日本一時帰国 Ⅰ 香港から関空到着まで

japan2015 (199)

先日、日本から帰国しました。
しかし、まだいまひとつ、頭がぼんやりとして、こちらの気候、食べ物に馴染んでいません。まだ少し時間がかかりそうです。

以下、日本滞在中の記録をまとめてみました。
そんなことをして、果たして意味があるのかわかりませんが、写真を結構、撮ったので、とりあえず自分の備忘録としてアップしておきます。

日本へはピーチ航空を利用しました。
前年、搭乗する際、関空で大混乱して「もう二度と利用しない!」と固く誓ったはずですが、その時の痛みも忘れ、またピーチ。(そのツケは今年も回ってきますが、それは後述)
というのも、この春節期間、とにかく飛行機代が高すぎるのです。今年は円安ということで、普通に全日空等を利用すると、軽く12-13万円はしますので、無理矢理、予定を1週間ずらし、さらにピーチ利用というあわせ技で大幅に安く上げました。

というわけで、まずは香港国際空港へ。

A43 香港国際空港行きバスについて

香港空港への生き方は、エアポート快線他、地下鉄やタクシー、フェリー、各種リムジンバスと、いろいろですが、自分のように中国大陸方面から行く場合、一般バスを使う方法もあります。
A43というバスは、一般のバスですが、香港空港行きになっていて、香港空港まで、ほぼノンストップかつ、格安(30.9HKD、450円程度)で結んでいます。
深セン羅湖から香港空港へ移動する場合、地下鉄は乗り継ぎが悪いので、このバスは、割といいと思います。

出発は上水広場地階

出発はMTR上水駅となりのビル上水広場という建物、地階(グランドフロア)。でも、これが意外に分かりにくい。上水駅を下車後、駅から歩道橋のような道を伝って上水広場に入り、その階(1F)から、下りエスカレーターで降りると地階(GF)バス乗り場があります。
shangshui-map

上水広場の中に入ると、一階にやたらと狭い入り口が。
japan2015 (1)
行き先別標識に「A43機場」という文字が見えます。機場はエアポートの意味です。
japan2015 (2)

人一人分の幅しかない細長いエスカレーターで下に下りていくと、巨大な地下空間が出現(でも実は地上)
japan2015 (3)バス停留所
japan2015 (4) 時刻表、1時間に3本くらいか。

しかし、難を言わせてもらうと、上水は始発駅ではないので、必ずしも席にありつけるわけではないということです。今回2回目の利用ですが、やはり立ちんぼでした。
japan2015 (5)
空港までは片道約40分。途中、青馬大橋(1337mは世界第6位)のところで一度だけ停車するだけで、後は高速道路をノンストップ。第一ターミナルと第二ターミナルに停車します。
以下動画は、青馬大橋を渡るところです。

バスは二階建てですので、1階に荷物を置き2階に座る場合は、モニターで状況を確認することができる仕掛けになってます。
japan2015 (180) 監視モニター

あと、バス利用で気になるのは、渋滞でしょうか。香港は、渋滞管理が進んでおり、滅多なことでは渋滞はないと思いますが、一応、余裕をもって空港に到着するようにするのがいいかもしれません。

香港国際空港から関空へ

japan2015 (7) 
上水駅からA43バスに乗って、40分ほどで、香港空港第2ターミナルに到着。ターミナルビルは白い波打ったようなデザインの天井が印象的。ただ平日昼ということもあって、やたら人が少ないです。

japan2015 (198) 
チェックインは、パスポート見せただけで終了。5分とかかっていない。
しかし、帰りの日本の関空側の搭乗手続きは2時間もかかってしまうことになるのだが(後述)この差は、いったい何なのか?
ちなみに日本側は、個人で端末からチェックインする方式をとっており、全くシステムが違います。

香港国際空港へのアクセス

香港空港から関空へ

japan2015 (9)客室乗務員による実演

フライト時間は3時間半。あっさり関空に到着です。
japan2015 (10)
到着後の移動は、ピーチお得意の前後方両構え、タラップからの移動。
しかし、日本の冬を甘く見ていた自分は、ここでうかつにも風邪をひいてしまいます。
到着直前の機内アナウンスで「現在の大阪の気温は、摂氏2度」と聞いたときに「ウソやろ!」と思いましたが、時すでに遅し。
タラップを下りると猛烈な風で、体感気温は氷点下。南国生活に毛の生えた軽装備では、とてもこの寒さには太刀打ちできません。(この日は特に風が強く、寒かったようですが・・・・・)

関西空港 第2ターミナル

どうして日本のトイレは綺麗なのか?

japan2015 (87)日本独自の進化を遂げたハイテクトイレ

しかし、飛行機をおり、トイレを使用したときに毎回思うのが
どうして日本のトイレは、あーも綺麗なのか?」ということです。

特に空港のトイレは、清潔で匂いがなく、おまけに静か。例えばここで、弁当を食べても問題ないというくらいのレベルです。掃除人が、しょっ中、掃除しているようにも見えないし、不思議でしょうがありません。
というか、逆に、どうして中国のトイレは、専用の掃除人がいるにもかかわらず、あんなに汚れているのか?も不思議ですが。

第2ターミナルビル

関空第2ターミナルはLCC専用のようで、綺麗なことはきれいだし、コンビニや土産屋、カフェ等、ある程度のことは、ここで済ますことができるようになっています。ただ、プレハブのような天井が、いかにも簡易的な印象。
japan2015 (12) 
パソコンでインターネットできる(10分100円)ということですが、こんなものに、お金を取ると言う発想が、そもそも変な国だなと思います。この装置を見ると、旅館のTVを思い出すのですが・・・・
japan2015 (11) 

ターミナル間の移動はシャトルバスで

japan2015 (14) 
ターミナル1への移動は、シャトルバス(無料)に5-10分程度、乗らなければならず、少し面倒です。また、ターミナル1側の到着地点であるエアロプラザという場所が、これまた分かりにくい。日本人である自分がわかりにくいのであるから、外国人にとっては、もっと分かりににくいはずです。ターミナル1に直接、停留所を設けることができないのであれば、案内を増やすなど、してもらいたいところです。

関西空港第2ターミナルビル 周辺マップ

入国はしたものの

というわけで、とりあえず入国はできました。

いつもは、これで関空特急「はるか」に乗って、さっさと帰るところですが、気まぐれで、難波まで南海の急行に乗ってみることにしましたが、これが裏目に出ました。
南海の急行ですが、やたら停車駅多く、その度に、戸口から2度の冷気が入ってきます。後悔ですが、とき既に遅しで、すっかり風邪モードです。
japan2015 (15) 南海なんば駅

なんばで降りてから、小腹が好いていたので、ファミリーマートでハムカツサンドを購入して食べました。実はここ数年、日本に入国してから、ハムカツサンドを買って食うことが年中行事化してます。
japan2015 (17)
何故、ハムカツサンドなのか?ということですが、最初はキオスクに売っているものから適当に選んで食べていたところ、自然にそうなってしまったんですが、これが意外にもいい。あのソース味のサンドイッチが中国にはなく、あれを食べると「ああ、日本に帰ってきたなあ」という気がするんです。

現在、日本のコンビニサンドイッチも進化をし続けているようで「シャリシャリレタスサンド」だの「スモーク何チャラサンド」だの、今風のサンドイッチもありますが、こういった昔ながらのものも置いておいてもらいたいところです。今回、ファミリーマート以外、キオスク他にもハムカツが置いてないみたいでした。

やはり物価上昇している?

で、ハムカツをレジにもっていったところ、「220円です。」といわれ
「え、棚の表示と違うやん」と思いつつ見ると、ちゃんと、内税として16円が計上されていました。

消費税8%初体験です。

しかし、以前であれば、このくらいの値段で、間にタマゴサンドが挟まっていたはずなんだがなーと思いつつ。もしやと思い、カップヌードル(カレー味)の並もあわせて買いましたが、180円超でした。

やはり、物価上がってる?

自分の記憶の中では、自分が日本にいた当時(2005年まで)のことを思い出すと、カップヌードル並はコンビニで買うと130-140円、スーパーだと110-120円という感じだったので、高いなあという気がしました。しかも、容器が上げ底になって、分量も少なくなっているし。
アベノミクスの影響かどうかはわかりませんが、今回、日本へ帰国して感じたのは、日本の物価も、しらない間に、ジワリとあがっているんだなあという印象です。
常にインフレで何もかもが上がる中国であればともかく、日本のよなデフレが常態化しているところで、物価だけがじわりと上がるのは、意外に苦しいのではないかと感じました。
(それでも、中国と比べれば、リーズナブルではありますが)

帰路、JR駅周辺

JR大阪駅のホーム。この整列ぶり。中国人に見せてやりたい。
japan2015 (19) 

女性専用車両も健在ですって、男性も乗ってますが、時間帯によるのかな。
japan2015 (16) 
ゴミ箱も可視化。
japan2015 (119) 
今、話題の北陸新幹線ですが、関西はあまり関係がないような。
japan2015 (18) 

翌日 知り合いの家にお邪魔

翌日、大学時代からの知り合い宅に、お邪魔しにいきました。今回は泊まりです。この家には、1-2年に1回くらいの頻度で、お邪魔をしに行ってます。風邪気味だったので、モツかなと思ったのですが、まあ何とかなってしまうものです。
まずは駅前の焼き鳥屋へ。ここのお子さん(男児、6歳)ですが、まさに今、食べ盛りのようで、出てくるものは何でもどんどん食べます。
japan2015 (20)

また、車関係は、古今東西問わず興味があるようで、JR、新幹線、自動車、トラック、チョロQ、消防車、宅急便と、どんな車に対しても一つ一つ、車のウンチクを説明してくれます。
時々「どこで、そんな言葉を!」というような大人もしらない言葉もとびだします。ふだん非常に本が好きで、いろいろな言葉を仕入れては、周囲を驚かせているようです。将来が楽しみなお子さんです。
japan2015 (21)

朝食は、駅前のパン屋さんで買ったパンを食べる。
japan2015 (22)
それにしても、最近の日本のベーカリーの発達度はすごいです。
中国も、ベーカリーはあることはありますが、おいしいなと思うパンはありません。その割りに値段が高いです。コーヒー、パン、ケーキ、ドーナツ、このあたりは、まだまだです。

昼食は、夫婦の友人も交えて、自然食っぽいレストランでランチ。玄米の混じった米とか、大豆のハンバーグとかヘルシー感満点です。でも、お子さんは、来て早々に寝ちゃいました。
japan2015 (23)
こういった自然食系は、多分、自分だけで生活していたら、絶対行きそうも無い場所ですね。やはり、他の人といると、自分では思いつきそうもない場所にいけるのがいいです。
それにしても、このご夫婦は、毎年、着々と何かを築き上げてますね。それに比較して、自分ときたら、何を築き上げているのか・・・・

日本一時帰国 Ⅱへ続く