中国で働く

job2
現在、日本にいて、中国で現地採用として働くことをお考えの皆さん、あるいはすでに中国で現地採用として働いていらっしゃる皆さんに、わずかではありますが、自分の経験を交えつつ、広東省や深センにおける現地採用の雇用実態についてお話してみたいと思います。あくまで個人の情報なので、自分自身の主観もかなり混じってはいるとは思いますが、ご了解ください。


海外で求められる能力とは?

海外で働く。

日本にいると、途方もないことのように思えますが、それほどたいしたことではありません。実は、自分も海外に出る前は、海外旅行にすら行ったことがありませんでした。従って、英語にしたところで、受験英語でならった知識くらいのものでした。しかし、一旦でてしまうと語学などなんとかなってしまうものです。
それよりもまず、その人物が企業側の求める経験や技能を持っているかどうかなどがポイントになります。オフィスであれば実務能力、工場の技術者であればその分野における専門技術であって、語学はその次であるといえるでしょう。要するに、日本で求められるのと同じ水準と思っていいです。

また、海外現地法人が、日本語のできる中国人ではなく、あえて日本人を雇うということは、日系企業側との窓口として、日本人特有のきめ細かな対応、信用性といった先方とのコミュニケーションのスムーズさを期待していることもあります。そういう場合、語学力よりも、日本人として当たり前のことを当たり前にできる能力が求められていると言えます。ちなみに、日本人が当たり前と思っていること、例えば、報連相(報告、連絡、相談)の習慣をはじめ、納期が迫っていたり、接待が必要な場合は、休日も出社するというようなことは、ここ中国では必ずしも当たり前とは限りません。従って、そういったことがしっかりできる人というのは、人材となりうると思います。また逆に、日本では仕事ができないのに、中国へ行ったからといって急に仕事ができるようになるということもありえないでしょう。

中国で仕事を探す ~人材会社の利用方法

job4
中国で仕事を探す場合、雑誌の求人広告や転職ホームページを利用したり、企業ホームページの採用ページから直接アクセスする等、色々方法はありますが中国での現地就職においては、まずは人材紹介会社に登録するのが一般的かと思います。
人材紹介会社は、現地日系企業に対して、常に日本人、中国人日本語人材を供給しており、現地の就職事情に通暁していると言えます。中国の大抵の都市に複数ありますので、まずは何社かにコンタクトを取ってみて、自分に合いそうな会社を探してみると良いでしょう。その際ですが、以下に注意すればよいと思います。

人材会社任せにしない

当たり前ですが、仕事は、必ず自分自身で取捨選別しましょう。人材会社が、自分に最適な仕事を選んでくれるわけではないからです。
人材会社ができることは、あくまで企業側の要求スペックが自分の学歴、職歴にあっているかどうかを形式的に判断することだけで、その仕事が自分の性格や経験に本当に合っているか、自分のライフプランにおける位置づけとして適切なものかという、実質的なところまで考えてくれるわけではありません。
人材会社もビジネスでありますから、ともすれば、個人の要望よりも、マッチング作業を重視してしまいがちです。

求人案件の情報は利用できるものは利用させてもらい、最終的に判断するのは、あくまで自分自身であることを自覚しましょう。

複数の人材会社に登録する

人材会社は、パソナやインテリジェンスといった大手から、地元のローカル系までそれぞれ会社が得意とする分野を持っていますので、とりあえず最低2-3社ほど登録するのが良いでしょう。年齢が高く、経験もあまり無い方は、さらに何社か申し込んだほうがよいでしょう。また、それぞれの会社に個性がありますので、ご自分がしっくりくる会社に絞って連絡を密にしていってもいいと思います。

滞在は、十分余裕を持って

書類選考⇒面接⇒結果という過程は、意外に長く時間がかかるものです。先方企業も別の候補者と調整をしたりする時間も必要なので、一回の滞在につき、最低でも1週間~10日は欲しいところです。滞在時間が短いので、あせって不本意な就職をせざるを得なくなるようなことだけは避けたいものです。知り合いの家に泊めてもらうか、ホテルに泊まりながら探せばいいでしょう。
中国では、200元(3500円)前後で、日本人でも泊まれそうなところはあります。また、中国はビザ無しで15日間連続滞在できるので、広東省であれば、一度、香港へ出てから中国に再度入国し直すことで、さらに15日間、中国側に滞在するといった技も使えます。(あまり繰り返しやるとまずいですが・・・・)

条件、待遇はしっかり確認

「給与は税金込みなのか、残業はあるか、中国語は使用するか、ダブルペイ)・ボーナスの有無」
といった基本的な条件についてはしっかりと確認しましょう。
しかし、あまりに条件にこだわりすぎると、なかなか自分の思うような求人案件を探せず、そのうち、現地就職への熱意自体が無くなってしまうこともあります。また、企業側からも、あまりに待遇ばかり気にする人材は、嫌われる傾向がありますので、これだけは譲れないという自分自身のこだわりの部分以外は、ある程度のところで折り合いをつける必要もあるでしょう。

ダブルペイ

広東省にはダブルペイという習慣が有ります。これは月給の1~2カ月分を、ボーナスのような形で旧正月の前に支給することを言います。ダブルベイは香港の会社での習慣が、そのまま広東省で広がったもののようですが、あくまで慣習であり、法的に支給が義務づけられているわけではないのことです。要は、春節(旧正月)に故郷に帰るために、それにあわせて支給しているかんじでしょう。ワーカーさんはこれを手に、故郷に錦を飾るというわけです。
しかし、逆にこのダブルペイをもらった直後に、現在の会社を辞めてしまうというパターンが多いようで、工場関係者は毎年、旧正月明けになると、大量に人を募集しているようです。

お役立ちサイト
○カモメ中国転職・求人 http://www.kamome.cn/

華南地区(深セン)について

job-kanan
さて、一口に中国と申しましても、場所によって就労環境も様々です。ここでは、広東省深センで就職する際の利点を取り上げてみます。

就職が比較的しやすい

現地就職する方々というのは、まず現地で語学留学をして、引き続き現地就職をする方が比較的多いようです。例えば留学先の北京、上海の大学から、必然的に北京、上海の日系企業に就職をするというような具合です。
しかし、「猫も杓子も上海へ」というような状況の昨今、非常に激しい競争にさらされる可能性があります。その点、華南地区、とりわけこの深センは、企業が多い割りに大学が少ないので、ある程度の経験、技能をお持ちの方であれば、就職はしやすいと思います。

給与水準が高い

深センの現地採用の日本人の給与相場は、上海など中国他都市に比べ高いのが実情です。求人に対し、求職者が少ないからです。(ちなみに上海地区は日本人5-10万人に対し、華南地区(香港を除く)は全部合わせても1万人程度)
具体的には、経験や語学力によりますが「営業15000元~、アシスタント12000元~、工場管理15000元~(1元=13円)」といったような感じでしょうか、マネージャークラスであれば、さらに高くなります。もちろん日本の給与水準と比較すると良いとはいえません。しかし現地の物価水準(深セン市内で日本の1/3~1/2、郊外だと1/3~1/4程度)を考えるとかなり余裕のある生活ができます。

香港に近い

深センの最大のメリットとして、香港の隣りに位置するということがあります。特に、香港との玄関口「羅湖(ローフ)」から地下鉄に乗れば、40-50分で香港中心部まで出ることができます。中国にいれば、生活習慣も大きく異なるので、どうしても気分がナーバスになってしまうこともあります。そういうときに、香港へ行けば格好の気分転換となります。華南地区に在住の日本人は、大抵、週1回あるいは月1回、香港へ行って、
息抜きをされているようです。

気候が穏やか

一年を通して、夏が多く(4月~10月)寒さに弱い方、肌が乾燥しやすい方にはお勧めです。

普通話が通じやすい

中国全土から人が集まる深センは、広東省にあるにもかかわらず、普通話が生活の主体となっております。従って、勉強した普通話を即、生活の中で生かすことができます。また、南方人が多いので、それなりの普通話でも通じてしまうので、初心者でも臆せず話すことができます。また、南国的環境のせいか、中国人でも心なしかフレンドリーな人が多いのもよいところです。

物価が安い

以前、中国に住むメリットといえば、物価の安さということがありました。
しかし、近年、中国では、インフレの進行、円安の進行によって、日本円に換算すると、「このサービスでこの値段!?」というように、モノやサービスが、かなり割高にかんじることが多くなり、以前のように、非常にチープな感じはしないです。
特に、自分の住んでいる深センは中国の中では、物価水準は中国内では最高水準でその分、モノやサービスというものが便利になってきているので、仕方ないのかもしれませんが。。。

部屋探し

job-fudosan
ローカルの不動産屋

雇用会社からの採用通知をもらったら、何はともあれ不動産探しが始まります。その会社から中国人スタッフがサポートしてくれるのが一般的と思いますが、不動産を借りる場合、一般的には、保証金、前家賃、不動産会社への手数料で、約3.5ヶ月分を支払うことになります。
〇建築面積での表示
中国では、一般的に〇㎡(平方メートル)という表示を用いますが、その表示は、建築面積を表します。従って、実際に部屋の中を測定してみたら、多くの場合、契約書で書かれている表示より少ないはずです。

ビザについて

さて、採用が決まり、いざ就労するとなると、必要となってくるのがビザ(査証)の問題です。中国現地で外国人が就労するにあたっては、「外国人就業証」「外国人居留許可」が必要となります。「外国人就業証」は労働局で、「外国人居留許可」は公安局で申請を行います。ビザ取得に関しては、就業先企業の中国人社員か代理会社が行うので、実際に日本人が立ち会う場面と言うのは、限られてきますが、深センの場合、大体、以下のような工程で、申請を行います。
 近年、就業ビザ(Zビザ)に関して、中国当局が認可をかなり審査を厳しくしているようで以前に比べると、簡単ではなくなってきたようです。日本人を現地採用で雇ったのはいいが、行政当局がなかなか認可をおろしてくれなといった声を、私の周囲でもよく聞くようになりました。かなり書類関係をきちっとして臨まないと、駄目なようです。

最後に

現在の日本の状況に不安を感じている方、何か自分の環境を変えてみたい方、中国に興味を持ち始めておられる方、まずは、中国に来て、現地を見ていただきたいと思います。海外で暮らすことは、なかなか大変なことです。しかし、実際住んでみると、もうひとつの視点を手に入れることができます。それによって、また日本や日本人、自分自身の見方が変わってくるはずです。
現地採用については、始めるのは簡単かもしれませんが、出口が見えなくなってしまう場合もあります。自分のキャリアプランを常に意識し、日本に帰ったときに、海外生活での経験をどのように生かして生きたいのか、あるいは、海外で独立したいのであれば、どのような経験が必要なのか。
もし、深センあるいは華南地区での就職にご興味がありましたら、お気軽にご連絡ください。

中国で働く その他の関連記事

visa中国で外国人就労ビザを取得する【更新手続き】 2015年9月19日
中国現地で外国人が就労する場合、「外国人就業証」「外国人居留許可」という、いわゆる外国人就労ビザの取得が必要である。大抵、会社の中国人スタッフが資料をそろえてくれるので、特に必要は無いかもしれないが、一応、参考として記してみる。
中国現地採用の憂鬱 2017年7月26日
「日本に帰るべきか?このまま中国にいるか?」現地採用などで中国で働いていると、このような悩みは尽きない。ここでは、ある動画を通じて、海外で働くにあたって、注意しておきたいポイントについて、少し語ってみる。
company-registration7中国でプチ会社経営 
中国では、いくらあれば会社ができるのか?登記はどうすればいいのか?正しい情報の見極め方は?・・・中国で、個人が会社を立ち上げるにあたって、注意しておきたいポイントなどを、個人的な経験を通じて語ってみる。

 その他、関連する記事

中国で働く」への2件のフィードバック

  1. 山崎

    現在深センへの転職を考えており、2日前に来て10日ほどの滞在をする予定なのですが、偶然こちらの記事を見かけたので、もしお会いできそうであれば、あってお話したいのですが、いかがでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA