成都Ⅲ 琴台路・杜甫草庵など 成都の歴史・教養スポット探訪

qintailu17
この反り具合がなんとも

以下、古代中国をイメージした「琴台路」、詩人、杜甫の旧居「杜甫草庵」、そして学問の府である「四川大学」と、成都にある歴史や文化を感じさせる地区をご紹介。


琴台路  古代中国にタイムスリップ

琴台路は、宝石店、料理屋等が軒を連ねる通りで、建物の一つ一つが、漢や唐の時代をイメージした古代中国スタイルで統一されているのが特徴。

qintailu2 入り口

入り口をくぐるとこのような感じで、道の両脇500メートル、このような歴史地区のようになっている。ただ、ここがお寺か何かの参道になっているというわけではないようだ。
qintailu23

qintailu6

銀行もこの通り。qintailu5

建物本体も面白いが、破風というか、店と店の間仕切りが、これまたすごい。
qintailu15
大胆かつ奇抜なデザイン、歌舞伎にでもでてきそう。ここは宝石店のようだ。

下でパンダのぬいぐるみを売っているのは、レストランかなにか?
qintailu12
qintailu11

こちらはまた、屋根瓦のそり具合が、なんともすさまじい。
qintailu17
「文君楼宾馆」
外見はすごいが、実は単なるホテル(宾馆)。門を入っていくと、中庭のようになっていて、中にトラベルオフィスがある。その時、とってきたパンフレットが以下。

chengdu-wenjun ← クリックでPDFが開きます。
双人房(ツイン)が220元なので、普通のお値段です。(2008年当時)

いろいろなお店があるが、どこも土産屋ではなく、普通の店舗。
こちら、お茶屋さん「天福銘茶」
qintailu13

「狮子楼」qintailu16

火鍋屋qintailu4

qintailu9

足浴(フットマッサージ屋)qintailu20

普通のマンションの一階にも、屋根をつけるという徹底振り。
qintailu8

qintailu3

公衆トイレもこの通りqintailu19

かなりの徹底振り。ただ、古い様式ではあるが、建物自体、案外新しい感じ。京都にあるような、本当に何百年も歴史があるようなものは無い。中国四千年の歴史とは言っても、異民族の侵略によって分断されているので、実際に古いものが残っているというわけではないのだ。

成都 琴台路周辺図

杜甫草堂

麻婆豆腐を食べた後、向かったのが、杜甫草庵
杜甫に関しては、正直のところ、昔、漢文の時間に習った「国破れて山河あり」の作者ということや、松尾芭蕉がかなり傾倒していたということくらいしか知らない。

ゴールデンウィークとあって、人がぞろぞろと歩いているので、ゆっくりと散策という雰囲気ではない。
以下、園内の様子。
toho2

チケットを買って入り口へ。入り口が何箇所かある様子。
toho5以下、園内の様子。
toho7
toho8

杜甫の像と記念撮影する市民。入れ替わり立ち代り、忙しい。
toho14
toho13

toho15

ゴールデンウィーク中とあって、やはり人出が多い。
toho16
toho17
toho18

トイレも草庵風toho19

市民文化講座
toho20

toho21

草庵の外の動画

杜甫草庵 周辺図

四川大学

成都の落ち着きというのは、やはり学生が多いことも一因としてあるだろう。

今回、市内中心にある四川大学をのぞいてみた。

さすがに、ここだけみると落ち着いたアカデミックな環境で、ヨーロッパかどこかの街の雰囲気もある。が、そこはさすがに中国。並木の横の円卓ではトランプやマージャンにいそしんでいる姿があちこちで見られる。以下、ちょっとだけ写真をアップ。
sichuan-university2

大学の前に運河が流れており、その向かいに高層マンションが。
sichuan-university1

四川大学キャンパス全図
sichuan-university3

並木道、中国とは思えないほど人が少ないsichuan-university9

手入れが行き届いた芝生sichuan-university6

一面に蓮が広がる池sichuan-university7
学問を語るもよし、愛を語るもよしsichuan-university8

グラウンドでは、学生が汗をながしsichuan-university10

道橋では、マージャンで汗を流すsichuan-university15

sichuan-university12

以下、各学部の建物。いかにも学問の府という雰囲気が漂う。
sichuan-university13
sichuan-university5
sichuan-university14

四川大学 周辺図

中国旅行 その他の記事

chengdu0成都Ⅰ 成都の繁華街「春熙路」ほか2008年5月11日
重慶から成都へ移動。重慶の雑然とした雰囲気に比べると、成都の街は何かゆったりとした女性的な感じ。物価は安いし、食べ物はおいしいし、女性は綺麗だし、日系スーパーはあるしで、住むにはもってこいという印象をうけた。
yokado0成都Ⅱ 伊勢丹・イトーヨーカドー訪問2008年5月11日
四川省成都にある、伊藤洋華堂(イトーヨーカ堂)と伊勢丹を訪問。一般庶民で活況を呈すヨーカドーに対して、あくまでも伊勢丹イズムを崩さぬ伊勢丹。日系小売り同士の熱い戦いが、四川省で繰り広げられる。
mapodoufu0成都Ⅳ 「陳麻婆豆腐」 本場の激辛・麻婆豆腐に挑戦2008年5月11日
中国四大料理の中のひとつ、四川料理。中でも麻婆豆腐は日本人にもお馴染みの一品。その麻婆豆腐発祥の地とも言われる「陳麻婆豆腐」で、本場の激辛、麻婆豆腐に挑戦してみることに。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA