湖南省Ⅱ  湖南省の田舎を行く

hunan-huoche2

長沙だけでは、一週間はもたないので、湖南省の田舎へちょっと立ち寄ってみた。

田舎といっても、風光明媚な景勝地とか穴場の観光地とか、そういった旅情をそそる場所ではない。正真正銘のごく普通の田舎町で、多分、普通の日本人は行かないような場所だ。

でもいろいろ発見はあって、それなりに面白かった。

以下、その記録。

夜行列車で一路、湖南省の田舎町へ

hunan1

今回目指したのは、長沙からは、3-4時間のところである湘潭のそばにある小さな田舎町。中国も最近は、新幹線など真新しい電車が走るようになって、徐々に旅風味が失われつつあるが、今回乗車した、この列車は、まぎれもなく汽車(火車)である。

途中で売り子が売りに来るモノも、いかにも田舎テイスト溢れるものばかり。
hunan2
hunan3

乗車時間は、長沙から3-4時間といったところであるが、自分が日本人だと分かると、いろいろ興味を持って質問してくる。多分、こんなところに普通は日本人はいないのだろう。それはいいのであるが、自分の斜め向かいに座った、中年の女性が、運悪くアムウェイ(安利)の勧誘員らしく、一生懸命に勧誘してくるので、断るので大変だった。こういうのは、本人が、自分はよい行いをしていると思い込んでいるから、余計にやっかいだ。
アムウェイもそうであるが、中国では、マルチ商法まがいの商売も結構、浸透している。地方ほど、そういうのに引っかかりやすいのかもしれない。

さて、その田舎町の駅に到着したのが、夜中の11時くらいで、あたりは、ほぼ闇である。本当に暗くて、ホームには電気らしいものが無く、駅舎の方にかろうじて明かりが見えたので、降りた客は、皆んなして、そちらの方にゾロゾロ向かう。

何かすごいところに来てしまったなと思ったが、しかし、考えてみると、電気のない時代、人間の営みと言うのは、本来そういうものであったのだから、このくらいの暗さのほうが、普通なのかもしれない。見上げると、星がやけにはっきりと見える。

社会主義時代を彷彿とさせる駅舎
hunan45

聞いたところでは、衛星から見ると、世界の中でも、日本の国土は突出して明るいのだそうだ。確かに、日本のコンビニとかの明るさは、異常である。しかし、それこそが文明なんだと言われればそれまでだが
hunan43

ただ、駅から街中に歩いていくと、街灯があって、多少は明るい。
とりあえず、安宿をとって、すぐに寝る。

湖南省の田舎町を行く

翌朝、ホテルを出て、街を歩いてみる。

hunan6

ぼんやり、田舎道にたたずんでいると、前をいろいろな車が往来するので、撮影してみる。
カメラを構えていると、珍しいのか、皆、こっちをみる。

長い鉄線を運搬するトラック
hunan8
こちらのリアカーは、全部籠が前に着いている模様。
hunan10

もう少し、歩いてみる。

地元スーパーのキャンペーン
hunan18

スーパーのチラシをそのまま拡大して壁に貼り付けた感じ。ここでは日本と同じようなスクーターが活躍中。
hunan19

モデルが微妙な広告、田舎には欠かせないアイテムhunan17

hunan24

いかにも、中国の田舎の大通りといった感じの街並み。道がむやみやたらと広く、大雑把で、色彩も乏しく、ほこりっぽい。慣れてしまえば、何てことはないのであろうが、こんなところには住めないなと感じてしまう。

hunan28

hunan30

やはりバイクが結構活躍している。確かにバイクで無いと、この広さを移動するには無理だ。hunan31

現在まさにニュータウン造成中といった感じhunan32
hunan33

中国はスローガン好きであるが、地方は特にその傾向が強かもしれない。しかし、現実は、スローガンと全く逆だったりする。
下のスローガンは「耕地を保護することは、すなわち、我々の生命を保護すること」といっているが、実際は、耕地を破壊してニュータウンを造成している。
hunan35

街中でちょっと、地元のお店に入ってみることに

地元商店街 微妙すぎるアイテムがいっぱい

ちょっと、地元の商店街をのぞいてみたが、結構、すさまじい状況になっている。

下は靴屋

陳列の仕方がどうのこうのというより、根本的に、何かが間違っているような気がしてならない。
hunan37
hunan38

こちらは子供の遊具だが、何か怖いhunan39
一応、ピカチューだとは思うが。。。hunan40

百姓大薬局 中国語で「百姓」は庶民の意味なので、間違ってはいない。
hunan41

トレンディ?なカフェを発見 しかし、アイスコーヒーを注文するも・・・

hunan49

こういった田舎町にも、いわゆるトレンディ?スポットがあるようで、ここなんかもそんな場所なのかもしれない。

一階は、いわゆるベーカリー形式のパン屋で、二階が喫茶店であるが、このように半個室状態になっている。

中はこんな感じ
hunan50

試しにアイスコーヒーを注文。

しかし、でてきたのは、ホットコーヒーと氷の受け皿。

「自分が注文したのは、アイスコーヒーであって、これではないのだが・・・・」と、一応、店員に確認してみたが、「それがアイスコーヒーです。」とのこと。オーダーの間違いではなかったようだ。

しかし、この程度の氷を入れても、単に生ぬるいコーヒーになるだけなんだが・・・・・・
hunan48
hunan4

気を取り直して、再び外へ出てみる。

田舎テイスト満点の施設が、そこかしこに

ボーリング場  田舎のヤンキーがたまり場にしてそう
hunan62

地上から階段で降りると、洞窟のようなところに店がhunan63

街のいたるところに、空き地のような場所があり、ゴミが散乱していたりする。全体的に清潔感がかけている。
hunan59

非常コーラ 後で飲んでみる。hunan64

頭真っ二つのマネキンhunan65

朽ち果て、忘れ去られた歩道橋、誰も通行しない。hunan66

忘不了(忘れがたい)というよりは、忘れてしまいたいような街だ。hunan53

半ゴーストタウン(鬼城)化しているニュータウン

完成したばかりと思われるニュータウンがあった。しかし、いかんせん人が少なすぎるし、いかにも作りましたといった感じは否めない。

これが噂のゴーストタウン(鬼城)か、と思いきや。一応、人はいるらしく、バスケットボールをする子供の声や、マージャンをする音が聞こえてくる。
hunan94
ガランとして誰も通らないメインストリート

ちょっと、中を散歩してみる。

住宅の二階以上、通りに面した部屋には、ほとんど鉄柵が付いている。
hunan56

まさに鳥かごハウス 犯罪対策もばっちりhunan58

道を通る人いないので、道が作業場に。hunan87

電柱を発見。中国の都会では、ほとんど地中に埋めるので見かけないが、田舎では結構、あるのかな?hunan89
静まり返った商店街に、マージャン洗牌する音だけが響く。
hunan90

道の真ん中に不釣合いに大きい黄金の牛
こんなものが倒れてきた日にゃ、ひとたまりもない。多分張りぼてだろうが・・・
hunan84

左右には、微妙な名前の店舗が軒を連ねる
蜘蛛王hunan82
アイダイディス??hunan83

またしても微妙な、おっさん広告。でもここは一応、紳士服大手だが。hunan79

中国コーラ「非常コーラ」を飲んでみた

さっき、広告で見かけた「非常コーラ」を、近くの コンビニで購入して、飲んでみた。
hunan92

味の方は、思ったよりはしっかりしていて、まあとりあえずはコーラでした。
というか、その気になれば、コーラなんて別に作れるということである。イランとかでも、国産コーラ、普通に作ってるし。ちなみに、このコーラを製造している娃哈哈(ワハハ)は、中国では割と有名な会社。
hunan93 英訳は何故か「Future Cola

「無座(立ち席)」で深センへ

そろそろ帰る時間が近づいてきたので駅に向かう。

しかし、ちょっと早く着きすぎたせいか、駅に行っても人がほとんどいない。
特急列車が何本も通過するのを横目でやり過ごしながら、小1時間も待っていると、ようやく、乗客がぞろぞろと大挙してやってきた。
hunan98

この駅に列車が止まるのは、一日に何回も無いのか、列車が停車する直前になって、やっと、皆、ホームにやってくるということらしい。

駅員さんがプラカードをもって、乗客を誘導
hunan97

この後、深セン行きの列車が到着するや否や、乗客達が一斉に列車に突進。入り口から入れず、窓から列車に乗り込むものもいる。「無座(立ち席)」しかないので、席取りバトルになってしまう。

ここから深セン西駅までは20時間。全く先が思いやられる。自分も以前は、そういう旅を各地でしてきたし嫌いではないが、さすがに年齢的にきつい。

長沙を過ぎたあたりで、座席に有りつくことができ、なんとか座席で居眠りする席を確保することだけはできた。
日本人がこんなところにいるのは珍しいらしく、いろいろな人と話をした。深センの日系企業で働いている女の子もいた。彼女がいうには、今の日系会社の待遇は割といいとのこと。でも、日本の男に嫁ぐのは、やはり嫌なのだそうだ。

夜行列車の中。爆睡中hunan99

中国旅行 その他の記事

changsha6湖南省Ⅰ 長沙の日系スーパー「平和堂」を訪問2007年5月7日
今回、長沙にきたら、真っ先に行こうと思っていたのが、湖南平和堂百貨店。平和堂は滋賀県を地盤とするスーパーで、ハトのマークはここでも健在。元滋賀県民の自分にとっては、必須のスポットといえる。
guilin4桂林山水甲天下 社員旅行で桂林へ2007年12月9日
当初、桂林旅行の話を聞いたとき「うちの会社が桂林旅行?なんと太っ腹な」と思ったが、その内容たるや週末を利用してのたった2日間の強行軍。中国人ツアーに混じって、往復バス(片道10時間)での移動は、結構きつかったが、よい体験となった。
macau49マカオ(澳门)Ⅰ  入境から松山市政公園まで2007年7月29日
香港とは、また一味違う魅力のあるマカオ(澳门)カジノで有名な街ですが、歩くだけでも、色々と発見の多い、しっくりとした大人の街という印象。目にするものいちいち絵になるので、思わずシャッターをきりたくなる。

 その他、関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA