category-travel 最近、旅行に行くことも、めっきり少なくなりました。以下、北京オリンピック前後(2008年)に出かけた、北京、重慶、成都、広州、マカオ、湖南省など、中国国内への旅行の記録です。

目次(時系列順) [catlist id=58]

中国を旅する

「広州に、なんか、アフリカっぽい場所があるらしいぞ。」

そのような噂を聞いたのは、かなり以前のことである。

「広州にアフリカ?」

ちょっと意外な感じ

中国を旅する

乞食もそうであるが、中国で道を歩いていると、道を聞かれることもしょちゅうである。
「中国人が、外国人に道を尋ねてどないするねん?」と思いつつ、一応、案内はしているが、彼らは、どうして地図 ...

中国を旅する

先日、崩御されたリークアンユー氏ですが、生前「自分の家は取り潰してくれ!」という遺言を残していたようですね。また、生前も、自分の銅像をたてたりとか、そういう動きに対しては、かなり敏感で慎重であっ ...

中国を旅する

「マーライオン」 残念すぎる観光地として有名。でも自分は割と好きです。

先日、シンガポール(新加坡)のリークワンユー(李光耀)元首相がなくなって、国葬が行われりとかで、かな

中国を旅する

自力村

10月はじめ、国慶節で一週間、お休みをもらった。
一週間も休みがあるのであるから、どこか、遠いところにでも行けばいいようなものであるが、今回ばかりは、旅行熱

中国を旅する

さて、成都方面から重慶に戻った後であるが、あとは、一泊して深センに戻るだけ。よって、適当に重慶市内をぶらついてみた。

坂の街、重慶

中国を旅する

楽山大佛

今回の旅行のもうひとつの目的は世界遺産である。実は、四川省は世界遺産の宝庫で、九塞溝、黄龍、蛾眉山、楽山大仏・・などがひしめく観光銀座である。。
四川省に

中国を旅する

 

四川省ヘ行って「ヨーカ堂と伊勢丹を見に行って来ました」というのでは、やはり少しさびいような気がするので「四川省へ旅行へ行ってきました」と胸を張って言えるように、今回、あと二つだけ ...

中国を旅する

この反り具合がなんとも

以下、古代中国をイメージした「琴台路」、詩人、杜甫の旧居「杜甫草庵」、そして学問の府である「四川大学」と、成都にある歴史や文化を感じさせる地区をご紹

中国を旅する

あの、鳩のマークはまさしく・・・

さて、ホテルでまずい朝飯を食べた後、早速出かけたのが、イトーヨーカドーと伊勢丹である。
成都一の繁華街、春熙路は、ゴールデンウィー

中国を旅する

成都一の繁華街 春熙路

重慶から成都に到着した。

重慶のなんというか雑然とした雰囲気に比べると、街は何かゆったりとした女性的な感じ。
物価は安いし、食べ

中国を旅する

さて、重慶2日目

この日は、重慶から成都に移動する予定があるので、あまり遠くへ行くことはできない。
とりあえず、午前中、市内を走っている重慶軌道交通と呼ばれるものに乗ってみる ...