タグ別アーカイブ: 80后

中国人は何故、持ち家にこだわるのか? ~中国人の不動産信仰について

wiju-7

うちの会社の中国人が結婚して家を買ったらしい。

聞けば、深センの少し郊外の中古物件(二手房)で、頭金が30%、あとは20年ローンで返済していくのだそうだ。1平米2万元(35万円)くらいの物件らしいが、それでも深センでは安いそうで、都心で新築だと同じような物件でも、もっと高いのだそうだ。

今までこういうパターンを何度となくみて来たが、とにかく彼らは、持ち家にこだわるし、結婚したらすぐに購入する。しかも、不思議なのは、彼らのサラリーでは、到底手が出ないものでも買ってしまうということである。

(冒頭写真)ドラマ「蜗居」より
続きを読む

NHKクロ現 韓寒インタビュー 80后~中国の新人類

中国の世代を表す言葉のうちで、よく耳にするのが80后バーリンホウ/「后」は中国語で「後」)と呼ばれる言葉である。

80后とは、1980年代生まれの、いわゆる一人っ子政策以降に生まれた、若い世代の中国人のことで、彼らは、両親、祖父母という、いわゆる6っの財布からお金をもらえ、物質的には恵まれた生活を送っていると言われている。また、インターネットを自在に操り、情報量も多い。その反面、プライドが高く、我がままという性格的特徴もあるようだ。もちろん、どんな世代でも、色々な人間がいるので、十羽ひとからげに論じることはできないが、一定はそういう傾向もあるかもしれない。

写真は、韩寒(ハンハン)

続きを読む