくなった。最近では、吉田海偉と韓国のユスンミン(柳承敏)くらいしか、記憶にない。現役で使っているのは、自分の知っている範囲では、いない。(自分が知らないだけ?)
ペンホルダー – Wikipedia

続きを読む