春節」タグアーカイブ

春節が終了 

元宵節が終わり、長い長い春節が終了した。

今年の春節は、日本に帰るべきかまよったが、中国にいても、何もすることがなく、暇を持て余してロクでもないことをしでかしては元も子もないので、結局、普段の二倍以上する航空券を買って、日本に帰ることにした。

日本滞在中は、とりあえず会うべき人に会い、行くべきところに行った。

皆、それぞれに、よい家庭を築き上げておられたり、いろいろな方面で活躍されており、「ああ、皆、日本でがんばっているんだなあ。」と、いろいろと考える機会にもなった。

ふだん、日本社会に身をおいていないので、普通に、日本で暮らしている人の生活の一旦にふれるだけでも、よい刺激となる。

もちろん、ネットを通じて、情報としては、日本のことを知っているのであるが、やはり、いろいろなところへ顔をだすことでしか、実感できないこともあると感じた次第である。

写真は、琵琶湖畔にて一面の菜の花。早咲きの菜の花で、この時期にしか見れないのだとか。

続きを読む

中国歳時記 中国の主な祝日について

気がつけば、今年もあと3日。

とはいえ、中国の街には、年の瀬的なムードが、ほとんど無いので、全然、年末という気がしない。

日本人の方には、一応「よいお年を」と言うが、イマイチ気持ちが乗らないというのが正直なところである。

まあ、中国の正月は、旧正月なので、仕方ないといえば仕方ないが、今年の広東省は暖冬なので、余計に、年末感がないということもあるかもしれない。

ちなみに、中国は、西暦と旧暦(農暦、陰暦)を併用しており、日常生活は、西暦ベースで回ってるが、節句は旧暦で祝われる事が多い。

以下、中国の祝日について、ちょっと紹介してみよう。

続きを読む

旧正月を中国で過ごしてみる ~中国の紅白、年越し餃子など


年越し焼肉?

新年好!(新年、おめでとう!)

といっても、日本にいる人には??だろうが、本日28日は、旧正月の初日で、いわば中国の新年にあたる。ちなみに旧正月は、毎年1月末から2月末くらいで、年によって日程が変わる。今年は、1月末だから、すこし早めの正月といっていいだろう。

この時期、大半の中国人は、田舎に帰ってしまうか、家でじっとしているので、街を歩いても、人影もまばらで、閑散としている。自分も、いつもなら、日本に帰っているはずなのであるが、何故か、今年は、まだ中国にいる。昨日の大晦日は、昼間、会社に来て、パソコンの中を大掃除したりしたが、そんなことをしているのは、多分、自分くらいのものだろう。

それにしても、普段は、うるさくてかなわない中国も、この日ばかりは、さすがに、水を打ったように静かで、気味が悪いほどだ。向かいのお稽古ごとの子供の声も聞こえないし、普段はグズグズしているエレベーターも、ボタンを押せば、一瞬で来る。なにか、ゴーストビルの中に、自分ひとりでいるような感じである。

要は、中国全体が、お休みモードなわけであるが、日本の盆や正月でも、こんなに徹底して休んでしまうということは、有り得ないのではなかろうか。

続きを読む

中国人とワークライフバランス

youyu 年年有魚

旧正月(春節)が近づいてきた。

今年は、正月が早いので(1月28日が元旦)スーパーなどでも、すでに正月の飾り付けグッズで真っ赤っ赤である。

うちの中国人講師たちも、そろそろ、田舎に帰る準備を初めているようだ。帰るのは、湖南や湖北、江西といった中国南部が多いが、そのあたりだと汽車で10時間以上、中国新幹線(高鉄)でも3-4時間くらいは、かかるようだ。国土が広大な中国では、このくらいの移動は当たり前らしい。

しかし、春節中は、チケットを取るのが、かなり困難のようで、国家が規定する春節休みにドンピシャの日程だと、チケットが売り出されて、五秒後には、空席がなくなるとのことである。まさに中国語でいうところの「秒杀(ミャオシャー)」である。

その為、多くの中国人たちは、希望の日程より、少しずらして休みを取るようだ。また本人の代わりにチケットを取る代行業者もいて、その業者に頼むと、いくらかの手数料を支払わねばならないが、自分でチケットを取るより、効率は良いのだそうである。

続きを読む

日本一時帰国2008年 Ⅰ  広州から成田空港・上野界隈まで

japan2008-tokyo 
ある所にはある NTTの緑の公衆電話

今回、先日日本に帰国したときのことについて、ちょっと書いてみることにする。

今回の帰国では通常の香港経由をやめて、気まぐれで広州、成田経由にしてみた。


続きを読む

中国の旧正月(春節)について

chinese-newyear2008-36さて現在、中国は春節(中国の旧正月)に入ったところ。

中国では、日本人が正月にモチを食べるように、正月にギョウザを食べる習慣があるとのことだが、一説によれば、餃子(じゃおず)は交子(じゃおず/子供が授かる)に通じるので、縁起がよいのだとのこと。

今回は中国の正月について少し取り上げてみることにする。

続きを読む