タグ別アーカイブ: 平野美宇

卓球中国オープン2018を見に行く ~深セン宝安体育館

さて、先週の香港に引き続き、今週は、深センで、卓球の試合(中国オープン)を見てきた。

中国オープンは、ITTFのワールドツアーのひとつで、今年は、たまたま深センで行われている。ちなみに、中国オープンは、プラチナという一段上の格付けになっており、日本人選手もたくさん参加している。

早速、予約サイトでチケット購入しようとしたが、中国の身分証が必要ということで断念。知り合いの中国人’に頼んで代わりに買ってもらうこともできたが、そこまでしてもらうのも何なので、「当日券が買えなければ、その時は諦めよう。」くらいの気持ちで、深セン宝安体育館まで出かけてみた。

続きを読む

卓球香港オープンを見に行く

深センは、このところ、やたらと暑い日が続いている。

最高気温は32-33度ということだが、街中での体感温度は、もっと高く、これから、こんな天気が10月まで続くかと思うと、うんざりする。

まあ、それはともかく、先日、世界卓球が終わってから、一度、卓球の国際大会を、生で観戦できないものかと思っていたところ、香港のほうで、ちょうど「香港オープン」をやっていたので、先週の金曜日に見に行ってきた。

平日にしたのは、自分の仕事の都合上もあるが、週末は、大抵、準決勝、決勝なので、その頃になると、中国人選手ばかりになって、つまらないと思ったこともある。その点、金曜日であれば、ベスト8か16くらいで、ちょうどよいかなと思ったが、まあ、この戦略?で、間違いはなかったようだ。

続きを読む

世界卓球2017 中国の養狼計画と平野美宇

今更だが、世界卓球が終わった。

結果からすると、中国選手との差は、まだあるが、昨今の日本卓球は若手の台頭が著しく、目をみはるものがある。
今回、以下の卓球のライブ中継サイト(2017杜塞尔多夫世乒赛-直播+(www.zhibo.tv))で、試合を見ていたが、中国のネット民(網民)の間では、中国選手同士の場合を「内戦」、日本選手との試合のことを「抗日戦」といっているようで、「最近、抗日戦がかなり増えているよなあ。」というのが、彼らの偽らざる感想といってもいい。

卓球は、ここ十年以上、中国の一強状態が続いていたが、ここへ来て、男女とも、中国対日本という図式がでてきた。中国CCTVの解説を聞いていても「日本」という単語がポンポン出てくる。中国から見ても、東京オリンピックを背景に、日本勢の台頭を脅威と感じているようだ。

ただ、一方で、卓球王国中国にとって、これは望ましいところでもあるのである。

続きを読む

世界卓球2014東京 中国の壁は厚いが・・・

pingpong-ishigaki

先日、久々に卓球を見た。

終わってみれば、男女とも中国が圧倒的な強さで優勝。日本も男子が銅、女子が銀で結果はすばらしいのだが、いかんせん中国が強すぎて、その壁に阻まれたという意味では「ああまたか」的な感じは否めない。
世界卓球2014東京

他の球技ファンからすれば「なんと贅沢な!」「お前は何様やねん!」と言われるかもしれないが、卓球を見続けている人間からすると、テーマは、すでに「メダルをとること」ではなく、「いつになったら中国に勝てるのか?」ということにうつっている。それほど、中国とそれ以外のチームの差は大きすぎるのである。

続きを読む